FC2ブログ









信じる・頼る 

誰かに対して
『信じるべき』『自分は〜できる』『もっと〜頼って欲しい』
とか そういうことを言える人間って すごいと思う・・・
まあ あたしには所詮無理っ!
傍から見てると『何を根拠に?』と言いたくなってしまうし
実際その人があたしに直接言えば あたしはそう返すだろう

『信じて欲しい』
  ⇒『信じて話したとき あなたには具体的に 何ができるの?』
『自分は〜できる』⇒『まずはあたしの前で証明してね』
『もっと頼って』⇒『頼ったら どんないいことがあるの?』

まあ 何の根拠もなく 信じたり 頼ったりすることも
無きにしも非ずだけど
そういう時は あたし
『そのほうが楽ちんだから』『その状態が気持ちいいから』
そうしてるだけで
『具体的に解決していく』ならば『本気で取り組む』ならば
基本的に そんな無防備なことって めったにしない

・・・考えるのも 行動するのも・・・
何気に 『人の手』を必要とすることって
そんなにないんだと思うんです
あ そんなあたしですが 基本 人頼りますっ!
ただ あたしの頼り方って『信じてない頼り方』かも^^;

あたしの頼り方

1・吐き出させてもらう そして勝手に楽になる
          ↓
  まあ 口に出したり吐き出すことって 浄化作用があると思いますよ
  それに期待させてもらいます
  そして この行動の目的は 自分に余裕を取り戻すことです
  言ってくれた何かに 期待するのではなくて
  一時的に 逃げ場にさせてもらうって言うのかな・・・
  まぁ 冷めるとわかっている温泉に 敢えて浸かるというのかな(笑)
  浸かりたいから 浸かるんですね^^;
  騙されても構わないくらいに 
  『相手の現実』に温まっていたいときに・・・

2・知識としての 何かを得る
        ↓
  ま 知識として 『相手の意見』をいただく くらいですよ
  鵜呑みにもしなければ 自分との相違に言及したりもせず
  『こういう現実・考え方もある』という事実を ただ知る
  ということです
  過剰に共鳴せず 反発せず・・・ただ知るためなら
  充分に役立つと思います

3・自分が欲しい言葉を 相手に吐いてみる
        ↓
  これは 意外と利くんです
  なんとなく 相手に言って そして 相手に自分を重ねてみる
  ⇒自分が 自分に言ってあげることに繋がるんですよ
  そうですねぇ・・・自分ひとりで 自分を複数人数作って会話する
  とかも 結構利きます
  自分が欲しい言葉 実は誰よりも知っているのは
  自分自身だと思うから

ああ こう書いてみると^^;
あたしって本当に 人に頼って生きていますね
しかしながら 自分自身の考え方にまで影響させることは少ないようです
あたし自身は 『自分の考え方を打ち砕いてくれる人に 会ってみたい』
のですが
なんとも こんな頼り方では 『自分の中に取り込む』までの道は 遠いようです

悪い言い方をすると・・・『利用』と呼べなくもないのかなぁ・・・
認識してしまうと 汚いですね・・・
いえいえ 自分が綺麗な人間だ などという認識は 
最初から0でしたけど・・・
突きつけられると 苦しいものです

うーん・・・ほんとはね

『信じて欲しい』
 ⇒『信じて話したとき あなたには具体的に 何ができるの?』
『自分は〜できる』⇒『まずはあたしの前で証明してね』
『もっと頼って』⇒『頼ったら どんないいことがあるの?』
・・・これが現実化して あたしの前に実際に示せる人間が現れれば
何か変わるのかもしれません

・・・ここまでしないのかな できないのかな
・・・誰も あたしに納得させるだけのものを 見せてくれないから
・・・あたしは その誰かを待つ以前に
・・・そんなこと誰もできないのだろうと 諦めています
・・・それでも 『信じて欲しい』『自分は〜できる』『もっと頼って』
・・・といってくれる人間には
・・・『信じて話したとき あなたには具体的に 何ができるの?』
・・・『まずはあたしの前で証明してね』
・・・『頼ったら どんないいことがあるの?』
・・・そう問いかけ続けますよ・・・
・・・諦めていないのかもしれませんね・・・

『信じて欲しい』『自分は〜できる』『もっと頼って』
といってくれる人間のみなさんに
具体的で納得できる何かを 示して欲しいです

あ あたしはそんな怖いこと 怖くて言いませんよ^^;
スポンサーサイト




[2005/10/21 19:43] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(4)