日々更新される黒歴史



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
アクセス解析
いまみてるひと
現在の閲覧者数:
格納庫

ブログのおるすばん
プロフィール

羽天菜

Author:羽天菜
羽天菜さんち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


考え事メモ
タグリスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

追記に

   
あたしが
自分自身を大切に
しようとする理由は

あたしが 自分を
責め立てたとき
当然ながら
自分自身に責め立てられる
もう一人の自分が
確かに居て

責め立てられたことに
傷ついた其れが
死に物狂いで
反逆を試みることで
あたしの内側が
散々に荒れ狂うからだ

かつて 今より更に
自己制御に難有りだった頃は
その 自分自身への反逆は
容易に自己破壊衝動へと
変化して
あたしは 為す術もなく
其れに 飲み込まれて

飲み込まれる頃にはもう
自分の衝動の意味も知らず
苦しい 苦しいと
のたうちながら
『この責められている
感覚は何だ
誰もあたしのことを
少なくとも面と向かって
責めていると言う
わけではないのに
あたしは責められている!
あたしは責められている!』

そしてあたしは自分を罰した
『責める側の自分』を右手に
『責められる自分』を左手に
行動化することで
自分を落ち着けた とも
言えるかもだけど

その混乱は
あたしにとってあまりにも
重荷であったから
あたしは自分を責める自分を
制御することを
試み始めて 今に至る

あたしが自分自身を
大切にしようと試みるのは
もう二度とあのような
混乱に沈みたくないという
想いが一番大きかったりする

関連記事
スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。