ぶらんこ 。(がじぇがじぇより 

あたし お仕事の お昼休み
近くの 公園で
一人で 昼食を取って
そして ブランコに乗るのがすき 。

ブランコに 乗りながら ゆらゆら
揺れるリズムに 潜り込んで
身体から 毀れるままに
鼻歌を 歌うのがすき 。


お昼休みが来るたびに
公園に 他の誰も 来ない事を願う 。
あたしにとっては 大好きだけど
27の女が やるような
遊びではないように 思うから 。

ブランコの 揺れるリズムと
あたしの身体から 毀れるメロディーが
良い具合に シンクロした瞬間の
心地よさといったら!

逆に こんな 心地良いことが
他の大人にとっては あんまり
メジャーな遊びではない事が
酷く もったいないと感じる 。

こんなに こんなにこんなに
気持ちいいのになあ!!

・・・でも こんな
大好きな 大好きな 遊びも
あたしは
他の 大人がきたら
変に 思われることが怖くて
途端に ストン と
気持ちが硬くなって
その場から 逃げ出さずには 居られなくて
そんな 自分が
実は とっても 哀しいのです 。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatetete.blog.fc2.com/tb.php/157-c73954a2