日々更新される黒歴史



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< 2017 >>
アクセス解析
いまみてるひと
現在の閲覧者数:
格納庫

ブログのおるすばん
プロフィール

羽天菜

Author:羽天菜
羽天菜さんち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


考え事メモ
タグリスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

041 いじめ

   
何か書こうとしてみる を 毎日
数日間くらいは続けてみようという 小さな試み 。

とりあえず 気張り過ぎないように
音楽を かけてみた 。

谷山さん 聴いてる 。
『穀物の雨が降る』

この曲は好き 。
ぞくぞくして
小さくハイになるから 。
同じような感じは
ドッペル玄関にも感じる 。
てか 谷山さんのお歌の中には
結構 そういうの多いなw

嗚呼
音楽をかけるのはいいな 。

程よく 画面との距離が
遠い感じがして
追い詰められない感じ 。

書こうとしなくても
手が動く感じ 。





いじめ自殺の事件が 話題になってるね 。
個人的には もっともっと
話題になればいいと思う 。

たくさん たくさん
膿が出ればいい 。

いじめ問題なんか
もう 何十年も前からあって
丁寧に 取り組まれないままで
放置されてきたようなものだから 。

汚いものは 汚いままで
美化されることなく
白日の下に晒されればいい 。

そして 二度と
覆い隠されなければいい 。

なんで? って
実はあまりよくわからないんだよね 。
どうしたいかっていうのも
実は 自分自身にもはっきりしてない 。

ただ
なんとなく そう思う んだ 。





確かに『ある』ものが
ほとんどのひとに 恐らく
『ある』ことが 明らかなそれが

まるで『ない』ような顔をして
足元に 蹲ってる なんて

それだけで
もうどうしようもなく
違和感が 不信感が
加速していくのを 感じないか


偽善的なあたしは
その 不快感が耐え難い だけ
なのかもしれないね





ところで いじめものの
ニュース日記なんか 見てるとさ

『いじめるひとが絶対的に悪い』
『いじめられるほうにも責任がある』

っていう 二つの意見を
見かけるんだけど

あたしは どっちも
ある意味 正しいのだと思ってる 。

っていうのもね・・



まあ 基本的には
いじめは しちゃいけないと思うよ 。

いじめられる側が
どれだけ 空気読めなかろうが
鈍臭かろうが 生意気だろうが だよ 。

どんな人 相手だろうが
それは 同じこと 。

いじめ という行為自体が
あたしは『してはいけないこと』だと
思っているから 。

どんな 相手に対してだろうが
『いじめることはいけないこと』で
『いじめをすることは
 自分自身の価値を下げること』
だと思ってるの 。

だから
『いじめる側が絶対的に悪い』
のだと あたしは思っている 。



でもね ↑は
完全に 理想論 というか
現実 現状には
ちっとも即していなくてね 。

実際には この世界では
いじめが あるの 。

いじめる側が どれだけ悪くても
いじめは あってね 。



許されないことだ!
いじめられる自分は悪くない!
って いじめられる側が
幾ら主張したところで
いじめはなくならなくって

様々な 器用さや 力の強さによって
身を固めた いじめる側には
多分 鼻で笑われて終わりなのよね 。

あたしもそうだった 。
自分が悪くなくて
相手が圧倒的に悪くても
其れを主張しても
『それがなに?w』
って感じなんだよ 。



そして あたしの知ってる限りだと
何処かで いじめにあった人間は
別の場所に行っても
やっぱり いじめられやすいのよね 。

あたしは いじめられやすいからって
そのひとが『悪い』って
言いたいわけじゃなくて
正直 どういえばいいのかわからないんだけど・・

悪くなくっても
『狙われやすい』『見下されやすい』要因は ある 。

こういう意味で
いじめられる側にも責任はあるといえる 。

勿論 そういうところを 狙って
いじめるのは 『絶対的に悪いこと』
でも 悪いのは 相手だからって
それを主張すれば 自分は救われるだなんて
そんなことは ちっともない
社会は ちっとも 勧善懲悪なんかじゃない 。



哀しいけれど 此処は そういう社会で
此処には そういう『絶対的に悪いこと』を
平気でする人が

そして 例え それが明らかになっても
周りに うまく 掛け合うことや
上の立場の人や 先生を味方につけたり
口先一つで 自分が正しいことに
できちゃう人が 沢山いるの 。

しかも哀しいことに
それはね 何処にでも なの 。



いじめっ子に つつかれやすい
弱い部分や 無器用な部分
そういうのが あること自体は
ちっとも 悪いことなんかじゃない 。

悪いことじゃないけれど それは
それが『つつかれやすい』って
それだけの理由でも
誰かと関わるのに 足枷になったり
何処に行っても
いじめられる口実になったりする 。



そういう感じ 。。





困っちゃう 。
だからって
どうしたらいいとかなんて
ちっともわかりはしないの 。

情けないなあ

どうしたいのか とかも
ちっともわかんないんだよ 。

あ! 馬鹿だねえ あたし
どうしたいのか がないなら
どうしたらいいか なんて
その言葉の意味すら
あやふやだよね 。

へんなの へんなの







追記

『いじめ』が 考える人に100のお題 にあったので
丁度いいので これをそのお題記事にします 。

考える人に100のお題 羽天菜版
考える人に100のお題 配布元
関連記事
スポンサーサイト
| - | - | page top |
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。