日々更新される黒歴史



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
アクセス解析
いまみてるひと
現在の閲覧者数:
格納庫

ブログのおるすばん
プロフィール

羽天菜

Author:羽天菜
羽天菜さんち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


考え事メモ
タグリスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

んー

   

でも やっぱり
内世界の 引力的な部分も
あるからなぁ・・

一概には 緊張が原因 とも
言えないのかもなぁ 。。

引力が あるのも
やっぱり 本当 。

いつでも 多少は
引っ張られているのも 。。

だけど 空気を読めている と
いえる程度に
現実世界のほうを
見ることが出来ている時もある 、と
そういう感覚かしら 。。

こういう風に 考える事も出来るかな

あたしは あたしの傍に
常に 『自分の世界』を保っていて

『現実世界』が 苦しいときに
そろり と 『自分の世界』に
もぐりこむ事が出来る 、。

緊張感や 不安感が高まったとき
あたしの無意識は 『現実世界』の
居心地が悪くなって

傍にある 『自分の世界』に
こそっと 手を伸ばし
そろり と 其処に
脳味噌を 埋める 。

そして それは 確かに
あたし自身が していることで
『無意識のあたし』(もう一人のあたし?)
が 選択して していることなのだ

小さい頃から
集団行動や 人間自体が
そんなに 得意ではなかったあたしは

苦手な 社会や 人間と
何とかやっていくために
自分に必要だった 自分の世界を
身体や 自我と共に 成長させていった 。

そんな 感じ?

だけど やっぱり
あたしは あたしについて
そして
自分と 世界との
関係や 距離について

解らない事が
山ほどあるなぁ と
あーあ・・

関連記事
スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。