FC2ブログ









005 常識・普通 

005 常識・普通(考える人に100のお題


自称多数派が、
『自称多数派が少数派と呼ぶ誰か』に対して、
『こうするべき』『こうであることがよい』と要求するために、
振り翳す武器として使う言葉。

自称多数派同士が、
共通認識を再確認するために使ったり、
仲間意識を強くするために用いる言葉。

自称少数派が、
少数派であることで、受けた不遇の責任を押し付けるためや、
架空の多数派を加害者に仕立て上げるためにも、
使われたりする言葉。

社会には、
暗黙の了解やルールのようなものがあるのだけど、
それを親や、その他目上の人が、
子供や目下の人に教えるときにも、
なかなか便利に使われる言葉。

常識や普通、という言葉の作られ方↓
100人中80人くらいのひとたちが、
『こうであったほうが生きやすい』と考えた内容を、
『常識や普通』というカテゴリーを作ってぶっこんだ。

……って感じじゃないかなー。

あー!あたしの中にはちゃんと意見があるのに、
うまくまとまんないや。
スポンサーサイト

[2018/06/30 17:18] 考える人に100のお題 | トラックバック(-) | CM(0)

004 友達。 

004 友達とは(考える人に100のお題

ちょうど、友達について考える機会があったので。

個人的には、
自由意志で会いたいって思えたら、友達です。

会わないといけない何かがあるから会うとか、
仲良くしておくと都合がいいから会うのは、友達ではない。

『楽しい』とか『嬉しい』とか、
そういう理由ひとつで会って、話して遊んで。

それができるなら、友達だと思う。
[2018/06/30 16:21] 考える人に100のお題 | トラックバック(-) | CM(0)

違和感② 

違和感のつづき。

誰が何を隠してたって、
本当はどうだっていいんだよね。

あたしがただ、自分から笑って、
自分勝手に朗らかでいればよかったんだ。

そうして、そうしているあたしを気に入って、
近づいて来てくれる人と、
楽しくしてれば良かったんだ。



世界には、いろんな人がいるって、
最近わかってきたんだよ。

あたしのことを、どうしたって嫌う人がいて、
あたしに、どうしたって嫌なことをする人も居て、
無関心な人も居て、
ぽろっと救いになる言葉をくれる人も居て、
助けてくれる人も居て。

嫌なものを、どうしても向けてくる人がいるよ。
そのことに影響を受けて、なびいてしまう人も居るよ。
でも、
『ほかの人の言葉に、惑わされないひともいる。』



社会をそのまま見つめたいから、
多様性だって、受け入れなくちゃ。

いいものだけ拾い集めるのも、
悪いものだけ拾い集めるのも、
もう、やめにしようかと思うんだ。

素敵なものも、恐ろしいものも、
世界に存在する頻度と同じくらいランダムに、
拾い集めるようにしたい。

そのほうがきっと、『本当』が解るよね。
社会や人間の、『本当』がわかるよね。
[2018/06/30 16:05] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

違和感。 

昨日は、なんだかずっと、
違和感がぐるぐるしていた。

多分、誰かが何かを、
言動の外に、隠していたのだろう。

あたしに言えない、なんらかの悪感情なのか、
周りの目との兼ね合いなのか、
とりあえず、よくある類の、何かなのだろう。

様子を伺われてるような、
どこかでひそひそされてるみたいな、
得体の知れない、
苦手な雰囲気を感じてしまって、
あたしは、なんだか終始、
落ち着かない心地だった。



本当は、そういう日にこそ、
あたしから、笑えたら良かったのよね。

そうしたら、
あたしがそうすることそれそのものが、
あたし自身の心も、そして周りの空気そのものも、
飲み込んで、そして変えてくれるから。

でも、負けちゃった。
うまくできなかったよ、なんだかね。



萎縮しちゃったから、手遅れだったのかな。

次のときは、ちゃんとできるかな。
怖いものはすべて振り切って、
周りの様子に依存することなく、
自分の力で、自分の精神力で、
朗らかになってみせるの。

次の時には、できるかなあ?
[2018/06/30 15:47] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

でも、やっぱり。 

さよならを決めるのは②

でも、それでも、やっぱり苦しいや。
興味ないような風にするのも、
無視みたいにするのも、
あたしは、苦しいや。

むつかしいなあ。
[2018/06/28 22:52] 日常 | トラックバック(-) | CM(0)

染まりたくない、馴染みたい。 

○○に染まれ、とか、染まったほうがいい、とか、
そういう言葉を言われるたびに、もやもやというか、
拒否反応を示してしまう自分がいて。

なんで拒否反応を示してしまうのか、
しばらく考えていたの。

それでね、一旦答えが出たから、
此処に書いてみることにします。

染まる

…とりあえず、もともと、
『よくないものに染まる』ってことが前提の言葉だったみたい。
…でもそれは、あたしも知らなかったし、別にいいの。


あたしが引っかかったのは、其処じゃない。
そこはもう、見なかったことにする(笑

①色がつく。その色になる。

その色になっちゃうの、やなの。
誰にでもあるでしょう?
多分、あるよね、『自分』。

染まるって言うとね、自分が損なわれちゃう気がするの。
多分だけど、あたしの拒否反応は、
自分が損なわれてしまうことへの、
恐怖心とか不安感だと思う。

あたしは、『染まる』って言葉を、
自分が、自分じゃない、既存の何かに、
『自分であること』を一切残すことなく、変わる。
そういう受け取り方をしてしまったのだと思う。

それで、嫌だ、つらい、ってなっちゃったの。多分ね。



それでね、さほど遠くない意味の言葉で、
どういう言葉なら、拒絶反応を示さずに受け取れるかを
考えてみたの。

それで思いついたのが、『馴染む』。

馴染むなら、なんか大丈夫な気がした。
で、やっぱり、こっちも、
『なぜ大丈夫なのか』を調べてみた。

馴染む


①環境などになれて違和感をもたなくなる。なれて親しむ。
②調和する。ひとつにとけあう。 

ひとつにとけ『あう』だから多分、
あたし平気なのかな、と思った。

あたしが溶けて、そのまま消えちゃうんなら嫌なの。
それはとても怖いこと。

でも、なんというか、境目が溶けてゆるくなって、
小さく手をつなぐみたいに、
大半は『自分』を残しながら、
境目だけ、ほんの少し色を変えるくらいなら、
臆病なあたしにも、許容範囲なのかも。

なのかもかも。



えっと、ダメ押しでできるだけシンプルに書くとね、

染まる、は一方的に、
自分の色を手放して、相手の色になること。

馴染む、は相手も自分も、
それそのものの色は失われない、相互作用。

なのかなあと、解釈しました。
そして、『自分』っていう意識が、
まだまだ強いあたしには、
『染まる』は、
ちょっと受け入れ切れなかった感じ。





しかし、なんというか、こんなふうに、
ちっちゃいことばで躓いてしまうのも、
本当はもうやめたいのにな、と思う。

こんなんじゃおちおち、気楽に人とも話せないもの…

[2018/06/27 16:35] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

さよならを決めるのは② 

さよならを決めるのは

って記事を、この間書いたのだけど、
いま、
『さよならすべきかわからないひと』
が、数人いる。

相手が離れたいかどうかを探って、
相手が離れたいなら、
あたしから消えてしまおう、
って思うんだけど、

誰でもみんなそこまで、
心が丸見えなわけでもないから、
判断はとても難しい。



あたしが、自分で決めたらいいでしょう?
って、思う気持ちも少しはある。
でも、相手は離れたいかもしれないのに、
と思うと、恐ろしくって仕方がない。

だって、あたしは不安で仕方ない。
『羽天菜と関わりたい』って気持ちが、
あるかどうかが、不安で仕方ないの。
その気持ちが相手にないのに、
片想いみたいな感じで関わっていくなんて、
恐ろしくて仕方ない。



あたし、察する力もコミュニケーション能力も
低いけれど、それでも、
今まで、多少はひとと関わってきた。

その中で、誰かと関わっているときに、
その誰かから他の誰かに関して、
『本当はあまり関わりたくないんだけどさ、、、』
みたいな話を聞くことが結構あって。

そういうのを聞くたびに、なんだか、
哀しくなるというかね、

あたしに対しても、
そういう気持ちで、
関わるひとがいるのかな?

って考えちゃうんだ。

そうしたらね、
居ても立ってもいられない、
落ち着かない、不安定な心地になる。



あたしと関わりたくなくても、
嫌いでもかまわない。

そういう感情を持つこと自体は、
全く、そう、一向に構わない。

でもそれなら、あたしから、
きちんと距離を置くよ。
感情を見せることや、
関わろうとすることをやめるよ。

あたしが恐ろしいと感じるのは、
相手はあたしと、関わりたくないとか、
嫌いだと思っていて、
それをあたし自身は知らない、
もしかしたら、『自分だけが』知らない、という可能性。

『知らぬ間に嫌われていて、
でもあたしは、何も知らずにへらへらしている。
そして、無防備にいろんなものをさらけ出してしまう。』

、、、そんな有様を想像したら、
とてもとても恥ずかしくて、情けなくて、
哀しくて、たまらない気持ちになる。



そんなの、嫌だよ。
このひとの、あのひとの、
『本当』だけが知りたいよ。

あたしには、いらないの。
しかたなく、仲良くしてくれなくて、いいの。
怖いから。勘違いしちゃうから、いらないの。



もちろん、仕事や社会生活における、
最低限の情報交換とかに関しての話じゃないよ。
そういう話は、まあ、好きでも嫌いでも、
やらなくちゃいけないのは知ってるよ。

そういうのじゃない、もっと、
あってもなくても、『少なくとも誰も困らない』ような、
『関わりたい気持ち』を基盤にして取るような、
コミュニケーションのお話だよ。
[2018/06/27 15:25] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(3)

こんにちは。 

ちょっと、調子崩してた。
気持ちのほうで。

で、書くの再開しかけてたのに、
またちょっと動けなくなって、
家でぐったりしてみたりした。

でも、その間にデトックス期が来たりもしてたから、
もしかしたら、
そういうリズムのせいもあるのかもしれない。

今は、またちょっとネカフェで、
ちょっとPCに向き合ってみてる。

おやすみしながら、
それでもなんか書こうとはしていて。

下書きの段階の記事が、
スマホの中にたくさん。

形にされない感情は、
なかなかうまく昇華されないから、
とりあえず最後まで、
形にすることをと試みることにする。
[2018/06/27 14:58] 日常的な徒然 | トラックバック(-) | CM(0)

 

どうしたら良かったんだろう?
コントロール、するつもりだった。
甘えるつもりはなかった。
保つつもりだったのにな。

人前に弱さを晒したくなかった。
苦々しい。
[2018/06/24 17:12] 吐露・愚痴 | トラックバック(-) | CM(0)

うーん 

また、
胃腸が動かなくなってきたなあ。

毎年毎年、起こしちゃうやつだけど、
ここからいろいろ崩れてくるから
怖いや。
[2018/06/20 23:33] 日常 | トラックバック(-) | CM(0)