映し合う 

世界は生きていて

あたしが世界に冷たくすれば
世界もあたしに冷たくするし

あたしが世界に優しくすれば
世界もあたしに優しくしてくれる

かもしれない。



でも 結構世界って意地悪で
あたしが世界に何もしなくても
突然攻撃を仕掛けてきたりするから

そして その時あたしは大抵無防備で
突然の攻撃に驚いて傷ついて
反撃や拒絶に没頭してしまうから

そんなとき 自分から
世界に優しくすることは
難しい



防衛反射が暴走して
頭と心臓が熱くなって 四肢が強ばって
喉の奥に何か詰まったみたいになって
呼吸が速く 苦しくなって

自分を守らなくちゃ 守らなくちゃ
そうしなくちゃ
なぶり殺されるような気がするんだ

呆気なくそうされるくらい
あたしには価値がないし
ちっぽけで弱々しいと感じるんだ



だけど そうして
世界に対して 反撃 拒絶を
繰り返していたら

いつまでも あたしは
そのあたしの言動を更に映し返す世界に
攻撃され 迫害され 排他され続けるの

世界は生きているから
世界には 感情があるから

あたしと同じように
世界も 防衛本能を持っているから
関連記事
スポンサーサイト

[2016/06/14 07:13] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する