FC2ブログ













早朝にだらだら考えるあれこれ。 

全ての人に好かれることはできない。
そして、全ての人に嫌われることもない。

あたしが、故意で、嫌なことをしたり、
関わった事がなくても、
それでも、あたしを嫌いな人は生まれるし、
好いてくれる人も生まれる。

其れは、罪ではない。
あたしと相手、どちらの罪でもない。



殆ど知らない人に、陰口叩かれたり、
笑い者にされたりすることが、
(勿論故無きこととは言い切れないけれど)
あたしには、たまにある。

でも、あたしだって、
全く話した事のない相手を、
『人の悪口ばかり言っていて安心感がない』とか、
『雰囲気がピリピリしていて怖い』とか、
そういう詰まらない理由で、避けたりする。

(そうして多分、あたしがそうして避けることが、
『悪口ばかりいう人があたしの悪口を言うこと』を加速させるし、
ピリピリしている人を、よりピリピリさせる)



考えてみたら、お互い様なのかな、と思ったん。



不快だな、苦手だな、と感じた時の、
個々の人間の、
不快感情の表出方法と、
『何を苦手だと感じるか』が
違うだけなのかなあ。

まあ、嘘のない感情が、
解りやすく表出されている状態は、
悪いことばかりではない、とも言える。

彼らは彼らの方法を。
あたしはあたしの方法を。
関連記事
スポンサーサイト

[2015/09/27 06:09] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する