03/30のツイートまとめ 

hatenatsuki

@hyec もうちょっと‥
03-30 10:32

ただし 歯磨き粉は 買ってある。困ってない。でも歯磨き粉はまだ まだ 残ってるはずなんだもん!
03-30 10:31

残り少ない歯磨き粉。両手で搾り出す、歯磨き粉出る、歯ブラシ構える、歯磨き粉引っ込む。両手で搾り出す、歯磨き粉出る、歯ブラシ構える、歯磨き粉引っ込む‥両手で‥
03-30 10:29

うう。のどの右斜め奥が痛い。異物感ありあり。絶対何か詰まってる!とりたい。とーりーたーいー!
03-30 09:57

@taniyama_ 『君はお釈迦様のてのひらの中に閉じこめられた! 脱出しなくては。周囲を探索し、以下の物を見つけた。何かの部品・黒ヤギさん・丸鋸。』 http://shindanmaker.com/4804 #tanishin とりあえず黒ヤギさんに相談します。
03-30 09:50

スポンサーサイト

[2010/03/31 00:00] twitter | TB(0) | CM(0)

03/28のツイートまとめ 

hatenatsuki

『@hatenatsukiは砧公園に突如出現した巨大カプセルに閉じこめられた! 脱出しなくては。周囲を見た。何かのリモコンを見つけた! メガホンを見つけた! ピンセットを見つけた!』 http://shindanmaker.com/4804 #taniyama_
03-28 14:33


[2010/03/29 00:00] twitter | TB(0) | CM(0)

03/27のツイートまとめ 

hatenatsuki

@hyec ほしい
03-27 00:46

@hyec 夕飯たべた?
03-27 00:32


[2010/03/28 00:00] twitter | TB(0) | CM(0)

おんなのこ限定記事 

今日は一日
頭がひたすら ぼんやりしてて 。

今も 脳味噌に霧がかかって
身体が どうしようもなく重い 。

こういう日は たまにある 。
あたしの体調には リズムがある 。
大まかに言って 月単位 。



日にち確認してみたら
あと一週間ほどで 女の子の日でしたw
どうしようもなくだるいのはきっと
そういう理由だなぁ 。
代謝が良くないのも きっと其れが理由だな 。

ああ 準備に入ってるんだなって思ったよ 。
あたしの身体が 女の子の日の準備を始めてる 。

どうしようもなくだるいのは
身体の中の 悪いものを全て
感じられる場所に 浮き上がらせて
女の子の日に 一気に
外に出してしまうための準備 。

代謝が良くないのはきっと
女の子の日を乗り切るために
脂肪も 水分も 大量に必要だから 。



がんばれ っておもいます 。
あたしの からだ 。

がんばれ がんばれ あたしのからだ 。
まいつき ほんとに おつかれさま 。続きを読む
[2010/03/27 12:43] おんなのこ限定記事 | トラックバック(-) | CM(0)

深夜のつれづれ 

<1>

誰でもとは断定しないが、少なくともあたしは、
人から悪意のようなものを、感じることがある。
視線や口調、態度や表情から。

だけどあたしは、あくまでも相手の中の、
悪意の有無を、感じ取れるなんて有り得ないと考えてもいる。

悪意の有無なんて、本人にしか、
もしくは、本人にすらわからないような、
心の中の出来事。

そんなの、外側の人間であるあたしが、
他人であるあたしが、判断なんてできるはずがないと、
そう考える傍らで

現実に『相手の悪意のような何か』を感じることで、
身動きが取れなくなる自分がいるのも事実。

時々考えるんだ。
あたしは、相手の『目に見える(表現されている)どの部分』を見て
『どういうフィルターを通すことで』
相手の中に悪意を見てしまうのか。

そしてその『あたしのフィルターの精度』は、
どのくらいあてになるのか。

あたしが見る悪意のうち、
相手が実際に悪意をあたしに向けている割合は、
どれくらいなんだろう。
それと同時に、あたしが悪意なんて感じない誰かが、
あたしに悪意を向けている割合は?

でも結局わからない気がする。
だって、答え合わせなんてできないもの。

<2>

ちなみにそれを逆から考えると、
他人からは、悪意の有無、その他諸々、
あたしの内側なんて見えやしない。

あたしに他人の内側が見えないように、
他人にも多分、あたしの内側は見えないだろう(断定はしないが)

だから、あたしが無邪気に言った言葉に、
相手が悪意を見てしまったとしても
逆に、悪意から相手をけなした言葉に、
相手はただ、ふざけあっただけ、とみたとしても、

それはちっともおかしくない。

それこそ、人間と人間の間は、そういう風にできている、
ということに近いのではないかと思う。

<3>

話は変わるが、
仮にそんな風に人間と人間の間ってものができていたとしても、
人には『理解しあいたい欲求』があることをなんとなく感じるし、
『理解し合えないこと』に、
どうしようもなく苦しむ人を見ることがある(あくまでもあたしの主観だが)

そんな風に人間と人間の間ってものができている、としたら、
その欲求は非常に残酷で無意味じゃないか。
理解が叶わないとしたならば、
『その欲求』は、人を苦しめる為だけの毒じゃないか。

それでもあたしは、その欲求が多くの人にあるという事実は、
『人間が、進化の中で培ってきたもの。
 ということはその欲求は恐らく、人が生きるために必要なものなのだ』
ということを示しているんだろうと考える。

<4>

お互いの脳みそを覗くことはできない、
厳密に理解しあうということは難しいという事実(?)を背負いながら、
理解しあいたい欲求を多くの人間が持っている。

そしてその欲求は、人間が生きるために意味のあるもののようだ。

もしも 本当にそうだとしたら
それには一体 どんな意味が?
社会生活する生き物だから意志疎通は不可欠だから?

でもそれならどうして『完全に理解しあう』能力ではなく、
『理解を求める欲求』なのか。

能力はなくても、欲求だけにも意味はあるのか?
『能力はない前提で、欲求だけはある』
だからこその意味のようなものは、あるのか?

<5>

其の欲求が無ければ
どんな風に不都合が生まれるのか

とか・・
考えてまとめたいなあ と思いつつ・・

今日はもう良いや 。
エネルギーが余ってて
気が向いたとき また 考えようっと★

続きを読む
[2010/03/27 00:36] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

03/26のツイートまとめ 

hatenatsuki

だらだら ネット中 *MZ4*
03-26 23:43

@hyec 終電平気なのかね・・仕方ないけど・・
03-26 23:39

RT @hyec はい
03-26 23:35

@hyec お仕事 まだまだかかりそうなんだね
03-26 23:27


[2010/03/27 00:00] twitter | TB(0) | CM(0)

03/24のツイートまとめ 

hatenatsuki

『@hatenatsukiは殺人現場の密室に閉じこめられた! 脱出しなくては。周囲を見た。青いガラス玉を見つけた! 一袋の黒砂糖を見つけた! 肉切り包丁を見つけた!』 http://shindanmaker.com/4804 #taniyama_
03-24 13:55


[2010/03/25 00:00] twitter | TB(0) | CM(0)

最近の自分を貼ってみた 

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

[2010/03/23 00:44] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | コメント(-)

03/19のツイートまとめ 

hatenatsuki

お鍋できた おなかすいた
03-19 19:43


[2010/03/20 00:00] twitter | TB(0) | CM(0)

おかあさん 

おかあさん
なあに
おかあさん って いいにおい
お料理していた匂いでしょ
たまごやきの 匂いでしょ

と 誰でも知ってると
思われる歌 で
一年くらい前から
やってみたいと
思ってた遊びを
はじめてみました★

まあ ダムともに
とるんだけどさ


子:おかあさん
母:なあに
子:おかあさんっていい匂い
母:お料理していた匂いでしょ
母:たまごやきの匂いでしょ

と 歌い手を分けて
聴いている人が
母と子を
イメージできるように歌うこと
とりあえず そこは
結構簡単にいけたので

次に



一貫した柔らかさ 優しさを
キープすること

柔らかさと優しさは
この歌にとって
絶対条件なので‥

とりあえず そこまでできて
最低限 自分で
まあ OKかな くらいから


此処から
お遊びスタートします★




まず 自分の思う
『この会話が行われている
シチュエーション』を
具体的に想像します

そこは 勿論
想像する人間によって
違ってくるものだと
思いますが‥

あくまでも
あたしの妄想です

時は夕方
場所は川沿い
ススキの茂る川沿いの
人1人通れる程度の
細い道を
おかあさんが歩いています

おかあさんの背中に子供
掃除 洗濯終わらせて
夕飯の下準備を終えた
おかあさん

おとうさんが帰って来る前に
子供をおぶって
川沿いを散歩するのは
おかあさんの日課なのです

おかあさんの 背中に
負ぶわれた子供
心地良く揺れる背中が
気持ちよくて
うとうとしながら
おかあさんの
首元をクンクン 嗅ぎます
子供は おかあさんの匂いが
大好きなのです

そこで‥
子『‥おかあさん‥』
母『‥なあに?』
子『‥おかあさんっていいにおい‥』
母『おりょうりしていたにおいでしょ
たまごやきのにおいでしょ』
この 会話です

シチュエーションを
これにしてみます



次に この2人の
空気感みたいなものを
分析しなおしてみます

あたしの妄想の
続きのようなものです

夕方
家事ほぼ終わらせた
おかあさん

ですから
さわやかに
元気いっぱいという訳では
きっと ないのではないかと
あたしは思います

程よい疲労感と
1日の仕事を
ほぼ終えた達成感
愛しいものを背負う幸福感
もうすぐ帰る 旦那さんを
待ちわびる気持ち

そんな 柔らかく
温かな気持ちを
抱いているので
はないかと思います

一方 子供は
大好きな お母さんの
温かな背中におぶわれて
背中から 穏やかな振動を
感じています

とん‥とん‥とん‥

時折 夕焼け空を眺めながら
穏やかにあるく
背中のゆっくりしたリズム
きっとゆりかごに
揺られているような
心地で
寝ぼけ眼で くんくん‥

大好きな
お母さんの背中で
安心しきって
無防備な状態
夢うつつな
ぼやんとした気持ち

て 感じかしら‥

(あくまでも
個人的な妄想です)

さて これをどうやって
歌に反映しようかなあ



試行錯誤してるうちに
今日の1人カラオケは終わり

電車に乗って
この日記を書き始め






あ‥

電車 間違えた‥

昭島市って
どこですか‥





書き物しながら
電車乗ってると
よく 知らない場所
連れてかれてる
あたしなのでした
続きを読む
[2010/03/18 20:23] 日常 | TB(0) | CM(0)