社会人になりたての頃のエピソードなどを聞かせてください 

なーりーたーてー?

いっちばん初めの仕事はー
一応 正社員になれたんだけどー
あの頃 ちょっと事情があってー
それをばらしたら 即刻解雇になりましたっ★

(っ★ とか入れないと
 まともな気持ちで書けないよ!)

で 次の仕事とかでは・・
エピソードなんか 残ってないよ 頭に 。
常に 緊張と混乱で 割と訳わかんなくなってた『感覚』なら
きっちり残ってて 今でも割りとそのまんま 。

そして 疲弊して帰宅して やった内容を
マトモに復習する余裕なんて無かったり 。

お仕事しながら 安定を失いそうになったり
ひとの中に居る 落ち着きなさを誤魔化す為に
意識を 明後日に飛ばしたりしてたから
当然 超劣等生でしたよっ・・

んー・・エピソード・・
内側の事で 忙しかった為に
身体の外側の 出来事については
かなり 印象に残ってないなあ・・

かつ いつまでのことを
社会人になりたて
って言っていいかよく解りません・・

気持ちの上では
一生なりたてなのかもしれんわ・・

・・・てか 社会人って どこからだっけ
大学卒業したら 社会人?
アルバイト始めたら? 正職員になったら?
今はあたし 学校は卒業して 正職員も経て
アルバイト だけど・・
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatetete.blog.fc2.com/tb.php/4143-15548e13