苛立っている 

この苛立ちの
現実的な
理由として
思い当たることならある

だけど
本当は 解らない

本当に それが理由なのか
内世界の 氾濫の理由を
現実の何かに
押しつけているだけなのか

あたしは 容易く
あたしに
騙されてしまうから

現実に 目の前にある
理由だと思われるこれが
本物の理由では
なかったとしても

本物だと
思い込んでしまうことは
簡単で

くらくらと する
くらくらと

疑っても
疑っても
疑う余地は減らなくて
外部世界同様に
あたしの内部もまた
不可解で

確かだと思われるのは
此処に苛立ちが
居座っていて

そして あたしが
苦しくて
なんだか 哀しいと
ただそれだけで

本当は それすらも
『確信を持てる』
と 言い切れるほど
明確なことでは
ないのだけれど

苛立っている
苛立っている

そして その状態は
とても
不快 だ

関連記事
スポンサーサイト

[2008/10/21 21:26] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する