日々更新される黒歴史



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
アクセス解析
いまみてるひと
現在の閲覧者数:
格納庫

ブログのおるすばん
プロフィール

羽天菜

Author:羽天菜
羽天菜さんち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


考え事メモ
タグリスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

引力 。

   

あたしは 空気を読むとか
場の雰囲気を読むとか
そういうことに関して
酷く劣っている部分がある 。

それは 決して
自己卑下とか 思い込みとは
そういうものでは無いように想う 。

その根拠は
他者からも
往々にして指摘されるのがひとつ 。

その他者だって 決して
誰か一人とか そういう少数ではなくて
結構な 人数から
別々に 言われてしまうから 。

その理由を 自分なりに
考えてみた 。

というか 言い訳を
作ってみた と言われてしまえば
そういうことかも 知れないけれど 。
あたしは よく ぼんやりしている 。

誰かに『羽天菜さん!?』
て 言われるまで
心此処に非ずな そんなことが ある 。

そんな時 あたしは大概
身体を 社会に 置きながら
脳味噌を 『内世界』に 沈めている 。

『内世界』を 持っているのは
多分 誰でもそうなのだろうけど
(↑定かではないが)

あたしの 内世界は 他者の其れより
些か 引力が強いように思える 。

何故なら
あたしは 生まれてから 一度も
日常生活の途中で 内世界に惹きこまれて
身体を 置き去りにしたまま
脳味噌を 内世界に 沈めてしまう他者を
見たことは無いから 。

そして あたしの場合
時折 其の引力は 脳味噌を 内世界に
惹き込んで 離さないことがあるから 。

内世界の引力は 厄介だ 。
内世界に 引っ張られていれば
どう足掻いたって 外部世界に
100%意識を 向けていることなんて
出来ないんだから 。

其の上 内世界が
100% あたしを縛らない事なんて
ほとんど あり得ないんだもの!

(えっと・・うまく言えないけれど
 大体 どんなときでも
 最低10パーセント位の意識は
 内世界を見ている でしょう?)

多分 病気とか そういうのでは
無いのだと思う 。

此れは 一つの 世界観 だと
あたしは想っている 。

あたしにとっての
世界の見え方 世界の感じ方だと 。

そして 個人的には
内世界を 模写する事で
何か 作品的なものが
生まれることも多いので
内世界自体が 憎たらしいという事は無く 。

それなりに 気に入っている 。

・・・まあ 話が
脱線しまくったけれど(w
要は あたしの
ぼんやり や 空気の読めなさっぷりは
自分の内世界の引力が強すぎて
自分の持つ注意力を 内世界に
結構な量 引っ張られてしまうが為に
外世界を 標準レベルに 認知して
判断して 行動するために 使えるだけの
あたしの注意力自体が 少ないんじゃないかとか
そんなことを 考えただけです 。

わかりにくくて ごめんなさい 。

関連記事
スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。