FC2ブログ









cocco 

昨晩 色んな曲のレビューかいてて
こっこが 羨ましいな と思った。

柔らかな衣に包んで
真っ白な世界に 
足跡を遺してはいるけれども
包まれて示された 中身は
綺麗とは 程遠い 物

諦めや 傲慢 憎しみ 執拗
空虚 イラつき 等

あたしも 日常を生きていて
さまざまな感情や 衝動に 翻弄されていて
どろどろや きしきし ぎりぎり ざくざくに
内部から 殺害されそうになってしまって

表現できたら
どれだけ 幸せだろう
どんなものが 作れるだろう
そう 願うのに

受け入れられない恐怖
世界からの拒絶に恐怖して

所詮 あたしみたいな
小さな生き物 思考では
社会の枠に どれだけ苛立っても
どれだけ 不自由感じても

逸脱可能なほどには
徹底し切れて居ないのだ

(逸脱してしまおうと したとしたら
 『今以上に 常識外れになる気ですか?』
 という 叱られ方をする可能性の方が
 高いくらいなんだけどね・・・
 今の状態でさえ あたしは満足できていないのだが
 充分 好きなようにやっている
 大暴れしてるって 見られがちだから)

でも
駄目なんだ
この程度じゃ駄目
もっと 自由になりたいんだ
まだまだ 窮屈なんだ

言いたくて
言えないことが 山ほどある
表現能力の 低さによって
表現停滞させられている 内部が
いつでも 悲鳴を上げている

・・・どうしたら?
続きを読む
スポンサーサイト




[2006/06/05 00:34] 雑記 | TB(0) | CM(0)

世界と 私 

世界は あたしを許してなんていないのか
あたしは 世界を許してなんていないのか

世界は あたしを含んでなんかいないのか
あたしは 世界を受け入れてなんかいないのか

世界から 外側から
あたしは どう見えるんだ

[2006/06/05 00:34] 感覚的な徒然 | TB(0) | CM(0)

逸脱願望 

苦しいから もう
出たい 出たい 出たい
この世界から 出たい

出ればいいじゃん?

そうね
だけど
出かた知らないんだよ!
続きを読む
[2006/06/05 00:34] 感覚的な徒然 | TB(0) | CM(0)

不細工風味 。 

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

[2006/06/05 00:34] 日常 | トラックバック(-) | コメント(-)

心動くもの。 

恋愛も 友達同士の 深い関わりも
ふと 別世界の出来事であるように 感じることがある

その友人たちは
自分のことでも 充分忙しそうに見えるのだが
その心で どうして 他者を受容するだけの 
余裕があると いうのだろう?

中身が喧しくて
自分のことすら ままならないで
どうして 他者との関わりを 楽しめるのか
あたしには わからなくなったり する

人との関わりは
自分の器の 容量を 削りはしないの?
むしろ 一人より 大事な人と共にあった方が
余裕があるように感じられる 友人の姿が
あたしには 今ひとつ 不思議なのだ
続きを読む