日々更新される黒歴史



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
アクセス解析
いまみてるひと
現在の閲覧者数:
格納庫

ブログのおるすばん
プロフィール

羽天菜

Author:羽天菜
羽天菜さんち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


考え事メモ
タグリスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

うちがわ

   
あたしの皮膚の外側に
あたしには
助けてくれる人は
たくさんいる けれども
+
あたしの皮膚の内側には
なんにもない 気がする
外側から たくさんの
助けを得ながら
内側には 何もなくて
本当は 助けて貰えるだけの
何かなんて なくて
+
もしも そうであるならば
あたしには 分不相応な
ものや 状況や 人間たちに
囲まれているのだから
+
その たくさんの
あたしには 分不相応な
幸福たちは
いつ あたしのことなんて
手放して 消えてしまうか
解らないんじゃないか
なんて 思ったりする
+
そんな兆候なんて
今 あたしには
全く 見えないのに
内側の 意識だけは
其れはただの 下らない
妄想なのだと
確信することもできずに
膨らむ不安は
いつかあたしを圧倒する
+
もし あたしに
他の誰にも 持てないような
価値のある 魅力的な
『何か』が あれば
他の誰かが あたしを
決して 手放すことなんて
考えられないくらいの
『何か』が あれば
あたしは その 『何か』を
手がかりにして
人と 関係を
繋ぐこともできるし
社会と うまくやることも
できそうな気が
するというのにね
+
そんなことを 想うとき
自分の傍の誰かの手首を
右手で ぐいと 握りしめて
「お前の目からは
あたしの中に
『何か』がみえるか
あたしが 社会で
うまくやるための
武器になりうる
価値や魅力を
抱いた『何か』は
あたしの中に 存在するのか
其れは 一体 何なんだ
そして あたしは
その『何か』を
一体 どうやって
生かすことが できるんだ」
そう 問い詰めたくなったり
する
+
実際には そんなことは
しないけれども
不安で たまらないんだよ
あたしだって
社会で 生きたい
生きる意志はあるんだもの
自信なくして
動けなくなって
終わるなんて 最低だ
そんなことには
きっとならないし
きっとしないのだけど ね
+
何かが欲しい
人と繋がるための 何かが
社会とうまくやるための
何かが
ひどい劣等感から
解放され得るような 何かが
不安にならなくてすむための
特効薬になりうるような
何かが
+
ちなみに 感情を
整理するために
書いただけだから
あたしは 大丈夫です

関連記事
スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。