相手が ひとり ふたり さんにん 

相手が ひとり のとき
あたしは 自分が 相手と
どう関わっていいか
比較的 よくわかる。

相手 ひとり と あたし
あたしが みつめるのは
それだけでいい。

あたしは 相手がひとりならば
比較的 上手に見詰められる。

解釈も 対応も 心を注ぐのも
然程 頑張らなくてもできる。

あたしは 相手が複数になると
突然 どう関わっていいか
解らなくなる。

やること自体は
ひとりがふたりになったって
ふたりがさんにんになったって
同じなのにね。

でも 相手がひとりのときには
なかったはずの難しさが
相手が複数のときには
確かに 生まれていることを
感じるんよね。

それが 具体的に何かっていうのは
実は よくわからないんだけど。
スポンサーサイト

[2013/10/28 22:51] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

空気読めるんだって。 

空気読めない自覚のあるあたし。

でも 心理検査によると
『空気読む力は平均よりずっと上』なんだってさ。

でも やっぱり 読めてない気がするし
それでも 能力的には読めるはずとして

『今現在 読めてない』『能力的には読める』
その両方が 正しいんだとすれば

もしかしたら あたしが空気読めないのは
トラウマとか 嫌悪とか
何らかの 心理的な理由なのかしら?

例えば 低い能力のせいってことにして
それを 言い訳にして
『空気なんて 糞喰らえだ』
っていう気持ちを 誤魔化して
隠しているんだとしたら?
そんな風に 考えて

『空気なんて 読むもんか』
『そんなもん 大嫌いだ』
って 思うような出来事
今までになかったかしら
あったとしたら その時の感情は
きちんと 昇華されているのかしら なんて
自分で 自分の記憶やら
見直してみたら

嫌になるほど 生々しい
ぐちゃぐちゃの 未解決の感情が
『社会や空気を憎む 未解決の感情が』
あたしの中に いくらだって
残っているのを感じて



嗚呼 あたしね
空気 読めないのではなく

その他の理由が やっぱり
あるのかも しれないなあ。
[2013/10/28 00:49] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

考え過ぎ 考え無し 考え足らず 

ぐるぐる いろんなことを考えていて
周りの人たちに それを話した時
『考え過ぎ』って 言われる事がある。
『他の人は そこまで考えてないよ』
って 言われたりする。

そう言われたとき あたしは
そうかもしれないなぁ って思う。
確かに あたしと同じくらい
ずーっと ぐだぐだ 考えてしまう人は
そんなに 多くないように見える。



でもね あたしね 思うんだ。

いくら 他の人より
長い時間 考えていたって
いくら 他の人より
深刻に 考えていたって。

多数決で 勝てるような
社会的に YESとされるような
そんな考えに 辿り着けなければ
どうしたって それはね
『考え足らず』とか『考え無し』
っていうことに なるんじゃないの?

考える っていう行為を
どれだけ長く どれだけ深刻に
やったかどうかなんて
ほとんど関係なくて

辿り着いた答えや
それから導かれる言動が
社会や 多数の人間の思惟と
噛み合ってるとき

ようやくそれは
『ちゃんと考えている』って
認められ得るんじゃないかなあ。



そういうこと 考えてるとね
あたしは 人が数分で導く答えを
数日 数か月かけて考えても
解らないことがあるけれど

それだけの間 考え続けたって
多分 あたしは依然
考え足らずか 考え無しのまま。

例え あたしが あたしなりの答えや
其処から何らかの言動を
導くことができたとしても

辿り着いた答えや
それから導かれる言動が
社会や 多数の人間の思惟と
噛み合っていないなら

多分 あたしは依然
考え足らずか 考え無しのまま。
[2013/10/28 00:32] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

人が離れていかない 必要条件 2 

そう 自分から 相手を
『完全拒否』を しないこと
それが その相手を
自分の周りから消さないってことは

自分を 孤立させない
必要かつ最低条件なのかしら って
考えてたのよね。

『あのひと ひとりくらい
 このひと ひとりくらい
 拒絶したって いなくなったって平気。

 むしろ 一緒にいたら
 あれが腹立って これが許せなくって
 苦しくて たまらない』

拒絶するときには
確かに そう思うんだけど。

『拒絶したい いなくなったって平気
 苦しくって たまらない』

そんな風に 思う相手なんて
いくらだって いるし
そういう 出来事なんて
いくらだって 起こる。

そんな 世界の中で
あれが嫌だったから あの人とは サヨナラ
これが辛かったから この人とは サヨナラ

そんなことばかり 繰り返してたら
何処に行っても あたしは
いつの間にか 孤立していくのかもしれない。



それくらいなら 多分
人が離れていかない 必要条件
で 書いたみたいな

呆れるくらい 飄々と
時には笑いながら
悪口も愚痴も言い放って

それでも その対象の誰かを
自分の周りから 消さない 拒絶しない
あたしの周囲の誰かのほうが
きっと よっぽど適応的で マシなのだ と思う。

そう考えることは
なんだか 悔しくて 哀しいけれど
きっと そうなのだと思う。

ある人の前では 別の人の悪口を
別の人の前では ある人の悪口を
そんなことを 例えしていたとしても
きっと あたしよりは マシなんだと思う。

ゆっくり 静かに 相手を
自分の中から 順番に消して
いつのまにか 自分から孤立するような
あたしなんかよりは ずっと。



あたしにできる あたしにとって無理のない
あたし自身を 孤立させない 心の持ち方とか
「ん?」の 上手な扱い方を
探してみようと思う。

無いわけじゃない 気がするんだよね。

『ん?』って感じて
あたしが 過敏な状態になった後
それが ある程度落ち着いて
苦しくなくなるまでの間

あからさまに 相手を拒絶することなく
さらり さらり と
『必要最小限の受容的な態度』
を 取り続けることさえ できたらいい。

自分の 不快感情を 抑圧しつつの
『受容的態度』っていうのは
あたしみたいに 感情と言動が
無駄に 直結しがちの人間には
なかなか難しいけれど。

今現在 そうしている自分を
想像しているだけで
爆発しちゃいそうな心地だけど。

・・・やばい やっぱ
なんか できそうにない・・・

うわあ・・・
[2013/10/23 15:26] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

人が離れていかない 必要条件。 

3日くらい前から 考えてたんだ。

いま 沢山の人に囲まれている人は
最低限
その沢山のひとたちのうち誰一人
自分からは
拒絶しなかった人なんだよね
っていうことを。

勿論 誰のことも
拒絶なんかしなくても
周りに人なんか集まらない なんてことは
よくあることだけども

(多分 拒絶なんかしてなくても
あたしもそうなんだろうけど)

でも 少なくとも 誰か一人
自分から 拒絶していれば
その誰かは 自分のそばには残らない。



ちなみにあたしは
自分が苦しくなってくると
拒絶ばっかりしてる気がする。

意地悪や 嫌がらせ 無視なんかは
気が咎めるから しないけど
避けることは よくある。



ちょっと 「ん?」って
思うようなことがあって
『でも きっと 大丈夫』って
何も伝えずに 耐えて

違和感を感じながら
それを無視して 愛想を保つうちに
自覚もなしに
自分の限界を超えている。

限界を超えると
相手に嫌悪感しか覚えなくなる。

こうなるともう 相手が
あたしの周りから消えることに
何の抵抗もなくなる。

多分 その繰り返しで あたしは
人間関係を 続けられる可能性を
自分から 捨ててきた。



周りのひとたちを眺めていて
誰かの何かに対して
「ん?」って思うことが
あたしだけ 特別多いようには
正直 思わない。

だって 『悪口』や『愚痴』の量
それだけで言うなら あたしよりも
ずっと 多いひとたちがいるんだもの。

「ん?」って思うことがあるからこそ
『悪口』や『愚痴』が
飛び出すのでしょう?

それでも 大抵 そのひとたちは
好きでもなさそうな
寧ろ嫌いでありそうな
相手を 拒絶したりはしない。



あたしと 彼らのちがい。

『悪口』や『愚痴』なら
いくらでも 飛び出すのに
周りのひとたちを拒絶せず
結果的に 悪戯に孤立しない 彼らと

あまり そういうものを
誰かと楽しむこともできないから
『悪口』や『愚痴』が
そんなには とびださないけど
結果的に 悪戯に孤立しがちなあたし。



軽々と 飄々と
そういう言葉を言い放ちながら
追い詰められているようには 見えない彼らと

次第に追い詰められていく 自分に気づかずに
関わり続けた挙句
当たり障りない 関わりすら
困難になるくらい 大嫌いになるあたし。
[2013/10/22 22:26] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

ラプンツェル読み返してみた 

ラプンツェル読み返してみたら
なんだか 魔女さんが
とても気の毒に思えてきた。

元々
『自分の庭に生えている
ラプンツェルと引き換え』
って約束でもらった娘だから

非はどちらかと言うと
隣のひとにあるのだし。

大して関わりがある前から
『恐ろしい魔女』って
隣のひとから言われるってことは

きっと 御近所さんとか
みんなそういう風に
こそこそ噂しながら
怖がって近づかなかったんだろうな。

そんなんじゃ 魔女さん
孤独だっただろうし
周りに警戒心も持っちゃうよ。



そんな近所と愛娘が関わって
愛娘が 自分(魔女)を 悪く言う
近所の言葉を真に受けて

やっと手に入れたはずの
最後の味方みたいな存在が
自分の下から去る とか考えるだけで
苦しかったかも。
だから閉じ込めたのかな。



それでも 魔女は
あたしは 優しいと思うんだよなぁ。

だって 魔女はきっと

【御近所さんや 世間や 人間は
『悪』である】

という風には 愛娘に
教えなかったもの。

だって そうでなければ 愛娘はきっと
王子様を受け入れたりは
しなかったでしょう。



魔女は優しいよ。

約束をして 信じて
自分の庭のラプンツェルをあげたし

自分と 何ら直接的な関わりが
なかったであろう 御近所さんが勝手に
『恐ろしい魔女』って呼んでも
自分から 愛娘には
(御近所さんはひどい とか)
そういう偏見を植え付けるような
教育は しなかった。

魔女は少なくとも
魔女の 御近所さんたちよりも
ずっとずっと

優しいと思うよ あたしは。
[2013/10/13 02:48] レビュー | トラックバック(-) | CM(0)

おかしいね 

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

[2013/10/12 23:34] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | コメント(-)

感受と解釈 2 

感受と解釈
にも きっと絡むこと。
この間 夫に
『人の言動を悪意的に捉えるな』
っていう話をされた。

あたしも 実は それは思っていて
たとえば バイトとかで 誰かに
『不穏』を感じてつらいとき
(『様子がおかしい』のは正しいとして
 悪意的ではない解釈は・・って考えて
 思いついたのがこれだったから)

『不穏を感じてつらいとき』
相手の人に 恐る恐る
「体調 悪いですか?」
って 聞いてみるようにしてみるのを
始めたのは 多分 数ヶ月前。
(夫と話すよりはかなり前だけど)

とりあえず 比較的声をかけやすい人に
二回ほど試してみたら
二回とも「なんでわかったの?」
って 言われたのだった。

あとは 不穏を感じて
苦しい気持ちでバイトをして
一段落したときや 後日
「あの時は 大変だったね(対処する物量的に)」
言われることがあったりした。

そんなかんじだから あたしの感じる不穏は
きっと とても範囲が広くて
『体調不良』『忙しさ』『(当然)苛立ちとか』
そういうものが 一緒くたに
『不穏』という形で『感受される』のかもしれない。



ほかの人は どうなんだろう?
こんなことは ふつうなんだろうか?

ほかの人も 『不穏』だけは 真っ先に感じて
その内容がわからなくて
恐ろしい心地になったり
するんだろうか?

これが普通のことなのか。
人間関係の 未熟さのせいなのか。
能力の偏り(障害等による)に関することなのか。
人格形成(育ち等による)に関することなのか。
[2013/10/10 15:09] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

感受と解釈 

感受と解釈。

あたしの アンバランスな部分。
(だと 最近思う部分)



なんで それが
アンバランスなんじゃないかと思うかっていうと
あたしは『何か(主に違和感や不穏な感じ)』
を感じて 不安になるし ピリピリしたりするけれど
それが何か自体は あまりよくわかっていなくて

あたし自身は それを
自分に対して不満があるのだと
もしくは 腹を立てているのだと
もしくは 嫌いなのだと
そんな風に感じてしまいがちで。

その結果として
相手がいる場合は 問い詰めてしまったり
或いは 避けてしまったり
或いは 泣いちゃったり
してしまうんだけど

後から聞いてみると その相手は
疲れていたり 忙しかったり
別の何かで イライラしてたり
実は具合が悪かったり
あたしが原因でないことも いろいろあって

そして もちろん
実際に あたしに対して 怒っていたり
呆れていたりすることも あるんだけど。



なんというか 不穏な空気 だけは
(多分)かなり早く 気づいて

その『不穏』の 内容が ちっとも見えないままで
ただ 『不穏』だけが あたしの内面で
恐怖を伴って ぐるぐる巡り

それから その『不穏』を
きちんと 解釈できるまでの間が
ものすごくつらい。 



バイト先でも そう。

バイト中に 人がやたら
ピリピリしているのを感じるとき
あたしは 恐怖を感じるし 萎縮する。

そして 真っ先に考えるのが
『きっとあたしが 何かした』
っていうことや
『あたしが いやなんだろうな』
っていうこと。

そして その感覚がつらくて
下手したら 終始泣きそうな状態を
キープすることになっちゃうし
上手に 身体を動かすことも
難しくなってしまうから

なんとか うまく働こうとすれば
その感覚もろとも
いろいろな感覚をシャットアウトしたり
あたしの中の 別の空想に
必死になって 集中してみたり
ってことに なってしまう。



おうちでは もっとひどい。
あからさまに 問い詰めてしまいがちなのは
おうちでのほう。

問い詰めてしまうし
恐怖に負けて
怒鳴ってしまったりする。



周りの人に 迷惑をかけて
あたし自身も 苦しくて。

・・・なんでなんだろう。

要らないものばかり 敏感で
大切なものが 遠い。
[2013/10/10 14:42] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

twitterに 変な画像流す若者 

ってさ

職場に迷惑かけて
解雇されたりすることとか
きっと 全然怖くないんだろうな
って 考えてたら
なんか つらくなってきた。

あたしは 敢えて悪いことなんて
しようが しなかろうが
一生懸命やろうが サボろうが

よく 解雇されるから
そういうの とても怖いよ。

ああいうひとは そんなこともないし
きっと 働かなくちゃいけない
動機も あまりないんだろうな。

あたしは お金のこともそうだけど
たとえ そうじゃないとしても

社会で なんとかやることは
あたしにとっての
一生の課題でもあると思うし

(子供できたりで お仕事やめても
そのあとの 子供に関わる
人間関係とかも 課題だと思う)

あたしにとっては とてもシビアな
ことなんだけど。

あと あたしは 人間関係も仕事も
いつも うまくできなくて
社会では 大抵いつも
びくびくしているから

敢えて迷惑かけたあとの
相手の反応とか
怖くてたまらなくて
到底 そんなことできない。

怖いもの。



こういうこと やるひとの
気楽さというか
生きるのが簡単そうに
見える感じというか

そういうのが 時々
どうしようもなく
許せない心地になる。

我ながら
理不尽な感覚なんだけど。



生きるのが
簡単そうであること自体が
悪いことでは きっとない。

それでも あたしは
今まで 何度か
そういうことで
不機嫌になってしまっている。

どうしてなんだろう。

どうしてなんだろう。
[2013/10/06 22:36] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)