日々更新される黒歴史



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
アクセス解析
いまみてるひと
現在の閲覧者数:
格納庫

ブログのおるすばん
プロフィール

羽天菜

Author:羽天菜
羽天菜さんち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


考え事メモ
タグリスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

夕焼け

   

郵便局のバイトが
昨日 取り敢えず終了して
今日 来週のバイトを決めて
バイトの面接帰り
駅のホームで

ビルの谷間に
夕焼けを見ました
綺麗な色でした





面接に行く途中
人身事故で
一度電車が止まりました

人身事故の起きた駅を
電車で通り過ぎざまに

作業員が十人くらいで
青いビニールシートに
包まれた
大きな荷物を
運んでいくのを見ました



電車の中で
スーツをきたおじさんが
これから向かう先の
誰かなんでしょう

携帯電話で
待ち合わせに
遅れてしまう旨を
真剣に謝っていました



素敵にお洒落した
綺麗なお姉さんが

まだ電車に居るの
いつ電車が動くか解らないの

電話先の誰かに
困ったように言いました



うまく言えないけど
あたしは 自分が
何を想ったらいいのか
解りませんでした

きっと
死にたかったであろう
その誰かにとって
実際に亡くなった事実は
どんなもの
だったのでしょうか

ビニールシートの中の
ついさっきまで
人間だったものは
一体何なんでしょうか

命が無くても
人間なんでしょうか





夕焼けが
とっても 綺麗でした

今は もう
コレを書いている間に
すっかり日が暮れて

真っ暗になって
しまいました


+++++

そして
八王子に帰るはずだったのに
乗り換えを逃して
何故か 稲城に来ちゃった

さっさむいよ

電車内での書き物は
危険だ

+++++

一応

記事
不謹慎だったら
ごめんなさい

+++++

(頂いたコメントを読んで
 また少し考えて 追記)

よくもわるくも
それぞれ勝手だと
感じます

電車内の他のお客さんも
なくなった人もです

亡くなった人を責める
他の客だけが
勝手じゃない

他の客に迷惑をかけた
亡くなった人だけが
勝手じゃない

電車を止めると
知っているのに
飛び込んだ人も

自分が遅れるからと
亡くなった人を
責める誰かも

あたし自身も

みんなそれぞれ
自分勝手で
自己中だと思います



それぞれ事情はあって
それぞれ自分の事情優先で
よくもわるくも
それだけのこと

それだけのことよ




逆に 亡くなった誰かを
想うよりも 本人にとって
重要な何かを
電車で向かう先の何かに
向けている人もいる

それは 何か
本人の人生を左右するような
大きな試験や
仕事かもしれないし

困ってる自分の友人や家族を
救うための何かかもしれない

本人にとって
通りすがりの
亡くなった人よりも
自分の事情が大切で

それ故に
亡くなった人に
心を砕けなかったから
といって
その人が冷たいことには
ならないと あたしは思う





だからこそ
ただ
それぞれなだけなのだと
あたしは 思って

あたしは自分が
どう感じていいのか
よくわからないのだ




そしてさらに
亡くなった人にとっては
やっぱり
自分が死ななければ
ならないほどの
何かがあって

追いつめられて
苦しんだあげく
電車に飛び込む

そして それを
迷惑だと呼ばれて
冷たい目を向けられる

亡くなってまで
迷惑だと





それはそれで
どうしようもなく
重いと思う



[mixiコメントより]
りゅか2010年01月07日 18:13
わたし
言葉にできない何かが
すとんと心に落ちて
だんだん重たくなった気がした

誰にとっても
目の当たりにしたものは真実で、目の前の事象で
けれど慌ただしい日本という国の、こと首都にあたっては
特に何かが置き去りにされて
おざなりにされている気がするよ。
わたしは銀座に住んで、痛いくらい感じた


とりあえず。今日も一日、お疲れさまでした。

ゆいゆい2010年01月07日 21:13
記事、不謹慎だとは思わなかったな。

内容が重くて、うまく言葉にできないけれど。

人の命の重さが・・・、どこまで重いのか分からなくなった。

ひな2010年01月08日 01:48
私もそういう時、気持ちの置き場に困るよ

なんていうか 目の前で起こってるできごとと
自分の思考能力が離れてる感じ・・・かな?うまく言えないけど・・・

そして無事に帰れたのかな・・・お疲れ様(>_<)

ちぃたん2010年01月08日 13:36
なんていうか・・・・
最近人身事故が多いみたいで、その時に「うわーまただ、困った」とか
「最悪」とか言ってる(書いてる)人を見るとなんて言ったらいいのか分からなくなる
人の命ってこんなもんなのかなと。

さみしいなぁ
関連記事
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://hatetete.blog.fc2.com/tb.php/91-a8018ade
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。