FC2ブログ









DRで 中学以来のアトラクション乗って 。 

あたしはどうやら そこまで
絶叫ものは苦手ではなかったようだ。
Lは大丈夫だったし Sは
垂直落下するのと 一回転するのはやめといたけど
あとは大丈夫だった。

ただ 乗る前の 緊張感がひどくて
息を潜めて 全身に力をいれて 身体を硬くするものだから
乗り終わったときには
全身が痛かったり 頭がくらくらしたり。

実際の スピードとか アップダウンとか 景色とかは
全然怖くなかったにも関わらず。



つまり あたしの感じる『怖さ』は
予期や 警戒によるものがほとんどで
『それそのものの怖さ』では あまりないようだった。

だから 実際に乗っているときには
『きっと 次の瞬間 怖いのが来る』って思い続けて
唐突に アトラクションが終わって
『あれ?』ってなることが多かった。



拍子抜け?

予期や警戒心からの 緊張が
ひどく強いだけに
多分 きょとん ってしてたと思う。


関連記事
スポンサーサイト




[2013/06/21 11:28] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する