ふしぎなことば 

馬鹿 とか 死ね とか
おかしいんじゃないの とか
言っちゃいけないと 言われるけど
世の中には 氾濫している言葉がある 。
そういう言葉たちを あたしは
多分 言われやすい性質がある 。
(家庭がアレだったり
 苛められ暦が長かったりしたから
 今では 自分にも そういう傾向があると
 思っています 。)
+
あたしの職場で 昨年かな
そういう言葉を
言い合いながら 笑っている人たちが居て
あたしは 不思議だなあと
本当に 不思議だなあと
感じたので 本人たちに 聞いてみた 。
「哀しくないの?苦しくないの?
 本当に 死ねとか 思ってるの?」
思ってるはずがないでしょう と
言われましたともさ 。
そして そんなこと
わかりきった上で
言い合ってるんですって 。
それどころか
「本気だと思うなんて
 自分を信用していないの?」
とか 言われたのでした 。
あたしは
不思議だなあと
そう思いました 。
『あの人は
 死ねと言っているのだから
 あの人は 死ねと思っている』
と 認識する事は
『あの人を 信用していないという事だ』
つまり そういうことなのだよね
解りにくいよね
『あの人の言葉を 丸ごと信用することは
 あの人を 信じていないということ』
そういう風に 解釈できるよね 。
『信用する事は 信じてないって事』?
ますます 意味が わからない 。
どう 受け止めろと??
まあ 結局
『あたしには そういうのは難しいし
 わざわざ 考えるの めんどくさい』
ということで ぽーんと
投げ出しちゃったのだけど 。

関連記事
スポンサーサイト

[2009/05/11 20:20] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する