日々更新される黒歴史



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
アクセス解析
いまみてるひと
現在の閲覧者数:
格納庫

ブログのおるすばん
プロフィール

羽天菜

Author:羽天菜
羽天菜さんち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


考え事メモ
タグリスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

ラプンツェル読み返してみた

   
ラプンツェル読み返してみたら
なんだか 魔女さんが
とても気の毒に思えてきた。

元々
『自分の庭に生えている
ラプンツェルと引き換え』
って約束でもらった娘だから

非はどちらかと言うと
隣のひとにあるのだし。

大して関わりがある前から
『恐ろしい魔女』って
隣のひとから言われるってことは

きっと 御近所さんとか
みんなそういう風に
こそこそ噂しながら
怖がって近づかなかったんだろうな。

そんなんじゃ 魔女さん
孤独だっただろうし
周りに警戒心も持っちゃうよ。



そんな近所と愛娘が関わって
愛娘が 自分(魔女)を 悪く言う
近所の言葉を真に受けて

やっと手に入れたはずの
最後の味方みたいな存在が
自分の下から去る とか考えるだけで
苦しかったかも。
だから閉じ込めたのかな。



それでも 魔女は
あたしは 優しいと思うんだよなぁ。

だって 魔女はきっと

【御近所さんや 世間や 人間は
『悪』である】

という風には 愛娘に
教えなかったもの。

だって そうでなければ 愛娘はきっと
王子様を受け入れたりは
しなかったでしょう。



魔女は優しいよ。

約束をして 信じて
自分の庭のラプンツェルをあげたし

自分と 何ら直接的な関わりが
なかったであろう 御近所さんが勝手に
『恐ろしい魔女』って呼んでも
自分から 愛娘には
(御近所さんはひどい とか)
そういう偏見を植え付けるような
教育は しなかった。

魔女は少なくとも
魔女の 御近所さんたちよりも
ずっとずっと

優しいと思うよ あたしは。
関連記事
スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。