FC2ブログ









泣き言 

小さなこと 考えて 考えて ね
1つ前に進んで でも気づいたら 新しい課題が見つかって・・・
ふと そんなのが 哀しくなるんだよ
いつだって 新しい課題の方が大きいよね。
諦めないで 新しい答えを見つけて またぶつかる壁に また挑戦して
ぶつかる度に ちょっとだけうんざり;

ああ でもそうだね
失望と 喜びの繰り返しなんだね

また ぶつかると わかっていても
新しい理論や 考え 真実が見つかったとき
そんな時 あたしは嬉しいから
それだけを求めて
そして 見ててくれる友達を感じて

それで 幸せなんだね
そう 自己満足で いいじゃん
自分勝手で いいじゃんね

そう そんなこと あたしは知ってて
大丈夫なことも 知ってるんだけど
無力かも という 冷たい風(?みたいなんは 痛かったりする
言うならやれよ と 豪語しているあたしだから
自分が無力だって認めると 立ってる場所が 分からなくなるのかな
ここは あたしの場所なのに
あたしが ここに立っていていい気がしなかったりする

ぽつんと ね あたしの親しくしてる友達を訪ねて
ここで一休みしていい?って 訪ねたくなる

やんないけどね
やるわけがないっ

・・・やってもいい?
へへへ

無力 か・・・
うん 君も あたしも一緒だ
強がってたって 泣いてたって 笑ってたって
躓いてたって 全力疾走してたって
みんな無力だよね そして同時に なんとかしたい とか 歯痒い とか
感じないことに必死だったり 求めて力入れすぎてたり
何らかの気持ちがあって
その気持ち自体を 誰かに 弱いって言われる筋合いはないのさね

あたしは 訳わかんないですなぁ^−^

むーん?あたしは大丈夫だよ。
たまに凹んで バランスとるの
バランスとったら また進めるからさ
スポンサーサイト

[2005/11/14 20:48] 日常的な徒然 | トラックバック(-) | CM(2)

本当に欲しいモノ(北風と太陽) 

前から あたしの中での課題にしてきた あること が
少々 形となってまいりましたので ここに書いておこうと思います
それはね 『北風と太陽』の 記事の続きです
その記事には 一番下のURLから行けるようになっています

ある方に 伝えたいものがあるとき 『北風であるより 太陽でありたい』
そう願って 書いてみた記事です
この記事であたしは 自分の思うことを書いていたのですが
途中で どういう風に接する事が 太陽であるのかわからなくなってしまい
また 自分の行動が いかに北風的 力づくであるのかを思い知り 
話を続けられなくなりました
そこで 今回は 今迄でまとまったところまで 形にするつもりです

太陽が旅人に与えたものに着眼してみると 太陽は
『旅人が心から求めるもの』を
適切に判断して 与えているのですよね
旅人は 寒かったから コートを羽織り しっかりつかんでいたのです
寒い旅人は 暖かさが欲しかったのです
太陽は それを適切に読み取り 与えました
北風は 逆でした
手っ取り早い方法で 力づくで引き剥がそうとしたのですよね

結果的に 太陽の勝利でした
欲しくて足掻いていた人間が 手に入れて安心したら 落ち着ける
結構 納得のいく答えだと思うのです

捕まえて 責め立てるという行動は 北風的かなぁ と思います
責めて直るのは 『自分がやっている事が悪いことである』
ということを本人が知らない場合
に限ると思うのですよ
ある程度分別のつく大人になって 問題行動を繰り返すのは
他に 得たくて得られない感覚を抱いている場合が多いんじゃないかな 
と思ったりします

かつて 自己肯定感を得ようとして必死だった 
あたしの大事な子の話をしましたが
自己肯定感に限らなくとも 他に求める何かがあって 
方法を上手く見つけられなくて
問題行動をしてしまうしかない人は 結構多いと思います

そう 他の何か・・・
人間が 本能的に求める何かの欲求・・・
いま あたしには それをうまく自分で導き出す力はないようです;
ということで

『マズローの欲求五段階説』を引用させていただきますっ

マズローは人間の持つ欲求を5つに分類し、さらにこれらの欲求はランダムにあるのではなく、五段階に分かれており、低次の欲求が満たされないと高次の欲求が現われることもないとしました。
   
  欲求は低い順から、
? 生理的欲求
? 安全の欲求
? 所属と愛の欲求
? 承認の欲求
? 自己実現の欲求
となっています。           」

だそうです。
とりあえず 人間が 本能的な部分で求めるものが この中にある(のかな?
どうにも 確かなものの存在自体がよくわからない性格上
誰かの意見を妄信するって好きじゃないのですけれども・・・;
参考程度には いいかなぁ と・・・
ちなみに 前にあげた『自己肯定感』は
?所属と愛の欲求 に含まれるのではないかと思います

ちょっと難しくて 疲れちゃいました;

とりあえず 太陽のやり方は 
『本当に求めるものを 最終的に得られるようにする』
という方向ではないか という 小さな結論を残し。。
次回に続く(いつになるかは気分次第;

次回は 本当に求めるもの(本人にすら分からない確率高し)
を どうやったら見つけ出せるのか
そして 最終的に手に入れるために 出来ること 手伝えることはないのか
他人に出来ること 本人にしか出来ないこと について
ちょっと考えてみようかと思ってみます
[2005/11/14 20:30] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)