FC2ブログ









世界 

狡いね

あの人が
綺麗な現実を
語れるのは
あの人が
そんな世界に
事実生きていたから

可哀相にね

あの子が
首を
縦に振らないのは
あの子は
あの人が生きたような
世界には
生まれなかったから

解り合えないのは
当然のこと
自分サイドに
相手を呼び寄せようと
する度
尚更に刻まれる
それぞれの傷

消毒薬は
傷口を
容赦無く
腐らせ

あの子の
痛みは
加速するばかり

そんなあの子の
姿を眺め あの人は

かたくなな
あの子と
無力な
自分を
嘆くのだろうか

それはただ
生きた世界が違った
それだけなのに









【久々に
黒の詩コミュで
綴ったもの】
関連記事
スポンサーサイト




[2007/05/27 02:39] 日常的な徒然 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatetete.blog.fc2.com/tb.php/563-364f250e