つれづれぐさ 

+いち+
あたしは 弱いけど
社会的な意味でも
精神的な意味でも
きっと そうだけど
弱さに対して
素直であることで
強がらずに 隠さずに
向き合うことが
可能になるのならば
それはそれで
悪くはないんじゃないか
と 思ったりする。
+に+
多分 あたしは
暗闇が苦手だ と 思う。
明確な 怖さまでは
感じないのだけれど
部屋の電気を消した途端
あたしは 眠ることが
少し 難しくなるから。
電気 つけたままなら
眠れる気がするのに。
+さん+
社会的に うまくいかない
(あるばむにかいたとおり)
自分自身が
うまく制御できない
それでも あたしは
実感をもって
自分自身を 幸せと呼べる。
あたしを支えてくれる
大切な人との暮らし。
此処が あたしを罵倒する
怖い言葉たちに
満ちていないということ。
『帰りたい場所に
毎日帰れる幸せ。』
此れは ちっとも
当たり前じゃなくて
求め続けて 壊れる人だって
ザラにいるような
本当は 奇跡みたいな幸せ



関連記事
スポンサーサイト

[2009/11/02 13:11] 日常的な徒然 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する