日々更新される黒歴史



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
アクセス解析
いまみてるひと
現在の閲覧者数:
格納庫

ブログのおるすばん
プロフィール

羽天菜

Author:羽天菜
羽天菜さんち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


考え事メモ
タグリスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

冗談。

   
あたしが
困ってしまいがちなことのひとつに
冗談 がある 。

何が 困ってしまいがちって
なんだか とても複雑だと
感じてしまいがちだから 。

例えば まあ 冗談を本気に捉えて
過剰に反応してしまうとか
そういうことは 基本として 。

相手に慣れれば 冗談を冗談として
受け止めるように
できるようにもなってきたり
流し方も 判ってきたりもするけど 。

今回 気になってるのは
・・・あたし自身が 冗談を言ってみようと
言ってみたときには
『冗談で言っていいことと悪いことがある』
とかいって へし折られちゃうことが
よくあることのほうだ 。

そして さらに複雑なのは
『冗談で言っていいことと悪いことがある』
って言う言葉そのものが
冗談であることも あるっていうことだ 。

なんだかもう そんなんじゃ
『冗談って なに?』
って感じになってくる 。

『相手がいいように 冗談だって言ってごまかして
 あたしも そのやり方が
 うまくなればいいってことなのか?
 ごまかし方が?』
って ひねくれたくなってくる 。



でも それも早計な気がするので
冗談の辞書的意味を 確認してみる 。

1 遊びでいう言葉。ふざけた内容の話。「―を交わす」「―を真に受ける」
2 たわむれにすること。また、そのさま。いたずら。「―が過ぎる」

・・・困ったね 。
あたしの知りたいことが まったく入ってない 。

(・・・って 此処の記事にも
 あたしの知りたいことの雰囲気が
 少しでも反映されているか疑問だけど)

つまり なんなの? 冗談って 。
ある人が
『それは冗談だ』って言ったとき
『それ』の内容は 本当なの?嘘なの?




*1*

躓きポイント その1

・・・うーん なんて言えばいいんだろう
あたし自身 あたしの気になることが
きちんと 言葉にできる自信があまりないのだけど

例えば ここ数年間誰にも
言われることはなくなってるけど

冗談で言われる『死ね』が
『現実的な死を 求められている』
って言うわけではないってことは
なんとなく 判ってるつもりだよ 。

(其処からもしかしたら
 間違っているかもしれないけど)

でも なんていうか
厳密にリアルな ダイレクトな其れ ではなくても
『いなくなってくれたらいいのに』
『こいつきらい』
とかさ そういう意味は
持ち合わせているのかな?

っていう感じの 疑問 。

どういう範囲で 嘘で
どういう範囲で 本当なのか

うまくいえないけれど そういうレベルで
あたしは よく躓く 。



むしろ 其れを狙うための
冗談 なんだろうか?
冗談って言っておけば 『嘘か本当か』を
ぼやけたままにしておけるから?

それとも ぼやけたままになるのは
あたしのあたまがわるいから?



*2*

躓きポイント その2

だまされてる感がある 。

・・・ちょっとした 
暴言を吐いてしまったときに
言ったときは 本気だったとしても
『あれは 冗談だ』
って言えば
そうじゃなかったことにできる 。

(実際にあたしも
 そういう使い方ができるようになってきた)

そういう使い方ができるってことは
『あれは冗談だ』
って言う言葉って 信憑性がまったくないって
そんな感じがする 。

(実際のところ コミュニケーションって
 『表層の解釈のしあい』って
 感じになっちゃうから
 そんなあやふやなものの 信憑性って言っても
 意味があるようなないような
 って感じなんだけど)



『冗談じゃない』
『あれは冗談だ』
『冗談で言っていいことと悪いことがある』

これらの 言葉たちの
内容の不確かさ そして
なんともいえない 圧力といったら!

そう あやふやなくせに
ものすごく 強い力を感じる
・・・相手を黙らせ得る言葉な感じがする 。

あたしなら 黙っちゃう 。
なんだかわからないままに
自分の中に もやもやを残して
それでも 黙り込んじゃうか
わかんないまま カッとなってしまいそうだ 。





うん なんなんだ 冗談って 。

意味はわからなくても
使い方だけ覚えて
利用すればいい類なんだろうか?
関連記事
スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。