日々更新される黒歴史



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
アクセス解析
いまみてるひと
現在の閲覧者数:
格納庫

ブログのおるすばん
プロフィール

羽天菜

Author:羽天菜
羽天菜さんち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


考え事メモ
タグリスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

癇癪

   
コミュニケーション的に
積極的ではないけど
あたしは 元気です

寧ろ もしかしたら
充電中っていう部分も
あるかもしれない
コミュニケーションは
楽しくて刺激的
だけど 結構
エネルギー使う

とりあえず
待ってるだけでいいです
浮上するし(*´∀`)♪



最近 自分の脆さを感じて
哀しくなる事が多い
一番其れを感じるのは
癇癪を起こすとき

癇癪を起こす寸前の
ギリギリの余裕のなさに
やられてるときが一番
自分の脆さを感じる

ギリギリ
嗚呼 破裂する
あたしが破裂する
此れ以上は いけない
あなたが危険
あたしが危険

そんな 警告が
ガンガンガンガン
あたしの中で響いてるとき



まるであたしが手負いの獣で
狩人である相手に
間近から銃口を
向けられているかのような
緊張感と恐怖

壊される と感じる
守らなければ と思う
守らなければ壊される

壊れてしまう!
壊れてしまう!

理性はあるのに 無視される
あたしの中で
縄で縛られて放置される

あたしを支配するのは
恐怖心や警戒心や
それ由来の
敵意や怒りの幻



おかしいのは
現実には 決して
そんな深刻な状況ではない
ということだ

こないだ そうなったのは
家事のやり方について
ちょっと 注意されただけだし

そうじゃなくても
ほんのちょこっとの
意見の相違や
小さな
『●●のつもりだったのに!』
的な話だったりする



少しすれば
そう 長くとも
二時間も続きはしない
小さな癇癪

それでも そいつは
一時的にでも
あたしの感情を
言動を 表情を 支配する

そしてあたしは
通り過ぎ次第か
もしくは
癇癪の最中でさえ

原因となった出来事は
大して 重要なものではないと
知っている



そう 確かに知っている
でも 知っているということが
何かの助けになりはしない
知っていても
どうしようもない

知っている
→制御できる

なら とても役に立つのだが
知っていても制御できないなら
意味なんてない と思う



これは 大したことではないと
頭の片隅で考えながら
感情的には
銃口を向けられた
手負いの獣

まるで
大したことない派 が 一人で
千人の
危機的状況の手負いの獣派 に
立ち向かっているかのような

そして 負ける
うん 敵いっこない
圧倒的だ

大したことない派は
殺されるわけじゃなくて
柱に縛り付けられて
其処で見てる

声もあげられずに
其処で見てる

危機的状況の手負いの獣派が
暴れるだけ暴れ尽くして
ある程度気持ちが落ち着くまで



危機的状況の手負いの獣派 は
何を守っているんだろうか
何を壊されると感じるのか
狩人は誰で
銃は何を示しているのか

壊されるとは
具体的にどういうことか
壊されたら
あたしはどうなるのか

わからない

わかるのは
危機的状況の手負いの獣派の
圧倒的な 感情や
幾度も繰り返した
癇癪が通り過ぎた後の
どうしようもない後悔
(↑このとき漸く
大したことない派の
縄がほどかれる)

あたしが
直接的に感じるものだけ



わからない から
本当は何も
壊れないかもしれない

てか むしろ
何も起きない気がする

癇癪を起こして
良かったと思う時なんかない
後悔してばっかりだ



越えたいな と思うけど
方法も考えるけど
この記事は一旦お仕舞い

昨日からちまちま
二日かけての
感覚の模写なので

ちょこっと疲れましたの
関連記事
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://hatetete.blog.fc2.com/tb.php/3941-0c28eb38
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。