だんだん 

この『詩』自体が
私の中では 『間違ってるよ・・・』
という気がしてきました・・・(汗

まあ 他の誰かが書いたものですし♪
スポンサーサイト

[2005/06/30 11:17] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(11)

下のに付けたしです。 

なんか マイナス方向だけで分析するのもなんなので

>子どもを馬鹿にすると、引込み思案な子になる

引っ込み思案とは程遠い・・・
結構積極的で前向きな気がするので 馬鹿にはされていなかったかも
(今はされてるけど)

>励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる

基本的には 自信は持ってる気が・・・我が強いし・・・

>見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる

見つめられていたのかな 頑張ってはいるような・・・
しかも 誰かのためにじゃなくて 自分のために頑張ってる気が・・・

>守ってあげれば子どもは強い子に育つ

これはちょっと謎です 強いってなんでしょう
我が強い でいいなら 当てはまる気が
でも 守ってもらった記憶ないですけど・・・?

>親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る

昔は正直でした 最近色々「正直であること」に疑問も覚えるようになってきました

>子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ

正義感ってなんでしょう 自分の信じるように
守りたいものは精一杯(もちろん できないことはできないですよ ただその時に自分が出来る 思いつく限りのことです)守ってるつもりです


こんな感じでしょうか・・・
もっとゆっくり分析してみたら 自分の問題点 見えてくるでしょうか
[2005/06/30 11:07] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

TV見てたら、こんな詩がありました。 


『詩「子は親の鏡」

けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
「可愛そうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる
子どもを馬鹿にすると、引込み思案な子になる
親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる
叱り続けてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう
励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる
広い心で接すれば、キレる子にはならない
褒めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ
愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ
認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる
見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる
守ってあげれば子どもは強い子に育つ
分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ
親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る
子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ
やさしく、思いやりを持って育てれば、子どもは、やさしい子に育つ
和気あいあいとした家庭で育てば、
子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる

 「子どもが育つ魔法の言葉」(ドロシー・ロー・ノルト著)より 』


これを読む限りは 私は最低な環境に育っていることになります

>とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる

私が乱暴なのは 家庭のせいでしょうか?

>広い心で接すれば、キレる子にはならない

・・・結構 キレてる気が・・・

>愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ

愛することですか・・・あえてノーコメント

>分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ

思いやり・・・自覚はあまりないけれど 欠けてるみたいです

>やさしく、思いやりを持って育てれば、子どもは、やさしい子に育つ

優しくないです

>和気あいあいとした家庭で育てば、
子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる

・・・
いいところ?

・・・
ノーコメント

ああああ
今更仕方がないし どうでもいいけど
もし この文にあるような環境に育ってたら
病気になんかなってないんだろうなぁ・・・
今更親代わりにそんな事 教えてくれる人求めるのも
『甘えてる』気がするし
そんな歳じゃないし

結局しょうがないのか・・・
『自分自身』は『自分自身』で受け止めるしかないさ

ははははは(←最後には能天気でおさまる人)

そんな理想の家庭で育った人なんて そうそういるもんじゃないしね☆
[2005/06/30 10:49] 自分・人間・社会・言葉・コミュニケーション 等 | トラックバック(-) | CM(0)

きれちゃいました。 

相手は ネットでとてもお世話になっている方です
詳細は述べませんが どうなることでしょう

まあ 話す相手が間違っている可能性は否めませんが
ちょっと許していただきましょう
まあ その本人のことを 私自身が大切に想っている
それは変わらないので

過剰に受け止めず 心に留めていただけたら
そう思います
[2005/06/30 09:03] 日常的な徒然 | トラックバック(-) | CM(0)

悪い波はどこへ・・・? 

昨日から 悪い波に突入 と覚悟を決めて
朝を迎えた 私です
でも 本当に! 本当に!

「明日は わからない 
いいことがあるかもしれない 悪いことがあるかもしれない
良くも悪くも わからない」
ですね!

いきなり 今日決まって 今日実行されたのは・・・

プチ?オフ会!

びっくり!ですが
今日 ここにはよく来てくれる お友達と 会ってきました
お昼くらいに集まって みんなでプール!
爽やかですね〜 実に爽やか 夏らしい!
気持ちよかったですよ
2時間のプールは そんなに ハードだったわけでもなく
みんな(といっても 3人だけど)で 和気あいあい
いろいろ話して 浮かんだり 沈んだり
でんぐり返りしたり・・・

そこの施設には 大・中・小と3つのプールがあるんですけど
大 にはたくさんお客さんがいて・・・
私達は 中 を使ったんですけど・・・
完全 貸切!
3人で使っていました

そうそう そこのプールには サウナもついていて
サウナにも ゆっくり入りました


さて その後!
バドミントン!!

2人がすごかったです
私以外の2人が!
非常に見ていて面白かったです
白熱! そしてちょっとどじったリ・・・
でもかなり白熱!

そして最後には 私も混じって やはり白熱!


は〜・・・楽しかったです


しかも 親が楽でした・・・
プール行ったり 身体鍛えたりするのは 嫌がらない
むしろ喜ぶ 親なので
なんとか 機嫌悪くならずに 済みました
私も 今日はあとは大人しくしてようと思います

ほんと 楽しかったです
今日は ありがとう!
[2005/06/28 21:50] 日常 | トラックバック(-) | CM(0)

分かってた 

来るって分かってた
いい波は 今日で終わり
予定を見ていても 分かること
そして 覚悟は出来ていたはず
これから 苦しくなること 分かっていたはず
そのためのエネルギー 昨日までの数日間で 溜め込んだんだもの

雨が降ってる
お母さんが帰ってきた
「ただいま」って言うのかな 何も言わないのかな
どっちでも良かった
私は 自分のペースを守れれば それで良かった

・・・どっちでも 無かった
「何網戸にしてんの!? さっさとしめなさい!」
・・・私は 親が不機嫌だと 必要以上に怯え
・・・尚且つ 反抗心を 覚えてしまう・・・
不機嫌な声が 怖い
何もしないで居るのが 怖い
「なにしてんの!?」 って聞かれた時に
正当な 何か・・・
個別指導の予習でも バイト探しでもいい 資格試験の勉強でもいい
『遊んでる』以外の何かがないと
居候扱い されてしまう
怖い・・・

個別指導の予習は してある
資格試験の宿題 2回分くらい先まで 終わらせてある
バイト探し・・・したいけど
履歴書既に送って 面接日程の 連絡待ち
どうしたらいい?
私に与えられている 家事
食器拭きと 洗濯と 布団上げ
朝のうちに 終わらせた
早くやると 親が笑ってくれるから 終わらせた
できるだけ ぶつかりたくなくて だから・・・

ぶつかりたくなくて 終わらせたのに
今やっていたほうが 機嫌は良くなっただろうか・・・
私が働いていると そして 勉強していると
喜ぶ 親だから・・・

そして私は
親に・・・
怒鳴られたら 怒鳴り返す・・・だろう
殴られたら 同じことを 返す
父親の拳は 私なんて殺せるほど 強いけど
それでも 黙って耐えられるほど
私は 穏やかなほうじゃないから・・・
そして ただ殴らせてたら 当たり前の顔をして 殴るようになる
殴ってもいいものだと・・・
言うことを聞かなければ 殴ればいいのだと・・・
そんな間違ったこと 学習させてなるものか

できるだけ 音を立てないように
刺激を 与えないように 部屋で 息を潜める

本当は怯えてる・・・

親は 「昼寝して ネットして 遊んでばかり」
そう思ってる
でも本当は 胸が苦しくて たまらない
ここから出して! 叫びたい
誰か 助けて! 泣きたいよ
でも ここで息を殺すしか 私にはどうしようもない

今の私に 何ができる?
申し込んだ途中じゃ ハローワークは 仕事を紹介してくれない
先に紹介してくれた会社に 失礼に当たるから・・・
前を向いて 歩きたい
頑張りたいの 頑張る気は あるの・・・

自分のしてることが 非生産的であることなんて 私にも分かってる
でも それなら 私はどうしたらいい?

叫んだって何も変わらないんだ
泣いたって変わらない
でもさ いいじゃん
いいじゃん 叫んだって 泣いたって
ここで位 いいじゃん

外見は 臨戦態勢
ココロの中でだけ 私は 大声で泣いて 叫ぶの
[2005/06/27 15:23] 日常的な徒然 | トラックバック(-) | CM(0)

今日は 友達とお出かけです 

今日は 友達が来てくれていました
彼女と遊ぶ時は 大体いつもアクティブ
ある種 旅仲間とも 呼べる友達です
フットワークが軽く 二人でなら どこへでも飛んでいってしまう
そんな友達です
私が住んでるのは 青森市なのですが
弘前まで ドライブ
十和田湖 黒石まで ドライブ
極めつけは 大間まで ドライブ
もちろん一日で・・・
そんな 友達です
何気に 一緒に広島まで行ったのも
タイまで行ったのも その子だったりします
大学時代 北海道にも 何度か来てくれました

今日は 近場でした
私達にとっては かなり近場
まあ 2時間くらいで着く 海

ドライブは 楽しいです
中で ひたすら 会話です
楽しいことから 暗いことまで
自分自身のことから 世界のことまで
なんでも 話せます
大切な 大切な 友達・・・

彼女と会うのは 安らぎです
自然と ありのままに居られる・・・
友達になったのが 高校2年生くらいだから・・・
5年くらいの つきあいになります
年の功でしょうか・・・(意味が違う><)

うまが合う というのでしょうか
どうなんでしょう・・・

楽しかったです ありがとう
荷物 いっぱい 降ろしました
身体の中の にごった空気 吐き出して
新しい風を 胸いっぱいに 吸い込みました
この 新しい風を 胸に
新しい波へと 向かわなければ・・・


新しい波は もう すぐそこです
[2005/06/26 22:04] 日常的な徒然 | トラックバック(-) | CM(0)

そうそう 

波のせいなのか 私の心の持ちようなのか
昨日 今日と
親と 衝突無く 過ごせています
一緒にいる時間が 少ないからでしょうか・・・

とても 楽です
[2005/06/25 23:16] 日常的な徒然 | トラックバック(-) | CM(0)

さて 波は中盤戦に差し掛かっている模様です 

今日は 資格の講習の日
身体が不自由な人に 午前中には 食事介助
午後には 着替え介助の 講習を受けました

まあ 色々面白いことはありましたが 一番 面白かったこと
私は身体が小さいので? よく先生の実演の 被介助者役をするんですね
そして 今日も かなりの確率で 選ばれました
というか 5、6回中 他の人がやったのは一回 という・・・

そして 被介助者役って 実は 結構楽しいんです
だって 身体が麻痺した人の役 とか
めったにやる機会 ないじゃないですか
本当は やらなくていい・・・というか
他の人は やらないんですが
私は 片麻痺した人の役をやれ と言われたら
実際に やるんです
身体を 実際に 強張らせて
実際に 介助されてる 気分を 味わってみる
とても 面白いです
そして 片麻痺の場合 介助されていても
健康なほうの半身に どれだけ力がかかるのか
どれだけの 負担になるか
そして どれだけ アンバランスになるか
知ることが できます
まあそれだけ 実演する先生の身体にも 負担がかかってる はずなんですが
でも 選ばれてるってことは まあ それでもいいってことなんだろう
そう私は 思っています

だって現場では そうなんですものね
実際介護される人たちは 身体が不自由だったり 色々な障害があったり
それが当たり前な 世界なんですものね
実際に現場に近い練習 手本を見せられたほうが
参考になるんでしょう

実際に 先生に介護されていても
一度 転びかけました
でも私は 自力でバランスをとったり
片麻痺をやめることは しませんでした
(先生苦労したと思うんですが・・・)

それが 楽しくて
なんだかとても 幸せで
『これも 波かな』
そう思った 私です
波の一部かな・・・

もしかしたら 演劇魔の血が 騒いでいたのかもしれません
一種 演技に 近いものがありましたから
片麻痺の 演技
身体の不自由な人の 演技


といってはいますが
まあ 資格の講習も 全てがうまくいってる という訳ではありません
私は どうやら力不足らしく
人を立たせたり 移動させたり
車椅子の講習の時の 体力勝負的な部分は
本当に 駄目です


まあ いい波のうちに 精一杯 楽しんでおこう
一生懸命 エネルギーを 充電しよう
そう思っている 私です
[2005/06/25 23:12] 日常 | トラックバック(-) | CM(0)

お休み。 

まあ おとといまでの しばらく
結構波乱万丈な日が続いたわけですが・・・

一昨日の夜 頑張っていた友達 大好きな友達から電話をもらい
久しぶりに 1時間も 話せて
昨日は 友達が 遊びに来てくれて
今日は 履歴書送る以外に 特にすることは無く
明日は 資格の 講習
明後日は また遠くの友達が遊びに来てくれ
27日は 北海道へ行っていた友達が 帰って来る という
大きな 『楽しい波』が来ています

ああ・・・ 人生って波があるんだ・・・
苦しい波の後には ちゃんと楽しい波も 来てくれるんだ と実感
かなり今回の 『楽しい波』 は
長く 大きなものになりそうなので
その後に来るであろう 『苦しい波』が多少怖いですが
『楽しい波』は 素直に感謝して
思いっきり 楽しみましょう
次に来るであろう 新しい 『苦しい波』 に備えて
幸せと エネルギーを ココロに蓄えましょう
そしてそれを 『苦しい波』の時の エネルギーに 変えましょう

まあ たまには 『明日はどうなるか分からない』を忘れてもいいでしょう
たまには 明日の予定を夢見ても いいでしょう
いつも 身構えて 期待もしなければ 絶望もしない
そんなスタンスを 出来るだけとどめていましたが
これからの数日間くらい 明日を楽しみに
そして今日も精一杯楽しんでも いいことにしましょう

そりゃあ バイトも決まってませんよ
親との確執も 特に和らいだってわけじゃないです
何も解決してないですね
お金だって まあ 減る一方でしょうね

でも いいじゃないですか!たまには!
何が起こるかわからない事位 知った上で
明日を楽しみにしたって いいじゃないですか!

ただ・・・ 今日は言い争いも 暴力も 無かったです
かなり救いです
午前中一人で過ごせたので だいぶ楽でした
きっとこれも 波の一部なのでしょう・・・

人生の波乗り
苦しい波を 少し 乗り越えて
楽しい波に 今乗り始めたところです
27日までであろう 楽しい波
精一杯 楽しまなくちゃ損!


その後の覚悟は ちゃんとできてます
[2005/06/24 21:59] 日常的な徒然 | トラックバック(-) | CM(0)