日々更新される黒歴史



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
アクセス解析
いまみてるひと
現在の閲覧者数:
格納庫

ブログのおるすばん
プロフィール

羽天菜

Author:羽天菜
羽天菜さんち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


考え事メモ
タグリスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数


続 昨日考えていたこと。

   
バイト先で 今までなんとなく一緒の時に
なんとなく話すっていう感じだったのが
わざわざ 話しかけに来てくれるようになったり
緊張せずに 関われるようになってきたりすることが
結構うれしい。

っていうことと

いつまで仲良くできるかなってこととか
仲良くなればなるほど なんかきっと
後できつくなる部分が出てくるよなあ
って考えることが 結構怖い。

っていうことに

一人で勝手に 板挟みになってるみたいな
錯覚の中で にょろにょろしてる。



にょろにょろ。



でも もしかしたら
昨日考えていたこと。
に 書いていたみたいなことを ちょっと参考にして
人に対する捉え方とかを
少し 周りの人寄りに 切り替えられたら

割と うまくやれたりするかもしれない。
うまくできなくても うまくできないことに
さっさと見切りをつけるというか
そうであることを 重すぎない気持ちで
受け止められるかもしれない。

みたいな期待を
持ち始めてみることにした。

別に

自分の意志とは関係なく
●●さんが嫌いっていってたから ってだけで
いじめに走ることができるのも

逆に 凄く嫌いだって言ってる相手にも
その相手の前では そうではない態度を
簡単に取れるっていうことも

思ってもいない 社交辞令を
華麗に操ることができるのも。

↑が全部できるようになろうとは思ってないし
それは そうなったらなったで
自分がとても苦しくなってしまいそうだし
そういう意味ではなく

周りの人は 大して 他の人たちのことも
もちろん あたしのことも
好きではないし 嫌いでもない
から なのかなーって。

↑こっちのほう。



相手のことが あたしの中で 重要ではないから。
大して 好きでも 嫌いでもないから。

感情が大きくゆれるような
自分の根幹に関わるような話をすることもなく
殊更 誠実であろうとすることもなく

だからこそ
さらさら と 軽い感じで お話もできて

相手が あたしが予期しなかった
なんか 嫌悪を感じることをしたとしても
逆に 嬉しく感じるようなことをしたとしても
動揺しすぎることもない。

だからこそ
いつも ある程度落ち着いた心理状態を
保つことができて
誰に対しても 落ち着いて関わることができる
ちょっと『ん?』って思うことがあっても
失望することもないし
嫌悪感が あたしの言動を
支配することもない。

っていう イメージ。



自分が 他人にしたくない意地悪なことを
周りに合わせて やろう
っていう意識は 全くないし

自分に似た無器用なひとに
周りに合わせて あたしからも
悪口言おうという意識もないよ。

だけど

嫌い過ぎて うまく関われない人がいるよりも
大して嫌いでもない 重要でもないからって
さらさら関われた方が きっとあたしも楽だし

社交辞令に関しては あたしは使いたくはないけれど
相手の つまらない社交辞令に対して 苛立つよりは
『このひと あたしにとって
 重要な人でもないから どうだっていいや』
って思えた方が 楽だと思うし。

そんな そんな です。
関連記事
スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>