すきすきすき 

「よく分かりません」を連発......取材者泣かせの"寡黙すぎる女性歌手"とは?
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=938477&media_id=53

だいすき
な 歌手だから
批判されると 腹が立つ

人間らしい
あたしです



歌手だし
歌自体に意味なら
こめてあるから
インタビューなんて
苦手でいいよ
と思うけど

きっと それが
鬼束ちひろっていう
あたしの好きな
歌手でなければ
そうは思わなかった
かもしれない

そう考えると
あたしは 我が侭だ



だけど 好きだから
叩かないで 哀しいから

我が侭だし きっと
不公平でもあるけど

あたしが好きな
鬼束ちひろを
叩かないで



寡黙でも 問題児でも
あたしは 鬼束ちひろの歌に
共感するし 救われるの

それ以上に
何が必要なの?



あたしの好きな
鬼束ちひろを叩かないで

あたしも痛いから
叩かないで

我が侭だけど
あたしの 気持ち
続きを読む
スポンサーサイト

[2009/08/24 22:30] ニュース日記 | TB(0) | CM(0)

敢えて 淡々とかきます 。 

一昨日の 前の日
職場の先輩が 遊びに来ました 。
 
東京に来てから 職場関係の人が
遊びに来たのは 初めてでした 。

その 先輩には あたし
自分の 実家の事とか
自分のことを いろいろ
話す事ができていて 。

だからこそ 変に 怯える必要もなく
苦しく感じずに はしゃぐ事ができて
嬉しかったのでした 。

其の先輩は
一度 職場の休憩時間に
あたしの 昔歌った歌や
作りかけの歌を 聴いてもらう時があって
それを 受け入れてくれた人で 。

一昨日の前の日も
色んな 昔作った作品を
見てもらったり 雑談して 笑ったり
する事ができたのでした 。

振り返ってみたら あたしの歌たちには
あたしの 死生観の移り変わりが
鮮やかに 刻まれていて 。

そこには 絶対に 絶対に
綺麗なんかじゃない
自他共に向けられる 破壊的な想いも
内側を押しつぶす 鬱屈も
押し込まれていて 。

本来 それらの想いは
あたしにとっては
『社会』や『職場』という
あたしにとって 警戒しながら
立ち向かわねばならないような場所では
ひた隠すような類のもの達だったのだけど 。

あたしはそれらを
其の先輩の前で
さらり と 晒したのでした 。

あたしは
まったく怖くはない と言う訳ではなくて
だからこそ あたしは 。

『暗いですよ』『グロイですよ』
という 注釈だけは
欠かさなかったのだけれど 。

それでも あたしは 自分の意志で
其れを晒したのです 。

東京に来てから あたしは
お金を得るために 生きるために
失ってはならない 職場 や 社会
そんな 場所たちでは

変な人間だと 思われたり
めんどくさい人間だと 敬遠されたり
はたまた 可哀想と 哀れまれたり
親を大切にしない 罰当たりと称されたり
そんなことが 廻りまわって
職を失うことに繋がる事に 怯えて

できるだけ 隠そう 隠そうと
自分の 世界観や 考え方を
殺そう 殺そうと 心がけてきていたのに

あたしは 『東京に来て初めて』
『職場という 社会の人に』
世界観や 考え方の 塊のような 歌を
晒したのでした 。

それは あたしにとって
実際のところ 大事件で
日記を書いている 今でさえ
内側が 震えているのです 。

嫌な感じではなくて
どうしようもなく 愛しい感じで 。

それを 見てもらう あたし自身の勇気も
それを 受け入れてくれる 先輩の器も
社会と言う場所で
人に 晒せるようになった
それだけ 軽くなった あたしの痛みも
あたしにとっては あまりにも 感動的で 。

敢えて 淡々と 書いています 。
伝わらなくても 良いのです 。

感情任せに 書いてしまえば
きっとあたしは 泣いてしまうから 。
続きを読む

敢えて 淡々とかきます 。 

一昨日の 前の日
職場の先輩が 遊びに来ました 。

東京に来てから 職場関係の人が
遊びに来たのは 初めてでした 。

その 先輩には あたし
自分の 実家の事とか
自分のことを いろいろ
話す事ができていて 。

だからこそ 変に 怯える必要もなく
苦しく感じずに はしゃぐ事ができて
嬉しかったのでした 。



其の先輩は
一度 職場の休憩時間に
あたしの 昔歌った歌や
作りかけの歌を 聴いてもらう時があって
それを 受け入れてくれた人で 。

一昨日の前の日も
色んな 昔作った作品を
見てもらったり 雑談して 笑ったり
する事ができたのでした 。



振り返ってみたら あたしの歌たちには
あたしの 死生観の移り変わりが
鮮やかに 刻まれていて 。

そこには 絶対に 絶対に
綺麗なんかじゃない
自他共に向けられる 破壊的な想いも
内側を押しつぶす 鬱屈も
押し込まれていて 。

本来 それらの想いは
あたしにとっては
『社会』や『職場』という
あたしにとって 警戒しながら
立ち向かわねばならないような場所では
ひた隠すような類のもの達だったのだけど 。

あたしはそれらを
其の先輩の前で
さらり と 晒したのでした 。



あたしは
まったく怖くはない と言う訳ではなくて
だからこそ あたしは 。

『暗いですよ』『グロイですよ』
という 注釈だけは
欠かさなかったのだけれど 。

それでも あたしは 自分の意志で
其れを晒したのです 。



東京に来てから あたしは
お金を得るために 生きるために
失ってはならない 職場 や 社会
そんな 場所たちでは

変な人間だと 思われたり
めんどくさい人間だと 敬遠されたり
はたまた 可哀想と 哀れまれたり
親を大切にしない 罰当たりと称されたり

そんなことが 廻りまわって
職を失うことに繋がる事に 怯えて

できるだけ 隠そう 隠そうと
自分の 世界観や 考え方を
殺そう 殺そうと 心がけてきていたのに

あたしは 『東京に来て初めて』
『職場という 社会の人に』
世界観や 考え方の 塊のような 歌を
晒したのでした 。



それは あたしにとって
実際のところ 大事件で
日記を書いている 今でさえ
内側が 震えているのです 。

嫌な感じではなくて
どうしようもなく 愛しい感じで 。

それを 見てもらう あたし自身の勇気も
それを 受け入れてくれる 先輩の器も

社会と言う場所で
人に 晒せるようになった
それだけ 軽くなった あたしの痛みも
あたしにとっては あまりにも 感動的で 。



敢えて 淡々と 書いています 。
伝わらなくても 良いのです 。

感情任せに 書いてしまえば
きっとあたしは 泣いてしまうから 。

つれづれぐさ 1 。 

MIXIで あたしは
結構な量の人を お気に入りに入れている 。

それは ただ 日記を読んで
この感性が 好きだな と思って
また 読みたいな って 思ったから 。

この間 久しぶりに
好きな感性に触れたくなって
お気に入り巡りをしてみたら
結構たくさんの人が 退会されたのか
移転?されたのか
とにかく 居なくなってしまわれていて
なんだか 哀しい気持ちになった 。



あたしは 色々とズレてきてしまったり
心境の変化などで
いつの間にかの 退会とか
いつの間にかの マイミク切とか
普通にあることだと思ってるし

あたしも するかもしれないし
お互い様なのだから
されても 平然としていようと
思っているのだけれど

それでも 一抹の 淋しさだけは
あたしの内側を 過ぎったから

覚悟を しているからといって
淋しくないわけじゃないんだな とか
なんとなく 思った 。
続きを読む
[2009/08/18 14:22] 日常的な徒然 | TB(0) | CM(0)

てんてんてん 

理想の体型に近づくために…… 女性が一番直したいのは○○!
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=928649&media_id=80


ふともも
続きを読む
[2009/08/13 23:31] ニュース日記 | TB(0) | CM(0)

つれづれぐさ 

衝動は流れる
どんなときでも必ず

衝動は流れる
あたしの内側を
何事もなかったように

あたしが 衝動的な思いに
乱されそうになったとき

あたしを支えるのは
衝動が実際に
流れて消えていった経験を
思い起こす事だ

其の力を 信じる事だ
其の衝動が 永遠じゃないなら
あたしには 耐えられる

あたしの 大事なものや現実は
一時的な衝動で
手放してしまえるほど
軽くはないから

自分を 受け入れてくれる何かや
自分を 理解してくれる何かや
自分を 肯定してくれる何かを
求めるよりも あたしは

『死ね』と 叫ばれても
否定されても 拒絶されても
理解されなくても
平然と生きられる 強さのほうが欲しい

あたしの内側に
それだけの支えがあればいい

何故なら 世界中に
否定も 拒否も 無理解も
溢れているからだ
溢れているものに いちいち傷つき続けるには
あたしは 弱すぎるからだ

そして きっと
あたしは 馬鹿だし 頭固いから
あたしだって 知らず知らずか
もしくは 何らかの嫌悪感からか
何かを否定して 拒否して
理解を拒否しているから

そうする誰かを 責めるよりも
内側の何か 逞しい柱のようなものを頼って
震えずに 怯えずに 傷まずに
笑えたほうがよっぽど 簡単だと思うからだ 。

簡単だと 思うのに・・・ 。
衝動に 耐えられる硬さより
流せる柔軟さが 欲しいのに

あたしは 小さな衝撃で 身を硬くして
更に大きな衝撃で 粉々に砕かれて
其の破片を撒き散らすことで
相手に 復讐する癖を
自分との関係性を 歪めてしまう癖を
治しきることが 出来ずにいる

続きを読む
[2009/08/13 12:00] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

地震でした 

あたしは もちろん
目を覚まし

いつものように
眠る はにゃこさんを
叩き起こしましたたらーっ(汗)
続きを読む
[2009/08/11 07:43] 日常 | TB(0) | CM(0)

えー…… 

少女の「iPod touch」が爆発、アップルの“口止め”対応に非難の声も。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=921455&media_id=84

てんてんてん

iPod
あたしもつかっているのだけど

ジリジリ 

暑さと
昨晩何時間か
泣き続けたせいで
こめかみから脳みそにかけて
ジリジリと痛む

職場で うまくいかないのが
きっかけだけど
それだけではない気がする

というかきっかけが
あれだけ大泣きするには
些細過ぎるので
なんだか 違うかもしれない

不安定さも
増しているのだろう
他者の視線が
自分を捕らえるのに
息苦しさと 恐怖を覚える

アタシヲミナイデ
アタシヲヒヒョウシナイデ
アフレテシマイソウナノ

ナニガ?ワカラナイ
ダケドアフレテシマッタラ
ナニカトテモ
タイセツナモノヲ
コワシテシマイソウダカラ

ドウカシゲキシナイデ
アタシヲシゲキシナイデ

社会と関わることが
苦しい気持ち
どうしようもない圧迫感

それでもなお
社会と関わることは
自ら選択していることで
病的な衝動を 自らに許せば
あたしは簡単に
狂ってしまえるように思う

病名の一つ二つ
ついてしまうように思う

その衝動を 許さずに
社会との繋がりを
手放さないことも
狂わないってことも

その 小さくとも
頑なな理性も やはり
あたし自身の選択で

だからこそ あたしは
この状況も 苦しさも
他の誰かのせいにはできない

頑張れ 頑張る
ジリジリ痛む 脳味噌は
鎮痛剤で 飲み込んで

笑え 人当たりよく

ぎゅうぎゅうに
煮詰められた 内側は
内側だけに 押し込めて

できないんだけどね!
あたし 自己制御能力
小さすぎるから
すぐ 溢れちゃうんだけどね!

続きを読む
[2009/08/03 12:00] 吐露・愚痴 | トラックバック(-) | CM(0)