FC2ブログ









ぼんやり 

とても 暑い日だった

今日は 図書館に行って
前に借りた本を返して
新しい本を借りて
バイトの時間まで
バイト先最寄りの駅の喫茶店で
のんびり 読書

ところが 読書始めたのが
午後の2時くらいだったのに
4時くらいまでは
集中のスイッチ入らず
まともに 読めたのは
たった 一時間半だったっていう

まあ いいさ
あたしは 集中力onが
例え 遅くなっても
そういう日の次の日は
結構 スイッチ
入りやすかったりするし

まあ 今週の家事済ませてあるし
明日も 夕飯と洗濯だけ済ませたら
どこかでのんびり
本でも読もうかしら



暑いなあ と 呟きながら
水浴びの心地好さは
この季節ならではだよなあ と考える

大嫌いなようで
それだけでも なさそうな
あたしにとっての 夏

大好き では
全く ないんだけどね



夏 ていうのは
生まれたときから 夏であって
暑いのも ジメジメしてるのも
暑さが海を気持ちよく感じさせるのも
蝉の脱け殻が たくさんみつかるのも
最初から 決まってて

良いも悪いもない
ただの そういうもの を
好むも嫌うも 個人に任されてる

そんなことを
ぼんやり 思う



いいも悪いもない
ただのそういうもの を
好きになったり
嫌いになったり

それは 相性なのかな
夏のもつ 特性と
其々 個人のもつ世界観との
相性

夏の特性と 個人の世界観が
うまく 寄り添えば
人は 夏を好きになる?



なんて ぼんやり ぼんやり



眠ろう

明日も バイトまで
涼しいどこかで
ゆっくり本を読むんだ
スポンサーサイト




[2011/06/30 00:34] 日常 | TB(0) | CM(0)