かえりみち 

いまはかえりみち
駅のホームで
ビルの谷間に
夕焼けが見えます
綺麗な色です
+
+
+
ほんの数時間前
目的地に向かう途中
人身事故で
一度電車が止まりました
+
人身事故の起きた駅を
電車で通り過ぎざまに
+
作業員が十人くらいで
青いビニールシートに
包まれた
大きな荷物を
運んでいくのを見ました
+
+
電車の中で
スーツをきたおじさんが
これから向かう先の
誰かなんでしょう
+
携帯電話で
待ち合わせに
遅れてしまう旨を
真剣に謝っていました
+
+
素敵にお洒落した
綺麗なお姉さんが
+
まだ電車に居るの
いつ電車が動くか解らないの

電話先の誰かに
困ったように言いました
+
+
うまく言えないけど
あたしは 自分が
何を想ったらいいのか
解りませんでした
+
きっと
死にたかったであろう
その誰かにとって
実際に亡くなった事実は
どんなもの
だったのでしょうか
+
ビニールシートの中の
ついさっきまで
人間だったものは
一体何なんでしょうか
+
命が無くても
人間なんでしょうか
+
疑問ならたくさん湧いたのに
想いは一つも湧かなくて
+
混乱しいで動揺しいで
ほんの小さなことで
泣いたり笑ったり
怒ったりするのが普通な
あたしが
想いが湧かないという状態に
+
ほんの少し
違和感を覚えたのでした
+
+
+
+
+
夕焼けが
とっても 綺麗でした
+
今は もう
コレを書いている間に
すっかり日が暮れて
+
真っ暗になって
しまいましたが
+
+
+

1月8日 17時頃
電車の中で 書きました



関連記事
スポンサーサイト

[2010/01/09 12:00] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する