恐怖心 

相変わらず
社会に対する
恐怖心には
手を焼いている

怖がりたくないのに
身体も心も
自動的に 震える

怖がらなくていい と
言われるけど
恐がることは損だ と
知っているけど

自動的に生まれて
自動的に溢れる感情を
そう簡単に
制御することが
出来る筈も無く

恐怖に
翻弄されながら
翻弄される自分自身に
腹を立て

翻弄される感覚も
腹を立てる感覚もまた
制御できずに

そんな自分自身にまた
苛立たずには居られない

平然と 振る舞いながら
内部に渦巻く それが
ただ 流されてくれるのを
待っている

あたしは 弱いけれど
知っているから
その渦が
流されて行くことを
知っているから

関連記事
スポンサーサイト

[2008/09/04 23:35] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する