ドラッグストアにて…いち 

実は 地味に 考え事が止まらない

昨日もそうだったけど あたしね
結構よくあるんだ
恐らく 知的障害者であろう人が
突然 すごい勢いで向かってきたり
そんな感じのこと

そういう おはなしのひとつ
ちょっと 書きたくなったんだ

あたしね 一年前かな 二年前かな
とあるドラッグストアに行って
買う物をカゴに突っ込んで
レジに並んでたんだ

それで漸くレジにたどり着いて
精算 て時になってね

あたし特に意味もなく
ぼんやり周りを見回したんだ

そしたらね
多分障害者の方とね
目があったみたいで…

あたしの後ろには
他の人が並んでたんだけど

その人は急にこっちにきて
あたしと他の人の間に
するりと入り込んで
あたしの背後十センチくらいのとこに
張り付いてきた

その人は何も持ってない
買う予定も多分ない
でも ぴたっと張り付いてる

あたしよりもずっと
身体が大きい男性

あたし 怖くなって
酷く混乱して
立っているのも精一杯

で 不意に その人に
『ねぇ』て 言われて

あたしの恐怖と混乱は最高潮に達した

あたしはカゴをレジに置き去りにして
わき目も振らずに 店を出た

心臓がバクバクして苦しい
身体に上手に力が入らない

このひとはなに
一体何がしたいの

何故こんなことをするの
訳がわからない
訳がわからないことは怖い

知らないひとに
こんなにも近づかれることは怖い

あたしは逃げた 兎に角逃げた
ドラッグストアの外に出たからって
安心なんて出来なかった

訳のわからなさは
全て恐怖に変換されて
膨れ上がって
あたしの混乱に拍車をかけた

でも そんな中で
あたしがドラッグストアから
逃げ出す瞬間か 少し前か
とりあえずあたしが 怯え始めてから
実際に出ていく前までの何時かに

その人は 言ったんだ
すぐ傍にいる あたしにしか
聞こえないくらいの
小さな小さな声で

『ごめんね』って

あたし 正直 その人が
きちんと言葉を話せるなんて
わからなかったから
とても 驚いたんだ

すぐに その驚きも
強大な混乱の
一部に変わったんだけど

『ごめんね』かあ
『ごめんね』かあ

うん

勿論その時は あたしの脳ミソも
気持ちも何もかも
恐怖でいっぱいだったから

(『見ず知らずの』
『身体の大きい男性』が
『突然』
『場所が満員など
仕方ない状態でもないのに』
『背後十センチ程度の場所に
入り込んできて』
『張り付いてる』
それだけの理由があれば
あたしが 恐怖で混乱状態に陥るには充分)

わからなかったけど

今 考えるとさ
あたしにはその人が
その人の行動が
怖くて 混乱するほど
解らなくて
解らなくて
たまらなかったけど

その人はきっと
解ってたんだよね
あたしが酷く怯えてることも
それがその人の行動故だってことも

だってそうじゃない
謝る てのは そういうことだと思うの
少なくとも
自分に責任があって
相手に迷惑や負担をかけた てことが
わかったってことだと思うの

そしてその迷惑や負担が
物理的なことならまだしも
あたしはすごく怖かったし
マナーとかから言うなら
その人は滅茶苦茶だと思うけど
傍目にみて明らかなような
具体的な何かをされた訳ではない
(暴力や罵倒や盗難など)

その人は 解ってて
あたしには 解らなかった

行動はあたしから見たら
訳がわからなくて怖かったけど
その人は あたしなんかより
ずっと 『解って』いた

傍目にみたら多分
(あたしの思い込みだったらごめんなさい)
あたしの方が多分 振る舞い自体は
一般的だったろう

傍目にみたら多分
(あたしの思い込みだったらごめんなさい)
その人の行動は あまり一般的では
なかっただろう
(いきなり入り込んできて
背中に張り付くのは
やっぱりおかしいよね?)

あたしの方が行動はまともだろう?
傍目には普通だろう?

でも 『感じとること』に関しては
そうではないかもしれない

あたしには相手の意図も感情も
なにも解らなくて
その人にはなにかが
解っていたのだから

あたしの感情が
その理由の場所が
少なくとも 謝罪の言葉が
飛び出すくらいには
解っていたのだから

あたしは『怖い』だけだった

その人は 多少なりとも
『解って』そして『思いやった』
スポンサーサイト

まったり日記のはずだった 

今日は 午前中から
ドラッグストア回って
必要なものを買って

友人と会って
お茶して 一緒に図書館行って
また 休憩して お話しして
友達は 帰宅

あたしは 喫茶店に残って
図書館で借りた 漫画や本を
バイトまで
だらだら読んでた



少し 睡眠時間が足りなくて
喫茶店も涼しくて気持ちいいから
何度か うとうとしながら
でも 特に それに 逆らって
ガッツリ起きてる意志もなくて

ただ 熟睡して
バイト 遅刻しちゃったら
いけないから

ゆるゆる うとうと しながら
おやつ 食べるみたいな気持ちで
難しくない 文字を追ってた



最近 きっと あたし
小学生くらいのころ
読んだと思うような本を

多分 十年以上ぶりに
再読してみたりしてる

宮沢賢治 新美南吉
小川未明 今西祐行
とかあたり かな

難しいのが めんどくさくて
青い鳥文庫とか



漫画は ぼのぼの
こっちは 読んだことなかったけど
グリーの とあるお兄さん(?) が

あたしを『ぼのぼのちゃん』て
呼んだから
ちょっと 興味を持って
読んでみた(´∇`)

ゆるい空気と
くるくる回る 思考回路が
なんか 心地いいです



と ゆるーい 気持ちで
まったり 過ごしていたのに



なにやらさっき

喫茶店の外から
知能障害者か わからないけど
兎に角 身体の大きな男の人が
震えながら喫茶店に飛び込んできて

なんか知らないけど
あたしのいた席に
一直線に向かって来たので
あたしは 喫茶店を出て
バイトに向かうことにしました

なんだってんだ



喫茶店を出たら
あたしのいた場所に
どっしり 座り込んで

周りに数人
店員さんや お客さんが
集まってました

あたしは構わず
駅へgoします



うーん( ̄~ ̄;)



書き始めたときは
ただの まったりした
日記だったはずなのにな

へんなのー
[2011/08/24 17:11] 日常 | TB(0) | CM(0)

羽根がボロボロ 


バイト先の壁に居たよ

近くに寄って
写真を撮っても
逃げなかったよ

動かなかったよ

大丈夫かな



[2011/08/23 17:48] 日常 | TB(0) | CM(0)

糧 

大丈夫

出来事そのものが
苦しくても 哀しくても
痛くても 情けなくても

ひとつ ひとつの出来事が
あたしにひとつ『経験させて』
あたしにひとつ『学ばせて』
あたしを少し『賢くさせる』

それらが
未来のあたしが生きるための
小さな 糧になるならば



この出来事には 価値がある
この試行錯誤には 価値がある

苦しみにも 哀しみにも
痛みにも 情けなさにも 価値がある

未来のあたしが生きるための
小さな 糧になるという
充分な 価値がある

小さな 

丁寧に聞くこと
丁寧に話すこと

自分自身で
あり続けること

混乱に気付けること
混乱任せに
突っ走らないこと

勢いで
言葉が飛び出す前に
それが自分にとっての
『本当』かどうか
問い直してみること

その言葉を発することで
罪悪感を感じたり
哀しくなったりしないか
考えてみること

『其れ』を伝えるために
『其の表現』を選ぶことが
最低限 自分だけは納得できる程度の
品質?であるか 考えてみること



口から出る前に
ほんの少しだけ 立ち止まって



最近 職場で
益々 うまく
いかなくなってきたから

小さな 自戒 を

08/08のツイートまとめ 

hatenatsuki

毎週末はオシャレなパーティにお出かけ。ハイクラスな会話と洒脱な恋愛ゲームが生きがいなあなたを犬にたとえるとフレンチ・ブルドッグです。【犬診断byいぬのきもち】 http://t.co/AEnwQO4 #inunokimochimb
08-08 13:56


[2011/08/09 00:00] twitter | TB(0) | CM(0)

08/07のツイートまとめ 

hatenatsuki

神様「おまえの願いを三つ叶えてあげよう」 彩錐「なんか甘いものください!CDデビューしたい!可愛い女の子に生まれ変わりたい!」 http://t.co/fl4DBeL
08-07 22:47

神様「おまえの願いを三つ叶えてあげよう」 羽天菜「忍者になりたい!お水を1杯ください!いい奥さんになりたい!」 http://t.co/fl4DBeL
08-07 22:46


[2011/08/08 00:00] twitter | TB(0) | CM(0)