FC2ブログ









汚くみえても 

華原朋美「病院なんか行ってない」DVも告白
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1325027&media_id=30

「かわいそうな子供たちを見ると、私はまだ幸せ。いままで迷惑をかけたスタッフさんやファンに心からごめんなさいって思います」

この 言葉が
上から目線だとかどうとか
そんな 批判日記を
たくさん 読んだ

だけど あたしが
この言葉から感じたのは
そんなことよりも

華原さんが
未だに 苦しいんだ
と言うことと
(苦しくない人は
自分を幸せと呼ぶことに
他人との比較を
必要としないと思う。
ちなみにあたしは比較なしに
自分を幸せと呼べる位には
満たされてる類の人です。)

気を抜いたら
『自分なんて‥』
『もう無理‥』と
なってしまいそうな自分を
『自分を少しでも
幸せと思うことで
奮い立たせようとする想い』
だったりする

ボランティアをするための
堂々と示す動機としては
汚いのかもしれないが
(あたしはそうは思わないが)
日常的に 自己否定や嫌悪
世界で一番
不幸みたいな気持ちに
翻弄されていて

其処から 少しでも
自由になれるのが
ボランティアで

ほんの少しでも 其処から
自分を幸せと感じられる
きっかけを得られるなら‥

その方法として
少なくとも誰かに
迷惑をかけることが少なく
どちらかというと
人に優しい
ボランティアを選ぶのは
素敵なことなんじゃないかな
なんて 思う

自分が 不幸だ
苦しい 哀しい
納得いかない

同じような 状況の中で
家を出られなく
なってしまうとか
社会を憎んで
犯罪を犯すことに
なってしまう
そんな人が 山ほどいる

そんな方法たちより
よっぽど良いと思う

‥そして

飢えてる自分を
癒すために
(もしかしたら
多くの人が書いてるように
見下すことによっての
要素があるとしても)
やってるかもしれない
ボランティアでも

子供のエネルギーは
華原さんを
癒やしても癒やしても
有り余ると
あたしは思う

動機が何であれ
子供と 関わるほど
満たされていくものは
あると思う

思う存分 満たせばいい
楽になればいい

そして 満たされた先で
自分を満たしてくれた
子供たちを想うことがあれば
素敵だと思う

自分が救った存在というより
『自分を救った存在』
として




あたしが
児童相談所で
メンタルフレンドを
していたのは
大学1から3年生
くらいまで

どうしようもなく
不安定だったあたしには
華原さんと同じような
動機があったことを
否定できない

見下すことが目的では
もちろん ないけど

誰かに寄り添うことで
自分に寄り添うような
錯覚を感じたし
自分に言い聞かせるように
言葉を吐いた

子供が笑えば
あたしの中の誰かも
笑ったから
それが欲しくて
一緒に笑った

どうだ 見事なまでに
自分のためだろう





だけど あたしは
気づいたら子供から
そんなものよりも
よっぽど素敵なものを
貰ったし

柔らかくて心地よい何かが
自分の中や 相手の中から
そして
自分と相手の関係性の中から
溢れたよ

子供を 愛しいと感じて
同時に
愛しいと感じられる
自分の正常さ?に
泣けてきたりしたよ

そんなんなってきたら
あたしの汚さなんて
ちっぽけでさ

そんなちっぽけなものでは
汚されないくらい
溢れたものは
偉大だったの


[mixiコメントより]
りゅか2010年08月31日 07:14
わたしも彼女の言葉から
まだ辛い心の痛みと共存してるんだなと思った

彼女は、売れている頃から
年齢のわりには幼いことばだったのが不思議だったけど
その頃からもう
抱えていたのだろうな

仕方がないなんて言葉は適切かわからないけど
少なくとも彼女は、
痛みや苦しみの中で
出口探して
懸命に生きてるんだと思う
そして、そうやって生きようとしてること自体
わたしはすごいと思う

そしてマスコミは
どうかそっとしてあげてほしい、な

あーさん2010年09月02日 02:32
幸せな人は人と比較する必要がない人のことを言うんだと思います。

そして他人を悪く言う必要もない人なんでしょうね。

華原さんを批判する人も実際の生活がしんどくて、過敏に反応してしまっているだけなのかもしれないです。

関連記事
スポンサーサイト




[2010/08/30 17:44] ニュース日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatetete.blog.fc2.com/tb.php/36-695cbff8