ふりだし。 

自分で言うのもなんですが、
昔、書き物しまくってたころは、
此処、だいぶ賑やかだったんです。

慰めあったり、喧嘩したり、
いろんなひとに、出会ったり別れたり、
いろんなことがありました。



もう、ほとんど誰も見ない場所になって、
今、書き物を始めた頃を思い出しています。

多分、その書き物は、此処をはじめるさらに前で、
多分、2004年とか、
その前年とかだったと思うけど。

なんというか、言いたいことはひとつでね。
あのときだって、
あたしは、ひとりだったってこと。



哀しいんじゃなくて、なんというか。
基本、って多分そうなんだと思うんだ。

人間の基本って、やっぱり、ひとりなの。
ひとりからの、スタートなの。

あたしもあなたも、ほかの誰かも、
きっと、しっかり一人で立っていることが基本で、

しっかり立っている人間同士が、
一人でも立てるけれど、
『一緒が楽しいから』手を繋ぐの。

一人だと駄目だから、一緒にいるんじゃなくて、
一人でも大丈夫だけど、一緒にいるのが楽しいから、
一緒にいるのがうれしいから、手を繋ぐの。

きっと、それが基本なのかなって、
今、これを書きながら、なんとなく考えてる。



振り出しに戻ったのかもしれないな、って。
書き物にしても、ほかの何にしても。

誰の目も気にしなくていいことは、
ある意味、ひとつの開放でもあるから。
あたしは今、今だからこそできるやり方で、
いろんなことしてみようかなって、思っていたりします。
スポンサーサイト

[2018/06/17 16:53] 感覚的な徒然 | トラックバック(-) | CM(0)

嫌な感じ。 

普通に会話しているはずなのに
相手に、嫌な思いをさせているんだと
感じてしまうのは、
一体なんなんだろうね。

安心できない感じ。
気持ちがピリピリしちゃう感じ。
[2016/12/17 00:45] 感覚的な徒然 | トラックバック(-) | CM(0)

おしえて! 

解りたくて必死になっても良く解らない
世界や人間や社会についての何かとか、
自分の足元の不安定さに
揺さぶられる感じとか、
自分の中の
自分にも解らない法則のようなものとか、

あたしはそういうものに、
混乱させられることが多いのだけど。

あなたはどうですか。
あなたもあたしのように、混乱させられて、
酷く恐ろしい心地になることがありますか。
あるなら、どうやって折り合いを付けているんですか。
ないなら、その状態はどうやって手に入れたんですか。

そう、でっかい声を張り上げて
周囲に質問して回りたい心地。
[2015/05/11 00:29] 感覚的な徒然 | トラックバック(-) | CM(0)

どうなんだろう。 

あたし基準ではいつも通りに元気だけど
多分、一般的な基準だと、ある程度ビクビクしております。
羽天菜です。

それが、あたしのいつも通りなので仕方ない。

久々に書きたいなあと思って
開いてみたけど、やっぱり書けない。
なんだかぐったりしてしまう。
画面を見て、キーボード叩いて、ぐったり。

なんだろう、竦んでる。
感情が、竦んでる。

少し、苦しい。

何かが決定的にヤバいってことはない。
あたしの何かが明確な形で、具合悪かったりもしない。
バイトも人間関係も大概、
何かしらの問題を抱えていることが多い割には、
今は、少なくとも明確な形で問題があるという認識はない。
(勿論、認識されていない部分に
 問題がある可能性は否定しない。)

それなのにね。
それなのに、竦んでいる。

そしてその状態が、あまり楽じゃない。
あたしにとって、好ましい状態じゃない。

具体的なものは見えないのに、苦いって感じる。
苦い。
[2015/05/11 00:06] 感覚的な徒然 | トラックバック(-) | CM(0)

あえての。 

空っぽを感じたくって
仕方なくなることが増えた 。

一人を感じたくって
仕方なくなることが増えた 。



昔は いつも 何処か空っぽで
同時に とても喧しくて
そのどちらからも
逃れたくて仕方なかったのに

此処数年 そんな感じが
だいぶ減ってしまって
なんだかとても 懐かしくて 。



それでも 最近
ネカフェとかに引きこもって
一人で書き物をする時間なんかを
持ち始めてからは

その感覚が ふわっと
あたしの中に戻ってくることが
少しづつ 増えてきて

実際に 書き物してるときは勿論のこと
掃除してるとき 洗い物をしてるとき
小さく横切る それを感じて

それが なんだか
とても愛しくて



昔 怖くて 痛くて
苦しくて堪らなくて

逃れるように 吐き出した
そんなものたちが



遠くなって 見えなくなりそうで
でも そんな時になってあたし
もう一度 触れたくて じたばたしてる 。

同じものじゃなくていい
今のあたしの それでいいから 。
[2013/09/20 12:35] 感覚的な徒然 | トラックバック(-) | CM(0)

しかたない 

あたしの場合

・・・癇癪は 一つの感情で
物を書くための 力も
感情である以上

癇癪を抑える 感情を抑える
感情を フラットにするように
努力する以上

物を書けなくなるのも
仕方ない?



*****



あたしの キャパに 限りがあって
そして いろんなことを
バランスよくとか できなくて
何かに集中したら それ以外が
疎かになりがちな 性質上

その 疎かになりがちなものに
関わる 人間関係が
あたしが 疎かにしている間に
希薄になって いつの間にか消えても

それはそれで
仕方ない?



*****



仕方ない?
[2013/08/16 09:17] 感覚的な徒然 | トラックバック(-) | CM(0)

深夜 帰りがけから 明け方の空想まで。 

1人で歩くのとか 全然平気なの。
1人の車中泊も、ネカフェに連泊するのとかも。
逃げ足は速い方なんだ。東京は大して暗くないしね。

東京の夜は暗くない。本当にそう思う。
だって 建物や木々の輪郭が はっきり見えるんだもん。

うすぼんやり明るい空をバックに
一本の木が まるで影絵みたいに立ってるよ。

空よりも 木のほうが 暗い色をしてるのよ。

この空の光は どこからきてるんだろう。
東京のあちちこちらの光をまとめて
空が映しているのかな。

街灯が 建物の光が 増えれば増えるほど
空そのものも明るくなる?








でも...ちょっといろいろ思い出し過ぎてつらい。
自業自得 自業自得 自業自得 って言い聞かせて
自分を落ち着けるも 最後に
「どうして...?」って気持ちが残ってしまう。

まだまだあたしは我が儘で 苦い。







お空が地上を映すって思いつきが
気に入ってる。

お月様は ドーム型の暗幕に空いた小さな穴で
その外側には別の世界があって
あたしたちはその穴からほんのすこしだけ
外側の世界を覗くことができる っていう空想と
同じくらい気に入ってる←痛いひと

お月様を見ながら
暗幕の外側のせかいでは何が起きてるの?って考える。

少し前 大きくて赤い月を眺めながら
あっちのせかいでは大火事か戦争が起きているのね

そして暗幕の穴は きっと焼け焦げて広がっちゃったのね
って考えて恐かった。

次の日になって お月様の色や大きさが
いつも通りにもどれば
誰がどんな気持ちで 暗幕を補修したのか考える。

補修して尚 元々あった大きさの穴まで
塞いでしまわないのは何故か。

あっちのせかいの 穴を補修した誰かは
穴から覗くあたしたちのことを 知っているのかしら。

昔 空の穴から あっちのせかいに落ちた
(重力が逆転したとか何かで)誰かが
穴を補修する役目に就いているのかもしれない。

そして 事情があって
こっちの世界には戻れないにしても
毎晩こっちの世界の「なにか」を眺めている。

その「なにか」があまりにも大切だから
補修するひとは 穴自体を消すことはない。できない。

でも 実は毎日一瞬だけ
こっちの世界のひとが見てはいけない何かが
その穴をよぎることがある。

だから補修するひと
あっちのせかいのえらいひとに
さっさと穴を塞ぐように言われてるんだけど...

...キリがないので終了。続きはあたしの頭のなかで。







空想は楽しい。
昔から ひとり遊びの多いタイプだったから 余計 かな。
現実ではひとりでも 空想で仲間を作れたし
逆に 現実でいる誰かを 空想で消すこともできた。

自分の過去を完全に空想に置き換えて
自分を騙す悪ふざけなんかも。

お月様が出ていても 真っ暗やみでも
うすぼんやりと明るくても。

そら は 空想の源になりやすい。

そらを見上げるときのあたしが
空想を必要としていることが多いのもあるんだろうけど。

ちなみに昼のそらは もう大学時代から
ひとつの設定ができあがっていて
ひとりのキャラクターに関する空想しか 基本的にはしない。

出来ないのかもしれない、付き合いが長すぎて。

その子のお話の妄想 ...その子との対話...そればかりだ。
「~みたい」程度のことは考えるけど。

長いね。夫くんより さらに長い。
2004年くらいから だから。

こころ から切り離された 七歳のおとこのこ。
我が儘で 奔放な ちいさな王さま。

雲を千切って だいすきなものをつくるの。
ひともお菓子も 何だってつくるの。

元々 雲以外にはなにもない まっさらなせかいに
雲で作った好きなものだけが雑多に散らばっていて。

その子はぬいぐるみが好きで たくさん作って
ぬいぐるみは命を持ってるんだけど
その命や こころは その子自身が
「誰かから欲しい気持ち」を
映しただけのものだから ...(以下略

・・・やっぱり止まらない 空想 。
[2013/04/14 15:36] 感覚的な徒然 | トラックバック(-) | CM(0)

自己コントロール 

昨晩 取り残した
「...どうして?」が 再び 自己主張を始める夜。

がっつり向き合ってると 不安定になるから
黙ってほしいけど 黙らせようとすると 尚暴れるから。

「どうして?」「どうして?」に
適当なメロディをつけて頭のなかに流しておく。
流して 流して 自然に消えるまで ぐるぐる。



途中で 四部合唱にしたり ラップ調にしてみたり
ネコさんに歌わせてみたり いろいろしてると
段々楽しくなるよ。

意味が消えて ただの音になって
いつの間にか あたしは観客になる。

作られていく音は
段々あたしの支配を脱していく。

その頃にはもう怖くない。
「どうして?」なんて 怖くない。
[2013/04/14 15:32] 感覚的な徒然 | トラックバック(-) | CM(0)

電柱とあやとりの妄想 

誰も見てない時間にこっそり
電柱が電線であやとりをする という妄想

で ある朝起きてみたら
電線という電線が こんがらがって
あらゆる電気機器がおかしくなってたり。

こんがらがってるように見えて
上空から見たら 凄く綺麗な模様になってたり。

そゆことがあったら ちょこっと楽しいな。
あたしはちょこっと楽しいな。

ニュース聞くために
洗濯機回さんとならんかったりするのだ。
アイロンに電話かかってきたりするのだ。
ふふふん。

電柱があやとりをするなら
深夜4時から 5時の間のいつかな気がする。
[2013/02/28 17:25] 感覚的な徒然 | トラックバック(-) | CM(0)

つれづれん 

げんき 。
いろいろ うごいてる 。

でも なにをどう
かけばいいのかわからない 。

そんなこんな 。





にっきに ぱすかけるのに
ていこうがでてきた
きょうこのごろ 。

ちょくせつからむことはなくても
こっそり みててくれるひとがいるなら
かくすことは かなしい 。

でも みられることをいしきすると
つつかれることがこわかったり
いまいち あたしのありたいかたちでの
じゆうに なりきれなかったりで 。

あああ いったい あたしは
どうしたいんだろうね!
どうしたいんだろうね!

・・・いまより ふあんていだったけど
いまより ずっと まわりがこわくなかった というか
じぶんのうちがわとか こころがやかましすぎて
(あたしのていぎでは うちがわと こころはべつものなのよ)
まわりをこわがるよゆうが ぎゃくになかったときのほうが
もっと しんぷるで きらくだったかもなあ なんて
おもったりもしつつ・・

まあ くるしさが はんぱないから
もどりたくはないんだけど!

うにー・・

まあ とりあえず
あした またかこう なにかを 。
[2012/09/24 01:00] 感覚的な徒然 | トラックバック(-) | CM(0)