FC2ブログ









学生時代に一番のめり込んだ事はなんですか? 

一番 って 難しいなあ・・

小中学生のときは 勉強してた 。
てか 勉強さえしてればいいと思ってた 。

何になりたいかとか
いまいち明確じゃなくて
(ただ『何になりたいの?』って聞かれたら
 『こう答えることが正しいのかな』
 と思われることを 答えてた気がする)

勉強して いい学校に行くことが
将来に対して
より多くの選択肢を
自分に与えることになるんだと思ってたり 。

そして それが
間違ってたか 正しかったか
それは 微妙なところだな・・
正しい面も 無きにしも非ずってところよ 。

部活もやってたけど・・
生活の中心ではなかったな・・
友達は・・いなくはなかった かな 。
終始 いじめられっこだけどね 。

高校時代 。
自分の 人間関係や
集団 社会においての
問題点が 明確化してきた時代 。

人と 関わることや 仲良くなることに
とても 興味があったんだけど・・
上手くできなくって
かなり 苦しかった(; ̄ー ̄A

勉強も 部活も 頑張っては いたよ
でも 人間関係についての問題は
いっつも 頭の片隅にはあった気がする 。

そういうのが苦しくって
正直 登校拒否しそうな勢いだったけど
それでも あたしの居心地の良さは
家庭<学校 だったので・・
登校拒否はしなかったけれど・・

朝行く学校には行ってなかった友達の家に
学校に行く前に 寄り道して
そのまま 昼くらいまで入り浸る
くらいの逃避は たまにしてたよ 。

大雪の日は 遅れても居ないバスを
遅れてたことにして
言い訳をしたりしてたけど・・

どのくらい ばれてたんだろうねw

だから多分 高校時代は
人間関係の試行錯誤や
上手くいかないことに対して

苦しむことや 考えることや
なんとか 関わろうとすることに
のめりこんで居たんだと思うよ 。 

そして 大学時代
親の目がなくなったことに
初めは戸惑って
途中から 物凄く 開放感を感じてー・・
楽にはなった はず なんだけどー・・

なんといえばいいのか
それまで 自覚されなかった
主に家族に対する
怒りとか 不満とか 恐怖とか

ぶわあっと きちゃって・・
不安定感は 人生随一だったりして 。

劇団 やってたし 勉強もまあ・・
だけど・・

一番 やってたのは
あたし自身の 内側への 対処というのか・・
とにかく 考えたり 整理しようとしてみたり・・
がっつり 翻弄されてみたり
あたしの思考に 誰かを巻き込んだり

そういう・・何かだったかな 。
そういうのを なんというのかな?

わかんないけど・・

あたしは 葉っぱで作られた
小さな船で
大荒れに荒れる 感情の嵐の中
揺られて もがきながら
そして それを 何とかする術とか
荒れる感情の根拠とか
自分や社会を乗りこなす術とか
探そうとしながら でも
探そうとする間もほとんどなく
飲み込まれて 暴れる みたいな
そんな過ごし方をしていた気がする 。

四六時中 混乱してただけみたいな ね 。

あーーー 長くなった 長くなった

結局 上手く書けなかった 。
ずばり これっていうのが 書けなかった 。

無かっただけなのかもしれない 。
あたしは 何にも
のめりこんではいなかったのかも!

酷い 混乱の記憶だけが
とても 濃密で 。
関連記事
スポンサーサイト




[2012/05/26 01:47] the interviews の お答え | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する