日々更新される黒歴史



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
アクセス解析
いまみてるひと
現在の閲覧者数:
格納庫

ブログのおるすばん
プロフィール

羽天菜

Author:羽天菜
羽天菜さんち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


考え事メモ
タグリスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

冗談と失敗

   
最近あった、
あたしにとっては難しかったこと。
きっとあたしが、
馬鹿なんだろうこと。



まずひとつ、前提として、
あたしのバイト先で、事件があった。
詳しくは言わないけど、
先々週かその前くらいかしら?
バイト先の建物の中の、
一部が壊された。

もちろん、明確な犯罪として、
周りに周知された。

未だに犯人は見つかっていない。



『あたしにとっての事件』は、
そのあと起きた。

先週の話。

偶然、その建物の壊された部分の
近くに居たときに、
割と仲良くしている職員さんに会った。

そして、
『ここ、●●さんがやったの?』
と、唐突に聞かれた。

あたしは、動揺し過ぎて、
頭の中がフリーズしたのだけど、
ぼんやりしたまま、
『いいえ、やっていません......』
と答えた。



その日のバイトを終え、
アパートに帰宅するまで、
あたしはそれを聞かれたことに関して、
一切考えなかった。

退勤の電車の中で友達にメールをして、
アパートに着いて、洗濯機を回した。
洗濯物が溜まっていたので、二回回した。

その、二回目の洗濯物を回し終わり、
干している途中、、、

突然、あたしはバイト先で、
あの場所で、職員さんに、
あれを壊したのがあたしだと、
疑われたのだと認識した。

そして、そのことが、
世界が壊れてしまうくらい、
悲しいことだとあたしは感じた。



何故疑われてしまったのだろう。
あたしが何をしたというのだろう。
あたしの人間性の問題なんだろうか?

それとも、
あたしが小さい女だから、
味方が少なそうだから、
徒に疑っても構わないと
思ったのだろうか?



苦しくて、
居ても立ってもいられなくなって、
あたしは昨年バイト先を移動してから初めて、
バイト先に電話をした。

壊された場所での、
職員さんとのやり取りを話し、
こういうことがあったけど、
あたしはやっていないと、
懸命に伝えた。

そして、泣きながら、
そもそもその事件が解った日と、
その前日と前々日は、
あたしはおやすみだったと伝えた。



苦しさと、社会に対する不信感が
収まらなくて、
お世話になっているバイト仲間のひとりにも
連絡を入れた。

大丈夫だと言われたけど、
大丈夫な気が全くしなくて、
不安で堪らなかった。

世界中が敵みたいに強くて、
恐ろしくて、
到底あたしには
自分を守る力はないのだと感じていた。

その夜はとても苦しくて、
うまく説明できないけれど、
『助けて』と思っていた。
誰かに話したくて、
でも、誰になら話していいかわからなくて、
結局やめた。

あたしの混乱を相手は理解しないだろう、
相手はあたしのように疑われたりはきっとしないだろう、
相手の生活の邪魔をして、
嫌われてしまうことになったら、
あまりにも悲しい、
そういうことを考えてやめた。



次の日、あたしはいつものように、
バイトに行った。

悲しくて堪らないってことは、
バイトから逃げる理由には
ならないから。

具合は悪かった。
腹痛もあったし、吐き気もした。

時々、人目に付かない場所で、
座り込んだりしながら、
バイトの作業はした。

電話の後に連絡を入れたバイト仲間が、
とても気にかけてくれた。
ありがたかったけど、
あたしは自分を立て直すことが出来なかった。



午前中のバイトを終え、
お昼休憩のとき、食堂で、
その質問をした職員さんに会った。

あたしは、そのままにしておくことが苦しかったので、
本人に確認することにした。

『あたしは昨日、あそこで、
何故、疑われてしまったのでしょう?』

その職員さんは、少し黙って、
そして、言った。

『疑ってないよ?冗談だよ?』

......あたしは、無言で、その場で泣いた。

職員さんは、続けて言った。

『疑ってないから、言えるんだよ。
本当に怖い人には、言うはずがない。』



疑われて、いなかったみたいだよ。
冗談だったみたいだよ。
その職員さんにとっては、
そういうことが言えるくらい、逆にあたしに、
安心感みたいなものがあったのかなあ?

でも、あたしにはわからなくて、
大層激しく(無言だけど)泣いてしまって、
全部ぶっ壊してしまったよ。

失敗しちゃった。。

電話の後に連絡したバイト仲間さんは、
何度も大丈夫だよ、
冗談だよって言ってくれたのに、
あたしは、
『質問されるということは、疑われているということだ』
という認識から離れることができなかったよ。



いろんなものを、壊してしまった。
育ちかけていた、関係性みたいなものを。

きっとあたしの頭が悪いのがいけないのだろうな。
悲しくて苦しい、あたしにとっての大事件だったよ。

最近、ちまちま悩んでいる、
あたしの『失敗』は、このことだよ。



『冗談』が、わからなかったよ。

そういうこと(冗談とか)、普通に扱える普通のひとだと、
思われていたかったのに、もう無理になっちゃった。

きっと、距離をおかれてしまった。
『めんどくさいひと』になってしまった。

少し上手に、いろんなことが、
できているような気がしてきていた矢先だったのに、
失敗してしまった。

難しいなあ。

距離をおかれたくはないのに、
うまくいかない。
関連記事
スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。