日々更新される黒歴史



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< 2017 >>
アクセス解析
いまみてるひと
現在の閲覧者数:
格納庫

ブログのおるすばん
プロフィール

羽天菜

Author:羽天菜
羽天菜さんち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


考え事メモ
タグリスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

女でよかった と思う理由 。

   
今日は はにゃこさんばーすでー 。
おめでとー!

あたしは 不安定期は 乗り切った 。
で ふわふわしてます 。
気持ちが緩くて 身体が重い 。

仕方ないね
仕方ないね 。

女だから仕方ないね 。

しんどくっても
男だったら良かった なんて思わない 。
あたしは 女でよかった 。

・・・ねむたい 。





社会での 立ち回りの無器用さとか
感情の 不安定さとか
制御の難しさとか 。

もちろん 今でも充分
不自由してるんだけど 。

それでも もしも
あたしが 男だったら
今よりもっと ずっとずっと
社会の目は 厳しかっただろう と
そう思うとき 。

あたしは せめて
自分の性が 女であったことを
感謝せずにはいられない 。

それを 甘えだと言う人は
そう言えばいい 。

あたし自身 甘えの部分も
あると思っている 。





あたしは 厳密には
今はそうではないのだけれど
例えば 精神障害をわずらって
実家で家事手伝いをしていたとして 。

それが 男性か 女性か
それだけのことで 現実問題として
社会的な 見られ方は変わる 。

あたしの主観からだと
結婚に関したってそうだ 。

女性だって 精神疾患が
結婚の障壁になることは
充分沢山あるけれど
それでも 女性に対しての方が
社会の目は まだ 優しい 。





とある男性が
彼女が 精神障害を持つことで
家事できなかったりするかもしれないから
それを 原因に 結婚を渋れば

それは 結構
男性の情けなさを
指摘される原因になることが
けっこうあるように見えて

でも

とある女性が
彼氏に 精神障害があって
お仕事できないかもしれないから
結婚を渋っても

それに対して
女性の側の情けなさを
指摘されることは そんなにない

そういう風に あたしには見える 。

うん 上手くいえないけれど
女性にとっての家事を
男性にとっての仕事に当てはめたら
平等になるっていう訳ではないよね 。
っていう感じのことが言いたい 。

(ニホンゴムズカシイナー)





勿論 女性のほうが
難しくて
男性のほうが 優遇される部分も
きっとあるんだとは思う 。

でも 少なくともあたしには まだ
『もし あたしが 男性だったら
もっとずっと良かったのに!』
っていうことは 今までなくって 。

逆に 女性であったことで
まだ救われてるな みたいなことは
今まで 結構あったから

あたしの意見では
『あたしは女性でよかった』
っていうことになっている 。





もちろん

多分 視点や
その人の 特性や
長所 短所・・

そういうもの次第って部分も
大きいんだろうな って思ってる 。

全ての面において
女性の方が環境が甘いって
そういうわけではないと
思ってもいる 。

ただ あたしの中の弱い部分 が
『もしもあたしが男性だったら
もっと酷い目にあってた範囲』
に 偏っているがために
『あたしにとっては あたしは女性でよかった』
っていう そんなかんじ 。



・・・ちなみに
『女の子の方がお洒落できるから (●⌒∇⌒●) 』
みたいなのは なかったりする w

こういうことに関しては
いろんな意見がありそうで
少し 怖いから
この日記は コメント閉じます 。
関連記事
スポンサーサイト
| - | - | page top |
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。