FC2ブログ









つれづれ、たらたら。 



最近、書き物をしにネカフェに来てる。
最近って言っても、まだ二回目だけどね。

画像は、机の上のコップ。
飲んだのは、全部冷水。ただのお水です。

太りたくないのとか、
際限なく飲んでお腹いっぱいになると嫌だなって思って、
お水ばっかり飲んでる。

下手でもいいから、
頭から言葉がいっぱい、いっぱい溢れてた頃に、
脳みそのチャンネルみたいなものを戻したくて、、



書こうとして書く、
なんてそもそもちょっと違うんだけどね。

溢れてたものを、
ただ言葉に直すだけだった頃は、
書こうとする必要なんかなくて、
書かずにはいられなかっただけだから。

でも、そうではない今でも、
今には今の書き方が見つかるんじゃないかって、
少しばかり期待しているの。

そのためにできることが、
とりあえず一定の時間パソコンの前に座って、
キーボードを叩くこと。

今のところ、
あんまりスムーズに言葉は出てこないけど、
(この記事はすらすら書いてるけど)
まあ、まだ二日目だからね、、、

あと、他にもいろいろ、
趣味を復活させたい、なあ。
スポンサーサイト




[2018/06/16 19:06] 日常 | トラックバック(-) | CM(0)

黒い服の力、続きみたいなもの。 

『黒い服のちから』
に関してのこと。

正直、あたしはそうやって、ぶれないように、
感じる力を抑えようとすることに、
なんだかちょっと躊躇いというか、
後ろめたさみたいなものがあったの。

その理由は、そういうことをすることで、
人を拒絶しようとする意志みたいなものを、
自分に見つけてしまって、
そんな自分がちょっと嫌になるってこととか、

小さなことで揺れてしまうことは、とても苦しくても、
昔からそんな人間として生きてきているから、
なんだか自分が自分じゃなくなりそうな、
そんな感じがするってこととか、

なんかこう、
肋骨の間がざわざわするような、
じわじわした苦味なんだけど。

でもね、大丈夫だったよ。
別に、普通に笑えたし、普通に話せたし、
多分だけど、普通にバイトもできました。



過剰にぶれない感じが、なんだかね、
『普通の人になった感じ』がした。

いや、あたし別に多分、明確に普通ではない、
ってこともないんだけど。

でも、なんだか多分、
いつもより普通、な感じがした。



若干、不安定な心にに重さを与えて、
動きにくくしたくらいで、ちょうどいい、のかもしれない。

普段が、無防備にゆらゆらふわふわ、
揺れ過ぎているのかもしれないね。
ほかの人たちはもしかしたら、このくらい、
自分の心の輪郭を守って、
生きているのかもしれないね。



このくらいは、いいのかな?
このくらいは、もしかしたら、
みんなしているのかな?

どうなのかなあ。


[2018/06/16 16:28] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)