都会の夜の イメージ画 

 

ああ あたしの イメージの仕方って
単純だね;

↓結構見る人によっては 怖いかもしれない;
 自己責任でどうぞー(絵ですっ

[:hide:]



・・・怖いかなぁ
スポンサーサイト

[2006/01/31 18:14] 創作 | トラックバック(-) | CM(2)

らくがいたり。(雨のつもり) 

 

        反転↓ミステリー

 

      更に反転↓全く戻るわけじゃないのね   

 

            ↓らくがいたよ

 

      更に反転↓ミステリヰ

 

            ↓らくがいたよ

 

     更々に反転↓♪

 

   ちょっと秋っぽく↓してみたつもり

 

  さらさらさらに反転↓(笑)

 

お絵かきって楽しいね!反転って奥が深いね!
ついでに 今のブログの背景画像 この一番上の画像です
イメージは 春の雨だったりするんだけど・・・
何と捉えられても 構わなかったり(笑)

自由に書くのが好きなの
[2006/01/31 17:31] 創作 | トラックバック(-) | CM(0)

自己肯定感 徒然文 

この文は まこっちゃの

「ごめんなさい」の論理と心理
http://ameblo.jp/bursted-dam/entry-10002807212.html
を 読んで・・・・・・の文です

自分の存在に ごめんなさいという気分。
これは あたしは
『自己肯定感』の欠如によるものだと考えています。

自己肯定感というものは 簡単に言うと 
自らの存在が許されるものであるという意識のことです。
俗に言う
『生きてていい感覚・悪い感覚』ということですね。

これは多分 自分の所属する共同体
(敢えて 家族と限定しないでおきます)
において どんな扱いをされたかによるものだと思います。
自我がきちんと固まる前に
『あんたは生まれてくるんじゃなかったのに』
そんなことを言われ続けた赤ん坊は 
当然 それを鵜呑みにしてしまいますよね。
いじめなどもそうなのですよ。

自我が固まる前に 存在の否定を頻繁に受けていると
自分自身すら 自分の存在に疑問を抱いてしまうのは 当然だと思います。
大人になってから そんな感覚に揺れることを 環境だけの責任にするのは
どうかとも思うのですが なんでも丸ごと聞いてしまう時代に
誰かの言葉を丸ごと信じて 自分が揺さぶられるのは 
自然なことだと思います。

・・・・・・反論 ではないのですが
生きていてごめんなさい と思うことが 
万人の課題である ということは
あたしはないと思いますよ?
学校で 何があっても 安心して存在できる場所があったり
自分自身の存在を肯定されていれば・・・・・・
そんな感覚は 大した問題ではなくなります。

どんな自分でも 愛される場所がある 帰ってくる場所がある
これは 多大なエネルギーを生みます。
そして その積み重ねが
根源的な 自己肯定 つまり
『どんな沢山の悪いところがあっても 存在は 肯定されている』
という意識を生み出すような気がします。

自分の存在 そのものが悪
そんな感覚が 自らを支配した時
自分への 他者による人格否定 
自らの自己否定を 疑ってみたらいかがかと あたしは思います。
また 厳しいことを言うと
『自分がそのように生まれてきた理不尽』(引用すみません)
についてですが
これを主張できるのは 
自らの命を 自ら左右できる能力の無い時代に限られると思うのですが...

今はもう 自分の存在如何ですら 結局自由にできますよ。


[2006/01/31 10:14] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(4)

おめれとう(w 

888番目の足跡は 再びエダ氏くんですっ!
おめれとうーーーーvvvvv

あ アイス試します m( __ __ )m
声 結構変わるのかー?

続きを読む
[2006/01/30 11:49] 未分類 | TB(0) | CM(0)

誰かを失いたくない時の 方法論(? 

大事なのは何かって 考えた
何が怖くなっても 不安になっても
傷つけたことを 自覚しても どうやって接したらいいか 迷っても
確かなことは 唯一つよ
あたしは あの子と 友達で居たい

我侭を 自分勝手を 傘に着て生きてる あたしだもの
要らないときにばかり 発揮して 逃げてばかりいるんじゃなくて
『あの子の傍に居たい』 という 自己満足 我侭のために

足掻くのは 嫌いじゃないの
しがみつくのも 嫌いじゃないわ
足掻いたら 足掻いた分だけ
しがみついたら しがみついた分だけ
結果はどうあれ 自分が納得するための材料になるから

あたしの生き方の支えなんて 単純よ
それは全て 『自分が納得できるか否か』
自分を納得させるために 精一杯 足掻くのよ
欲しいもののために 精一杯 しがみつくのよ

傷つかない覚悟なんて 無いけれど
傷つくのなんて 当然 痛いに決まっているけれども
最後の最後まで 自分を納得させるためだけに 奔走して見せるわ
我侭な自分を 満足させるためよ それだけよ

目的が定まれば
手段を探すまでよ こんな簡単なことって無いわ
手段が定まれば 道は決まったようなものよ
あとはただ 今の決意を 後悔しない 決意を固めるだけ

たった一つの たった一つのルールは
相手を攻撃しないことだけ
何故なのか ねぇ わかる?
誰かを攻撃してる 怖がってる自分なんて
みっともないからよ(*´∀`)アハハン♪
[2006/01/30 09:03] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

いいとこわるいとこ。 

なんともはや とっても色んな気分だったために
ゲームの スパイダと マインスイーパと 2記事書き平行作業しています
そんな 月曜の朝 なつきです(?


[2006/01/30 09:00] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(5)

すなーお 

リアルの某所で 素直じゃないことを やたら責められたんだけど;
素直になったら 楽になれるよ とか 言われたんだけど;
でも さ 考えてもみて? 素直になれる場所 なれない場所
誰にだって あるよね?
普通に考えてさ 少なくとも 自分が 危険や圧迫感じずに
安心できるところじゃなくちゃ 素直になる気もおきないって言うか
素直になんか なれるはずもないよね?

誰かに対してさ 『素直じゃないo(`ω´*)o』って 喚く前に
『素直になっても安心な場所作り』 頑張って欲しいものだわ・・・・・・

確かにね あたしも
素直じゃない人間は 損だと思うわ
だって それはね 周りの人間に 
常に 気を張って生きてるってことだからね
気を張らずに 存在している様って 『素直』と 呼ぶんだもん
あたしは 素直じゃないから 大体の場所で 気を張ってなくちゃいけなくて
その分は確かに 損だわね

ああ でもついでに 素直になってもらえない人間も 損だと思うわ
だって それってさ 誰かに
安心できる場所って 思ってもらえてないって証拠だもの(違?
誰かに 自分が安心感もたれてないって
認めることって 確かにしんどいもんね

疲れる 疲れる 疲れる......

あたしが素直になれる場所
⇒自分の書き物
⇒気を許せる友達の傍
⇒人間の居ない場所

あたしが 素直になることが危険だと感じる場所
⇒実家

こっそりお手紙(暴言注意)
[2006/01/29 18:08] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(2)

・・・んむむむ む・・・むぅ・・・・・・ 

表で書きづらいから こっちに逃げてみたりっ
女の子らしい(?愛らしい雰囲気に馴染めるわけでもなく
男の子たちの中に 普通に混じってても なんか違和感あるし
・・・つまりは あたしって 馴染める場所が なひ;

打々発矢とやっていた と思ってた 男の子に
なんとなく 女の子として見られてたんだって わかって;

そんな理由で その大事なお友達とは はなれてしまいそうで
(てか その子 自分のブログ閉めちゃった;_;)
・・・結構あたし しょっくだったりする

支離滅裂だよねぇ ごめんねぇ;

別に 性同一障害とかいうこともなく
それでもただ 女の子たち特有の華やかさも 性に合わず
男の子たちの 甘えのない ざくざくした関係に憧れつつ
馴染めたかなぁと思った頃には 
しっかり女の子として見られてる;
なんか 煮えきれないんだよね・・・・・・;


[2006/01/29 11:50] 未分類 | TB(0) | CM(0)

伝える 

拙い言葉を 形にする
気持ちが 伝わる
温かさを 貰える
涙が こぼれる

手の中の温かさを 誰かに贈りたいと願う

拙い言葉を 形にする
気持ちが 伝わる
温かさを 貰える
涙が こぼれる

笑顔を 生み出せる

でしっちは 一日一笑 って 言った
あたしは  一日一涙
良くも悪くも 心揺らしたい
嬉しくても 哀しくても 心揺らしたい

今ある ぬくもりを 握り締めて
次へまわすために(?
これから 個別指導に行ってくるよ
皆さんの心は そこですら 生きるよ きっと

『あたしは人を愛せるんだ』
『あたしの心は・言葉は ちゃんと伝わるんだ』
この感覚は 誰がくれた? この自信は 誰がくれた?

みなさんの 贈り物
ちゃんと次へ 回していけるよ
ちゃんと 自分の中に生かして 次へ届けられるよ

そんな 気持ち(何
[2006/01/28 10:16] 日常的な徒然 | トラックバック(-) | CM(0)

恐怖(? 

今日は・・・・・・
傍からみて きっと 超偽善的な言葉を 奏でます;

誰か 誰か 助けてくださいな
どうか どうか あたしを
『恐怖』から『不安』から『妬み』から 自由にしてください・・・・・・
誰が悪いわけでも無く あたしの中に 起こりうる この感情は
あたしが 歩んで行く上で 障害にしか ならない・・・・・・
そんな風に 見えた

あたしが 理想とする あたしを目指すために
あたしが あたしの道を 歩くために
こんな 足枷たちは 居ないほうが・・・・・・いい

そうね コンプレックスたちも 同様だわ
妬んだって ひねくれたって なんら生産的なことは起こらないんだもの

起こらなくなるどころか
『恐怖』に足元すくわれて 相手を見たら
相手は 手を触れただけで 壊れてしまいそうな 硝子のお人形に見えて
触れるのが怖くなったり するのよね
もしくは とても凶暴な山犬に見えて
逃げ去るしかなくなったり するね


[2006/01/27 21:26] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(5)