FC2ブログ









同様に 時は② 

そんな事を 考えているうちに
ふと 思ったのは・・

あたしにもいる
その友人にとってのあたし

離れてからも
心配してる 気にかかってる
他の誰か 。

あたしの中では その誰かの時は
離れたあの時に 止まってる 。

だけど 本当は
その誰かの時は
あたしと 離れた後も
きっと 進んでるんだよね

見えないから 気が付かないだけ
ちゃんと ちゃんと 動いてる
かもしれない 。

(・・・結局
 どっちの可能性もあるから
 どっちも否定できなくて
 文章 読みにくいね^^;)

新しい 何かと出会い
何かを 学んだり 経験したりして
強くなってたり
しなやかになってたり

何かが
変化してるかもしれないんだ 。

まぁ もしかしたら
あたしの 知らないうちに
哀しい何かに 壊されたり
痛みに 晒されて
ぐちゃぐちゃに
なっているかもしれないけれど 。

とどのつまり
全く同じでは
ないかもしれないわけで

同じかもしれないけれど
同じ可能性と同じだけ
変化している可能性もあるわけで

変わっていないと 決め付ける事は
変わっていると 決め付ける事と
同様に 失礼なのだと 思う 。

スポンサーサイト




[2008/03/23 17:41] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

同様に 時は 。 

昔 交流があった
友人が

あたしのことを
何かしら
気がかりに
感じているそうで

そのことで 今でも
心配する時が
あるらしい 。

まぁ あたしは
何時でも 割と
揺れやすい性質だし
直ぐに 泣いてしまうし
荒れてしまうし
何処か
頼りない部分があるから

心許なく思われても
仕方ないし
まあ 実際
逞しいというよりは
頼りないのだと思う 。

それでも・・
あたしは
なんだか
友人に 今でも
心配されてしまうという事が
悔しいと 感じました 。

友人と
離れてからも
あたしの時間は
ほんの少しづつでも
動いているのです 。

だから 昔
語れなかったことを
語れるようにも
なったりしているし

昔の足枷が 今では
取るに足らないほどの軽さに
なっていたりも するのです 。

自分との付き合い方も
ちょこっとは
上手になっているし

(感情には 相変わらず
 物凄く 振り回されるほうだけど
 それでも 少しづつは
 制御 上達してます 。)

そんなに 心配されてしまう事は
あたしが その友人無くては
生きられないように
思われた気がして

そのことは あたしの中に
馬鹿にされているような
悔しさを 生み出しました 。

その友人と 離れてからも
あたしの時は 巡ってる
他の出会いも きちんとあるし

自分のことも いろいろ
あたしなりに 考えて 動いてる
其処で 止まって
いつまでも いつまでも
蹲ってる 訳じゃない 。


[2008/03/23 14:43] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)