FC2ブログ









わかる ということ 

壊れてしまった ということ
肉体的であれ 精神的であれ 状況的であれ・・・
なんというか 不思議と過剰反応してしまうことが多いように思います
あたしから見ると それは 状況であり 段階である そんな感じです

健康だからといって それが その人間の
強さの証明ではなく 図太さの証明でもなく
生き方の上手さの証明でもなく 現実的に物を見る視点の証明でもなく

身体を壊してしまったからといって それが その人間の
不摂生の証明でもなく 環境の苦しさの証明でもなく
身体的コンプレックスの証明でもなく 不幸の証明でもなく

精神を壊してしまったからといって それが その人間の
社会的不適合性の証明でもなく 頑張った
という不確かなカテゴライズの証明でもなく
精神活動の過敏性の証明でもなく 優しさの証明でもなく・・・

でも 健康でも 心身に何かしら障害を持とうとも
自分のその状況にいるのは 自分自身であり
他人の苦しみを 代わりに背負うことはできず
相手の気持ちを すべて理解することはできず
また 相手の幸せと 全く同じものを 感じられるということもなく
自分の幸せを 全く同じように 感じてもらうことも不可能です

そんなあたしは 見てのとおり?結構冷たい性格してるように思います
そんな生き方 寂しくないの・・・?

寂しくないです

何故って?分かろうとすることを とても肯定しているからです
誰かが 自分を分かろうとすることに 感動を覚えます
誰かのことを 本気で分かろうとする行動は
結果がどうであれ 自分を成長させます
誰かに 分かってもらおうと行動することは 楽しいです
誰かが 本気でぶつかってきてくれるのは 幸せです
誰かが誰かを本気で 分かろうと 救おうと する姿は 綺麗です

綺麗なのは かっこいいのは
『分かろうとしている軌跡そのもの』だと思うのです
『足掻いている軌跡そのもの』でもあるように思います
ああ 我ながら 超矛盾・・・
求める対象は 諦めているくせに 過程は綺麗だ と明言してしまう 残酷

『誰かと一緒に』や『誰かと同じものを感じて 考えて』
そんな風には 生きられなくても
本気で思い合える 『誰かのいる世界で』生きることは 可能だと思います
そして『誰かのいる世界で生きる』幸せを 感じることは
自由なのではないかと・・・
そんな風に思ったりします

最終的にね わかる わからないはどうであれ
『わかりたい』と思う相手が存在して
『わかってもらいたい』という相手が存在して

ただそれだけで 結構幸せなんじゃないかなんて思う あたしです

自分勝手論法 すみません
スポンサーサイト




[2005/10/24 17:08] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)