日々更新される黒歴史



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
アクセス解析
いまみてるひと
現在の閲覧者数:
格納庫

ブログのおるすばん
プロフィール

羽天菜

Author:羽天菜
羽天菜さんち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


考え事メモ
タグリスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数


相手が ひとり ふたり さんにん

   
相手が ひとり のとき
あたしは 自分が 相手と
どう関わっていいか
比較的 よくわかる。

相手 ひとり と あたし
あたしが みつめるのは
それだけでいい。

あたしは 相手がひとりならば
比較的 上手に見詰められる。

解釈も 対応も 心を注ぐのも
然程 頑張らなくてもできる。

あたしは 相手が複数になると
突然 どう関わっていいか
解らなくなる。

やること自体は
ひとりがふたりになったって
ふたりがさんにんになったって
同じなのにね。

でも 相手がひとりのときには
なかったはずの難しさが
相手が複数のときには
確かに 生まれていることを
感じるんよね。

それが 具体的に何かっていうのは
実は よくわからないんだけど。
関連記事
スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>