日々更新される黒歴史



   
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
<< 2017 >>
アクセス解析
いまみてるひと
現在の閲覧者数:
格納庫

ブログのおるすばん
プロフィール

羽天菜

Author:羽天菜
羽天菜さんち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


考え事メモ
タグリスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数


翳される『正しさ』

   
あたしにとって 難しい いろんなことが
ぐるぐる回りだして つらい。

お盆シーズン
『実家に帰らないのか?』
っていう話をされるのは 普通のことで
あたしが帰らないのも
普通のことなんだけど。

親を亡くしたあるひとに
『会えるうちに
会っといた方がいいよ』
っていうはなしを されて

昨年 結婚の挨拶やら結婚式の時に
6年ぶりくらいに親と会って
親が小さくなったこと 年取ったことを
感じたことを思い出した。

でもね あたし
そんな 年に数回レベルで 親に会ったら

実家離れて 数年経過して
ようやくできるようになったことが
またきっと できなくなるよ。

ちょっとは落ち着いてきた不安定だって
また 悪化しちゃうことは
目に見えてる。

ごめんなさい の気持ちも
そこらに転がってるレベルの
親への愛情も
あたしには多分あるよ。

でも そういう気持ちで
衝動的に動いたとして
その代償として 再獲得するだろう
日常 社会生活が続けられない位の
不安定や 人への恐怖に
あたしや あたしの生活 を
壊されるわけにはいかないよ。

毎年毎年 いやになるほど
別々のひとに 親不幸って言われるよ。
優しくて 正しい顔して言われるよ。

気持ちは揺れるけど帰らないよ
仕方ないんだよ。

そうだよ きっと 正しいよ
『社会的には』『多数決をとれば』
相手が正しいよ。

あたしは苦しいよ。
多数決をとって 勝てる皆が
あたしの知らないところで
勝手に共感しあって
勝手に自分たちの正しさを
翳しあっていればいいじゃないか。
圧倒的に そっちのほうが
人数多いでしょう。

もともと そこから
外れちゃってる人間を
矯正なんか しようとしなくていい。

ほっといて って思って
でも そう思っちゃうこと自体が
既に淋しくて
でも 近づくのはこわい。

だって その正しさは
あたしには凶器なんだもの。

生まれてから 死ぬまでずっと
多数決で勝てるポジションにいて
それを優しい顔で押し付けることの
暴力性に気付かずに済むなんて
幸せだね なんて
見下してやりたくなる。

でも それをしたら
あたしはおしまいだ と思う。

色を変えただけの 同じ凶器を
あたしは翳したくない。

ほとんどの家庭において
その正しさは確かに正しくて
でも例外は確かにあって
それは 遠い国のお話ではない って。

そのくらいの捉え方が
ちょうどいいんじゃないかと
思うんだけどな。

あたしも 認めるから
その正しさは
『ほとんどの家庭において
きっと正しいんだ』って。
関連記事
スポンサーサイト
| comments(1) | - | page top |
生きる基準
人は誰も、「正しさ」基準で生きてるわけじゃないと思う。
一見、「『正しさ』基準で生きている」風の人は多いけど、
その人たちは、「『正しさ』基準で生きることが好き」なだけで、
結局のところ、「好き」基準で生きてるんだと思います。

あとは、一概には言えないことかもしれませんが、
大抵の親は、
「自分の子が幸せになること」と
「自分の子が自分の思い通りにいかないこと」だったら
前者のほうを望むのではないでしょうか。
それに、後者を望む親がもしいたとしたら、
そんな親を立てる必要はない、と思います。


<< NEW | TOP | OLD>>