からっぽ 

あたしは
『周りに
言えないだけで
考えとか 世界観とか
本当はあるんだろう』とか
言われることが 結構ある
(現実では臆病な私)

あたしは
あたしの 内側の何かを
掘り起こして
掌に乗せて
差しだそうとすると
どうしようもない不安で
足元が
ぐらぐらしてしまうのでした

そのぐらぐらのわけは
あたし自身にも
よくわからなくて

もしかしたら
あたし自身
他人に見せられるような
考えも 世界観も
大して持ってなくて

そんな 底の浅さが
周知されてしまうことに
怯えているのかもしれず

もしかしたら
あたしの考えや世界観を
現実の人たちの前に
晒して 否定や罵倒を
受けてしまう可能性が
ひどく 苦しいのかもしれず

でもほんとは
ただからっぽなだけかも

あたしのなかには
なにもないのかも

かんがえも せかいかんも

もしかしたら
じんかくさえもなくって

せかいに あわせるだけに
ひっしなだけの
からっぽなつまんない
うつわでしかないのかも
とかとか



関連記事
スポンサーサイト

[2009/07/12 15:22] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する