FC2ブログ









あそび 

楽しいこと、気になること、
他愛のない空想なんかを、
頭の中に、いつもおいておこうね。

あなたが、あたしが、
完全には、ペースを乱されないように。
あなたが、あたしが、
自分自身を、
いつでも監視下に置いておけるように。

ポイントはね、あそびだと思うの。
あそびがあれば、だいじょうぶだと思うの。

[2019/07/05 20:15] 感覚的な徒然 | TB(0) | CM(0)

窓ガラスの水滴1 

今日、雨が降っていて、
窓についた、水滴がきらきらしてて、
頭のなかを、
きらきらしたものでいっぱいにしたくなったから、
水滴をじーっと観察した。




あたし、今日まで、水滴の中に見る世界が、
さかさまなんだってことも、
ぐにゃっとしてるんだってことも知らなかったよ。
水滴の、上の方から下の方に鉄塔が生えて、
下の方に、ぼんやり明るい空があったよ。

水滴の中に見る世界は、
水滴の物理的な小ささから考えると、とても大きくて、
でも、あたしが窓から眺める全てよりは小さくて、
あたしが水滴を覗き込む角度を変えると、
それに対応して見えるものも変わるし、
形そのものも変わるんだね。




水滴の中には、窓の外の世界があったけど、
ほんの少し、窓の中の、こっち側の世界も混ざっていたよ。
何かが、はっきりした形が見えた訳じゃないんだけど、
照明が映り込んでいたから、解ったよ。

水滴もそうだし、そういえば窓ガラスそのものもかなあ?
より明るい景色を拾うようになっているのかな?
水滴の中の照明に気付けたのは、照明が外より明るくて、
それ以外はよく見えなかったのは、それ以外の部分は、
窓の外より暗かったからかなあ?

明るさが、
照明>窓の外の世界>あたしのいるところ
だったから、水滴の中に見える世界も、
照明>窓の外の世界>あたしのいるところ
になるのかな。
明るさが逆転すれば、水滴の中に見る世界での、
存在感みたいなものは逆転するんだよね。
でもそこは、水滴の無い、ただの窓と全く同じだね。

、、、あれ?
もしかしたら、この特徴は、水滴関係ないのかなあ?
水滴のついている、『窓ガラス』の特徴?

ちょっとわからなくなってきたから、
次に同じようなことをしたくなったときは、
窓ガラス挟まないで試してみよう。
窓ガラス挟まないでって、どうしたらできるかな。
ちょっと考えてみよう。




題名に1をつけたのは、
一番いっぱい考えたのは別のことで、
そのことだけについて、1記事書きたいから。

あたしは、『ぐんにゃり』について考えたし、
書きたいと思ったの。



[2019/07/04 18:18] 日常的な徒然 | TB(0) | CM(0)

へんなの。 

眠れる、と思ったんだ。

それなのに、突然、哀しい、ってなった。
いまなってる。

ねー、なに?

久しぶりだなあ、最近落ち着いてたのに、少しだけ。
哀しい、が来る前に、寝落ちできていたというか。



お久しぶり。
『哀しい』さん。
何のご用かなあ。

全部だいじょうぶだよ。
何が不安なの?
何が哀しいの?

全部だいじょうぶなんだよ。
だいじょうぶ。

だいじょうぶだから、
黙って欲しい。
ねぇ、黙っててよ。
[2019/07/04 00:14] 感覚的な徒然 | TB(0) | CM(0)

食べないでいてみた。 

胃腸の調子がおかしかったり、
睡眠がおかしかったりするのに効きそうだったから、
今日1日断食してみたら、
今すでに眠い、すごい。

月曜断食ってやつ、やってみようかなあ。
[2019/07/03 22:05] 日常 | TB(0) | CM(0)

メイク道具忘れた 

一昨日お出かけのために、
お化粧ポーチを、いつもと別のかばんに移し、
昨日1日すっぴんで過ごし、
今日もうすぐバイト先に着きます。

はい、お化粧ポーチ忘れました、、、

一応、前に忘れた時に買ったお化粧道具、
職場にも1セット用意してあるけど、
最近、いろいろ楽しんでお化粧してただけに、
いつものがないのは淋しいなあ。

いっそ今日1日お化粧しないで過ごして、
周りがどういう反応するか、
観察してみるのも面白いかなあ。
[2019/07/02 06:52] 日常 | TB(0) | CM(0)

姓名診断をやってみた。 

旧姓。







いまの。







短所ばっかり心当たりが深くて、
なんだかちょっと凹んでしまう。

あと、名前変わったなら、
もっといろいろ運勢変わるのかと思ったけど、
そんなに変わらないなあ。

憧れ 

周りの当たりがきつくても、
朗らかでいられるひとに、憧れる。
まっすぐちゃんと、
その人のままでいられるひとに、憧れる。

強くて、素敵だな、と思う。
そして、『強くて、素敵だな。』って思う自分も好き。



どうか、この気持ちが、
嫌な形に変化しませんように。

嫉妬みたいな、
嫌な感じになりませんように。

当たりのきつい周りのひとたちに、
あたしは同化しませんように。

願わくは、あたしも、
『強くて、素敵』なひとに、
なれますように。

意識を向ける方向 

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

[2019/06/30 23:44] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | コメント(-)

全部世界? 

寝過ぎちゃったせいかなあ、頭が痛くて。
なんにもしたくなかったのに、
洗い物しなくちゃいけなくて、洗い物してたら、
頭痛いの落ち着いてきました。

雨、降ってるね。
梅雨だもんね、仕方ないね。
梅雨が憂鬱だなって思うときは、
『水不足になったら困るからね、仕方ないよね。』
って考えてる。

あたしにとって憂鬱なものが、
それでも世界を支えてる。
社会を、人間を、支えてる。

あたしが憂鬱なのも、蝸牛や蛞蝓が大喜び(多分)なのも、
洗濯物が乾きにくいのも、お米が美味しく育つのも、
全部世界そのものなんだよね。

あたしが苦手だったり、怖かったりする、
あれやこれやも、そうなのかなあ。

どうなのかな?

遊んじゃうこと 

こっそり遊んじゃうこと。

柱を守るための、
低い防御壁みたいなやつに上って平均台にしてみる。

車輪のついた椅子で、
8の字を描いてくるくる回ってみる。

手に届きそうでとどかない、
吊り下げ看板みたいなやつに、
ジャンプして触れてみる。

裏返しで上下逆になったチラシを、そのままの形で、
なんとか解読する。

とかついやっちゃって、
周りの目は当たり前に多分冷たいんだけど、
でもあたしは、恥ずかしいよりも楽しくて、
楽しいことの方が大切で、

平均台遊びでは、その上を駆け抜けたり、片足立ちとか、
できるようになりたいし、

車輪のついた椅子では、
もっと軽やかに、滑らかに綺麗に回りたいし、
前後の切り替えとか、緩急とか思いのままにできたら、
なんだか楽しいだろうなと思う。

周りからは変に見えるだろうなって気持ちは、多分あるけど、
少し哀しい気持ちで、
もうどうでもいいかなって考える。




『皆一緒が大好き』なひととは、
どうせ、仲良くできないもの。
どうせ、どうしたって浮いちゃうもの。
どうせ。

どうせ、あたしの周りには、
それでも仲良くしてくれる人しか、
もう残っていないもの。

だからもうあたし、
何も失ったりしないもの。
もうすでに、
どうしようもなく恥ずかしい人だもの。

頑張ったって、
無理に誰かに好かれたりなんてできないなら、
馴染む、なんてできないなら、
あたし、勝手にひとりで、
楽しんでる方がマシなんじゃないかって、思う。