顔色窺い。 

怒ってるのかな 怒ってるのかな。
そんな風に 相手の顔色を 窺ってしまうとき。

相手の顔色なんか 窺う前から
あたしはきっと 怯えていたよ。



そりゃあ あたしが窺うまでもないくらい
相手が 笑顔でいたならば
あたしが 怯えていようが そうでなかろうが
安心できてしまうけれど。

でも そうではない
不機嫌でも 上機嫌でもないレベルの
割と平均的な表情だった場合。

窺った相手の 表情の中に見る 微かな陰りは
あたしの怯えを 映しただけの
幻なのかも ね。
関連記事
スポンサーサイト

[2014/10/17 02:25] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する