日々更新される黒歴史



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
アクセス解析
いまみてるひと
現在の閲覧者数:
格納庫

ブログのおるすばん
プロフィール

羽天菜

Author:羽天菜
羽天菜さんち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


考え事メモ
タグリスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

ちいさなことば

   

なんとなく
実家で
うまくいかなくて
家を出た時の話を
していた時
人に言われた言葉

『なんにせよ
子供はいつか
家を出るものだよ』

なんだか 嬉しかった

自分が したこと
やり方には問題があっても

成人した娘が
親から離れていくこと
それそのものは
ちっとも
悪いことではなくて
自然なことなんだと
思えたのでした

そんなことを
考えたら

その当時の
あたしには
痛くしんどく
感じられるような
できごとたちも

必死こいて
隠しているような
事情たちも

なんだか
一つの経験としての
重さでしかなくて

『あの時は
こうだったのよ』
と 脳天気に
語ってしまって
いいくらい
特別に重いという
訳でもない出来事のように
思われたのでした

関連記事
スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。