FC2ブログ









昨晩のあたし 

昨日・昨晩
あたしは酷く混乱していた 。
涙も嗚咽も 此れでもかというほどに溢れ
収まる所を知らなかった 。















喉が痛い
せいでもあるようで
太陽が 輝いているのに
どこへも出かけられない 
せいでもあるようで
何やら 精神状態の
ただの波でもあるようで
どれでもない様で 。

どうしたの と聞かれるたび
其れらしい 理由を 其れらしく語ってみれば
確かに そうであるようにも思われ
同時に そうではないようにも思われ
解らないという事自体が
あたしの混乱を 深めていく 。
『あたしの 最大の理解者は
 あたし自身であろうと 決めたのに
 何故 あたし自身に わからないのだ』
と 。

混乱と 
混乱への洞察が 
うまくいかないことによる
更なる混乱と
そのループに対して 
不毛だと感じる事による
フラストレーションが
轟轟と 内部で厚みを増していく 。

嗚呼 対処できない
泣きじゃくる以外に どうしろと
湧き出す言葉は 支離滅裂
理性的に聞く 何処かのあたしが
何かを 諦める 。

薬等を 想ったのは
其れが簡単で お手軽だからだ
混乱の理由を 必死で突き止めなくとも
混乱自体を あっさりと 沈静してくれる 。
其れでも
簡単に 対処できる事への 代償は
確かに 未来に 響いていく 。
あたしの 身体に 痕跡を残す 。
其の 響きに 痕跡に
未来の何時か 対処せざるを得なくなる事を
億劫に感じる あたしは
結局 『そうしないこと』を選択するしかないのだ 。

・・・結局
健康的な反応を確かに残した
あたしの身体は
荒波に疲れ果て
眠りに落ちていく 訳だけれども 。


[mixiコメントより]
てるもす姫2007年05月01日 00:03
自分を知る時って結局、他に触れたときの違和感や共感からだから、ひとりで考えてだす答えには限界があるよね。
だからこそ、仲良しさんと話したりしてほしいことばやひつような言葉をいただいて、自分で取捨しながら自分と他との境界線を見いだしたり、整理して望む自分像をみつけていけたり。

他は自分を侵食するように思えるときもあれば、それが実は自分をカタチづくる何かを発見するプラスだったり、いいことと悪いことはいつも一緒で隣あわせ。

ダメだと感じる自分のお陰で謙虚になりたり人の痛みを知るともいえ、自信持てるコトこそ何時の間にか誰かに劣等感を与えてしまったり。

羽天菜ちゃんがときどき溢れてしまう感情は、誰かと面と向かって衝突しないために内にこめたものの反動かも知れないと、アナタを知らないなりにアナタに誰かへの優しさや思いやりを感じたりしています。
まあ、私の憶測も、羽天菜ちゃんの支えになりたいと感じて書いたつもりのコトが、もしかしたら、解られたくないとか全然いいたいことや感じてることも違って、邪魔になったりするのかもで、言葉って難しいと感じるのだけれど。

私もよく自分の気持ちの整理に困るけれど、誰も頼れないときはテレビや読書で自分でアンテナを張るよ。自分のほしい言葉が、もしくは必要であると感じる言葉が、誰かの作った世界から私にしみ込むから。

人はどんなに悲しいときや孤独な気持ちのときも、実はひとりじゃないなって、近年よく感じていますp(^^)q
関連記事
スポンサーサイト




[2007/04/30 19:41] 日常的な徒然 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatetete.blog.fc2.com/tb.php/597-fd5ec6d9