方向音痴と 社会の目 

昨年の あのとき
ロッカー室がわからなかった新人さんを
うまく案内できなかったときのことが
新人さんが言われた苦しい言葉が

ずいぶん 今更なんだけど
ぐるぐるぐるぐる 頭を過って
とても 苦しいから
もう そんなのは嫌だから

近いうちにきっと
男性ロッカーの場所を 覚えよう と思ってる。



昨年秋のお話。↓



ある新人さんが
あたしの バイトにやってきたんだ。
そのひとの 初日の話だよ。

そのとき あたしは
その人と 同じ分担だったんだけど

その人は あまり積極的に
人と関わったり 仕事をしたり
できる方ではないらしく

その時その人は 自分が何していいかわからなくなりがちで
その上 そのことを 先輩に質問したりも 難しいみたいで
何も言えずに 立ち往生しがちだったんだよ。

で あたしは その人と同じ分担
そして 後半は 割と近くにもいたから
その人が『・・・どうしよう・・・』ってなるたびに
声をかけて お仕事教えたり
少し話したりって してたんだ。



積極的に 動けないのは
あたしだって 覚えがあったし

初めての人ばかりだもの
声をかけられない感じも
あたしにも 解る感覚だったよ。

だから あたしは 穏やかな気持ちで
その人に 対応できていたし
『大丈夫だよ 頑張って。』
って そういう風に 思ってたよ。

それで その日のバイト上がり
あたしが 作業場からロッカーへ向かうとき
その人は 男性で あたしは女性で
ロッカー室の方向は 違うんだけど
そのまま あたしの行く方向に
ついてきちゃったの。

あたしは
『初日だしね。
偶然 すぐ傍にあたしがいたから
わかんなくて ついてきちゃったんだよね』
そう思って 確認したら
やっぱり そうだったみたいで。

あたしには 男性ロッカー解らなかったし
作業場に 男性が残っていたら
案内してあげてもらおうかな と思って
作業場まで 戻ったの。

でね

作業場に戻ったら
残っていた男性は 先輩一人だけで
その先輩に お願いしたら
その先輩が 新人さんに言ったよ。

『今日 教わらなかったの?』
(一回教わったら 解れよっていう
強くて 怖い調子で)

そして その先輩 それ以外何も言わずに
踵を返して 歩いて行ってしまった。

あたしは その言葉が とても怖くて
立ち竦んだまま 凍り付いてしまった。

その時 其処にいた 女性のバイト仲間が 新人さんに
何も言わずに行ってしまった先輩に
ついていったらいいよ って 言ってあげていた。

ああ 一度で 道を覚えられないのは
とても 悪いことなんだな と思った。



あたしは とても 怖かった。

場所や方向が 一度では覚えられないのは
あたしもなんだもの。

あたしも ロッカーの場所もそうだし
加えて 作業場の中の配置や 方向感覚すら
4?年前に入ったとき 覚えられなくて
苦しかった。

だから あたしは 入りたてのときに
休憩時間ずっと 作業場内の地図を描いて
方向確認しながら ひたすら一人で 歩き回ったよ。

同じシフトのみんなが 休憩している時間
地図描いて 眺めながら 歩き回ってるの
あたしだけだったからさ
職員さんに 感心されたけど

ただ 他のひとに 必要のないステップが
あたしには必要だったっていうだけなんだよね。

そんなことしたって あたしは
同じ時期にはじめたひとたちよりも
ずっと ずっと 出来ない子だったんだから

頑張ってるところ見られたところで
『努力したって出来ない子』ってのが
ばれるだけなんだけどねw



だからこそ 新人さんが
『一度で解るのが当然』
みたいなことを言われてる様子を見るのが辛かったよ。
自分が追い詰められている気がしたよ。

そして すごく後悔してる。
『あたしが 解ってれば良かったんだ。
男性ロッカー室の場所くらい。
入るわけじゃないんだし
覚えてればいいだけなんだし。

そんで 最初から最後まで
一人で対応すべきだった。』

本当に 本当に そう思う
一人で対応すべきだった。

そしたら 新人さんも あたしも
こんなに 追い詰められた気持ちに
ならなくて 済んだんだ。



社会こわい 人間こわい
見たくないもの 聞きたくないもの
たくさんたくさん。

『自分と同じように不器用なひと』に向けられる
苦しい言葉には とりわけ抉られる。

そのひとの中に 自分を感じる。
もしかしたら 言われてる本人よりも
あたしの方が痛いのかもしれないレベルで。

(他者の痛みは『ダイレクトには』わからないから。
 でも自分が痛いのは解るから。)

自分と同じように不器用なひとの
フォローを すべてあたしができたら
あたしはきっと 楽なんじゃないか。

世間の 器用なひとたちの言葉に
あたしが 抉られなくてすむから。



・・・結局のところ
先輩は その新人さんを
ロッカー室までは
連れて行かなかったらしいです。

他の職員さんに
バトンタッチしたんだって。

新人さんは どんな気持ちで
それを 見ていたんだろうって考えたら
やっぱり 抉られる気持ちになります。



・・・近いうちに 覚えるよ。

同じようなことが またあったらきっと
今度は 最初から最後まで
あたしが 対処するんだ。

抉られたくないから。
スポンサーサイト

[2014/01/20 15:49] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(2)

うーん 

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

[2014/01/09 10:45] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | コメント(-)

徒然 

デトックスデーなので
いろいろ 怠いです おはようございます。

眠くて 怠くて ぼんやりしてる。
そんな日ですが 今日も明日も
バイト 超勤ですw

まあ 元々 4時間バイトなので
超勤したって 6時間。

そんなに
長いわけじゃないんだけどね。



今年 できたら毎日
書き物できるようにしたいなあって
思ってさ

一日の行動を 振り返ってみたところ
家事 一度始めてしまったら
ついつい バイトギリギリまで
やっちゃう 性質とか

バイトから帰ってきて
お風呂入ったりしてたら
日付変わっちゃうこととか

そういうこと 考えたら
一番いいのは 午前中に書いちゃうことだ と
そう思って 今書いてるんだけど

慣れの問題かしら?
頭が働かないわ。

朝は 頭が働かない。

寝る前とかは 逆に
きゅるきゅる 回って
追いつかないくらいなのにw

・・・デトックスデーの
せいなのかもだけどさ。

無理やり 書こうとして
苦痛になるのも嫌だから
これでおしまい!
[2014/01/09 10:30] 日常 | トラックバック(-) | CM(0)

雑談 の 楽しみ方 

バイト先での お話です。

バイトの 休憩時間
あたしには 一緒に過ごす
お友達がいます。

その お友達とは
バイトを始めてから 3年と少し
ほとんど一緒に 休憩時間を
過ごしています。



お友達は お仕事が良くできて
頼られるタイプで

あたしは 頑張っても
あまり できるとは
言えないタイプで

バイト始めた頃

よくあるネタとして
バイトの愚痴 とかについて話すと

お友達の話す愚痴の内容が
本当には あたしに対する
ものではなくとも
あたしにも当てはまる部分を見つけて

『あぁ ここは あたしにも当てはまる
あぁ これは こんな風に
言われちゃうことなんだ...』

って ぐったり凹んでしまったり

あたしも 同じように
言ってみようとしたら
現実と噛み合わないような
ことを言ってしまったり

うまく 言えたのはいいものの
やっぱり
『愚痴の対象人物のやってること
あたしだってしてるじゃん...』って
罪悪感で苦しくなったり

あとは 家族のこととかを
話そうとすると
あたしの中の 地雷の多さに
何を話していいか
わからなくなったり

そんな感じで
全然 巧く話せなくて
苦しかったときが
けっこうあったのでした。



苦しくなって
作業場から 休憩する場所へ
移動することなく
作業場で ぼんやりしたままとか

『具合が悪い』っていって
ロッカー室とかで蹲ったまま

休憩時間が終わるのを待ってみたり

『結局のところ
あたしは一人でも平気だもの』
って 考えて
ひとと一緒にいること自体
諦めてみようとしたことも何度も。



自分も 相手も
苦しくならない会話がしたくて

家族とも 仕事とも
全く関係のない
『もの や こと』の話をしよう って
思い始めたのは
一昨年だったかな。

そんで
一昨年の 多分
クリスマスシーズンだったから
『サンタクロースの資格について』
のはなしを 多分した。

資格の取り方とか
携帯で 海外のサンタクロースの
画像を調べてみたりとか
黒いサンタクロースについて
知ったりとか...

携帯片手に わいわい話しながら
気の向くままに 調べて 驚くのは
とても 楽しかった。

バイトの愚痴や 家庭のことみたいに
罪悪感やら 地雷やらに
怯えることもなく 気楽でいられた。



そんな感じで うまくいって
今でも 雑談は
家族とも 仕事とも全く関係のない
『もの や こと』
について 話すことにしている。

主に 日常で 疑問に思ったことや
ちょっと 面白いかも と
思ったことを 一緒にわいわい
調べたりしてる。



このあいだは
『ラストクリスマス』の
意味を調べた。

『秘密のアッコちゃん』の
よしこちゃんや
『サザエさん』の
花沢さんは どうして
ヒロインにはなり得ないのか
みたいな 話もした。



だんだん
大丈夫になってきたみたい。

そして
わかってきたみたい。

あたしたちにとっての
自分も 相手も
苦しくならない会話の仕方。
[2014/01/07 22:42] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

バイト初め 

お仕事をしているとき

あたしはよく

自分だけ 空気が読めない
取り残された 子供で

周りがみんな
何でもわかっている大人で

何もわからないあたしは
何でもわかっているみんなに
囲まれて 怯えながら

『必死に
何かをわかっている
振りをしている』

ような 心地になる。



「『大人たち』は
実際のところ
あたしが どれほどまでに
取り残されているのか
わかっていないのか について
どのくらいまで
見抜いているのだろう。」

そんなことを 想うとき

『大人たち』は
大人たち どころか
『怪物』のように
見えてきたりする。

見抜かれてしまうことは
とても 恐い。



注)本当は あたしは大人だし
あたしより 年下の バイトメイトは
たくさんいます。

ただ 実際に関わっているとき
あたしの びくびくっぷりと
相手の しっかりした感じで
なんか みんなが上っぽく
感じられてしまうだけで。

そして 基本的に みんな親切で
いろいろと 必死なあたしを
フォローしてくれます。

それなのに
恐いのが抜けないのです。

『自分だけが わかっていない感じ』が
付いて回って
多分 その感じが
恐さや 自分だけ子供な感覚 に
繋がるんだろうな と 思います。

親切なのに 怯えてごめんね。

気持ちを 解そうと
笑顔で フォローしてくれて
ありがとう。

でも
その気持ちは 嬉しいからこそ
それに 応えようとするんだけど
巧く応えられない 苦々しさが
新しい 自己嫌悪の渦になって
あたしを 飲み込んだりなんかして。

うぎゃあ で うぎゃあ で
ぎゃあぎゃあぎゃあ な 感じです。
[2014/01/06 22:45] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(4)

ブックカバー作り 



バイト先で
諸事情により 社交性を
若干 控えめにしている この頃。

ミーティングの前の空き時間とか
通勤電車の中とかで
よく 本を読むのだけど

本を汚したくない...
というよりも
自分が 何を読んでいるか
あまり いろんなひとに
知られたくないなーと思っていて

ブックカバーを 100均やら
文房具屋さんやらで
探してはいたのだけど

あまり 気に入るものが
見つからなかったり
見つかっても
高かったりなので

仕方ないねー 作っちゃお!
って感じで

生まれてはじめて
ブックカバー作りました。

...型紙無しで
100均のカバー参考にして
結構 適当だったけど
意外と 形になったみたい。

裏地付けてないから
ペラペラ過ぎるし
こっそり 表紙 透けたりだし
まだまだ 下手くそだけど。

今度は きちんと 裏地つけて
もう少し しっかりした形にしつつ
飾りとかも いろいろ
遊んでみようと 思ってる次第です。
[2014/01/06 02:28] 日常 | トラックバック(-) | CM(0)

腹痛。 

昨日は
深刻じゃない程度の
体調不良だったけど
本日は がっつり腹痛

うーん(;´д`)

そんなわけで
がっつり寝てた
[2014/01/03 23:34] 日常 | トラックバック(-) | CM(0)

正月とやら。 

本を読む
テレビを観る
ネットをする

昨年とった画像で
アルバムを作る作業をする

夜更かしをする

生活習慣が乱れて
目も疲れて
肩も凝ったりして

深刻じゃない程度に
体調は良くない



どうしようもなく
正月らしい 正月だ
[2014/01/02 22:33] 日常 | トラックバック(-) | CM(0)

あけました。 

あけました。らしいです。
あたしは 昨日今日バイトで
明日明後日 休みです。

年末年始なのに 云々 って
気持ちは 全くないです。

同じ期間休めるか もしくは
働いた分 お金もらえるなら
その休みが いつなのかってことには
あんまり 拘りがないの。

むしろ 休みの欲しい時期が重なる
お盆とか 元旦とかに
休みの取り合いになって
悔しい気持ちとかの
押し付け合いになるのとか 恐いし。

まぁ 元々 土日休みだし
土日休みだけでも充分
夫との休みとか
大概の友人の休みとかとは
重なってるし。



バイト行くために
おうちの最寄り駅まで出て
駅のそばの スーパーが
お休みなのを 確認して
あぁ 元旦なんだなぁ と 思う。

まぁ 明日には
きっと 開店してるんだろうなー。
[2014/01/01 17:16] 日常 | トラックバック(-) | CM(2)