ぼいどらw 

シンクロ率が低いので
ボイスドラマ収録難ありです!

てか 圧倒的に
練習量が少なすぎるのかも知れんのだよ・・@ボイドラ
なんかさ やってみる度に
なんでこんなにできないの!?っておもうけど・・
できなくて当然だよ・・練習量が 昔と雲泥の差ですからね・・・
高校・大学時代は 毎日少なくとも2時間以上は
公演前なら 練習するでしょ?
今ってさ・・会えたときにしか やってないわけで・・
流石に あたしも役者として 少々焦りを感じます・・

できてない自分を感じる・・のです
他者にどう言われる 言われない そんなんじゃなくてさ
何で分かるって・・・今回のボイスドラマ・・・
あたしと言う人間と 役柄のシンクロ率が すごく低いのね?

監督と あたしの付き合いだって
そんなに 短くはないから
あたしが いまいちシンクロしきれてないって事は
薄々 いや 多分はっきり(汗 感じてるはず・・

今回の ボイスドラマの方の難しさはさ?
皆 ばらばらのとこに住んでて
合同練習を あまりできないというところにあると思う・・・
一番 多分合同で練習してる?あたしと監督も
月1で会えたら 良い方 という バッド条件・・・

役作りにはさ・・・
その役に がっつりのめり込む時期っていうのが
せめて 集中して 一週間 とか
絶対 必要だと思う・・・
一日2,3時間でもさ・・・

さて どうするよ?
自己練法 ちゃんと考えなくちゃ駄目な感じ・・
監督 一度 相談に乗ってくれ・・・・・
スポンサーサイト

[2006/05/08 21:39] 音声表現 | トラックバック(-) | CM(0)

ありがとう 

どっかの親切なお兄さんに きいてみたよんー

空鼠ちゃんです。歌作る人。
質問 すたーと!!!!! m9っ`・ω・´)シャキーン

[:hide:]

なつき@やっぱり の発言:
ああ そうだ
なつき@やっぱり の発言:
maedasiくんの質問に便乗して
なつき@やっぱり の発言:
あたしもききたいから 教えてー?
空鼠 の発言:
何を?
なつき@やっぱり の発言:
http://www.mypress.jp/v2_writers/hatenatsuki/story/?story_id=1347695#com
なつき@やっぱり の発言:
これと
なつき@やっぱり の発言:
http://www.mypress.jp/v2_writers/masahiro379696/story/?story_id=1347008
なつき@やっぱり の発言:
これー。
なつき@やっぱり の発言:
息の仕方(?
空鼠 の発言:
まずね
空鼠 の発言:
歌に肺活量は必須ではありません
なつき@やっぱり の発言:
うん
空鼠 の発言:
美空ひばりが,川の流れのように歌った時,肺活量800ccしかなかった
なつき@やっぱり の発言:
ふむふむ
なつき@やっぱり の発言:
|ω・`)
空鼠 の発言:
でも肺活量要求する歌がいくつかあって
空鼠 の発言:
それは,アカペラのボイスベースとボイスパーカッション
空鼠 の発言:
あとハードロックのシャウト唱法も結構息がいる
空鼠 の発言:
それはおいておいて
なつき@やっぱり の発言:
ふむ
空鼠 の発言:
声の大きさは
空鼠 の発言:
声帯が閉じている時間に比例するので
空鼠 の発言:
大きな声も,小さな声も必要な息の量は変らない
なつき@やっぱり の発言:
うん
空鼠 の発言:
必要なのは,発声に必要なだけの息を常に吐きつづける技術で
空鼠 の発言:
そうするためには,胸式呼吸ではムリなの
なつき@やっぱり の発言:
ありがとう!
なつき@やっぱり の発言:
一つの疑問は解けた
空鼠 の発言:
まぁ肺活量増やすのは
空鼠 の発言:
なつきどのの言う通り水泳が一番効果的だと思います
なつき@やっぱり の発言:
褒められた(感動
なつき@やっぱり の発言:
でも
なつき@やっぱり の発言:
肺活量ではないわけだから;ねぇ
空鼠 の発言:
水泳は体への負担小さい割に筋肉も均等に鍛えられる
空鼠 の発言:
カロリー消費も多いから
空鼠 の発言:
何か運動と考えた時はとりあえずお勧め
空鼠 の発言:
俺は泳げないけどんw
なつき@やっぱり の発言:
あたしは...
なつき@やっぱり の発言:
1キロは超えてた...
なつき@やっぱり の発言:
何キロだか忘れた(苦笑
空鼠 の発言:
100mもムリ
なつき@やっぱり の発言:
ふむ
なつき@やっぱり の発言:
呼吸法は?
空鼠 の発言:
知らんw
空鼠 の発言:
そのうち出来るようになるやろw
なつき@やっぱり の発言:
にょー
空鼠 の発言:
あのねぇ
空鼠 の発言:
まっすぐたって
空鼠 の発言:
死ぬほどがーっと息はいて
空鼠 の発言:
体を弛緩させると
空鼠 の発言:
すっとおなかに空気が入ってくれるはず
なつき@やっぱり の発言:
ああ
なつき@やっぱり の発言:
それなら 演劇と同じ
なつき@やっぱり の発言:
腹筋使用法なら 教えられるんだけどね;;
空鼠 の発言:
あとはちゃんと息を吐く時吸う時
空鼠 の発言:
体のどこが動いてるか意識して
空鼠 の発言:
肋骨を上下させないように
なつき@やっぱり の発言:
うむ
空鼠 の発言:
ぐらいしか分からん
なつき@やっぱり の発言:
んーわかったぁ


" ゜☆,。・:*:・゜★o(´▽`*)/♪Thanks♪\(*´▽`)o゜★,。・:*:・☆゜ "
空鼠ちゃん ありがとでした〜☆
あたし もう少し 自分で探るっす〜(☆∀☆)

なんか 自分はこうしてる ああしてる
で こうなった ああなった っていうのがあったら
是非 おしえてくださいな
[2006/03/02 12:55] 音声表現 | トラックバック(-) | CM(2)

声研究1 

カラオケに行って思うんですが(別に今日行ってないですが)・・・
声が ほとんどの方が 一貫性があるんですよ・・・
何気に あたしはないような気がします・・・
というか 声変えるのが面白くて・・・
やってるうちに どれが本当の声か 分からなくなりました・・・

そこで 自分勝手思考による
自分勝手分析を行ってみることに決めてみました

まず あたしが声を出す時に 声の種類が変化する原因
一番に挙げられるのが
『声全体に対して 空気というものが占める割合』
ですね
空気が多いほど 優しく柔らかくなります(多分
空気よりも『芯』の割合を増やすと 強くなります
『声全体を ほぼ芯の状態にする』と
強い意志や しっかりとした存在感を放出させることができます
一概には言い切れませんが こんな傾向はあります
↑言い切れないんですよ これ・・・
何故ならば 所謂アニメ系の声 ぶりっこ声を用いる時も
『声全体を ほぼ芯の状態に』しているから・・・

あ いい切れないや・・・
おにつかちひろとか歌うときは 存在感自体はあるけれど
『息vs芯』50:50くらいな気がします・・・

中島みゆきとかは 『芯』かなり優勢ですね
何気に たまに歌う 林原めぐみは『芯』ですね
天野月子も やや『芯』優勢ですかね・・・
男性ヴォーカルは 『芯』100パーセントです
(↑お腹に力入れないと 低い音でないです・・・)

たてさんは『息:芯』20:80くらいですかね・・・

ちゃらは『息』優勢ですね
ホワイトベリーも『息』
椎名林檎も『息』

まあ このようにカテゴライズしていくと・・・
はっきりといいきれない ヴォーカリストがいます
『こっこ』
こっこさんは 不思議な方です
曲ごとに 『息と芯の割合を変化させている』
それでなおかつ『一つの世界観を完結させている』
自らの持つ 複数の世界観を 『一つの曲ごとに完結させる』
声質自体を コントロールしています
だからオートマチックに あたしも
『こっこの歌を歌うときはこの声だ』とは決めることができませんね
『この曲はこの声』というのは 決めていますけど・・・
『曲ごとに声が違う』とは 面白いです

『こっこ好きです』
『歌ってて面白いです』

ただ自己主張するだけなら おにつか選ぶ気がしますけど・・・
演じるという体制でいくと 完全にこっこ優勢な気がします
天野月子も世界観好きですが・・・
『天野月子』という個人で 世界観が完結している気がします

あ 話が大幅にずれました・・・;;


もう一つのポイントが 『重心』な気がします
重心は 上に置けば置くほど 迫力が減り 可愛らしくなります(マテ
下に置けば置くほどずっしりときますよ
是非試してみてください(マテ


さらにもう一つのポイントが『柔らかさ』『シャープ』さだと思います
      ↑
これは 具体的方法を申し上げられなくてすみません

例えばですね
『ちゃら』と『椎名林檎』の声の違い・・・
『息vs芯』と『重心』は大体同じなのです
それでどこが違うのか と探った時 残ったのが
ちゃら:やや『柔らかさ』優勢
椎名林檎:かなり『シャープさ』優勢
というカテゴライズです

同じような『息vs芯』と『重心』でも 声が違います
ちゃらは ベイビーヴォイス
椎名林檎は ハスキーヴォイス
そんな風に あたしは思っていますが・・・
(人それぞれ違うと思いますが^^;

まあ 昔 中島みゆきといえばなつきといわれた身(言われたのか?
少々分析してみますと・・・
『完全 声優勢』『重心は下腹部』
『柔らかさシャープさ不明(すみません;;』
中島みゆきは 重心がポイントな気がします
ずっしりと!堂々と!!
どんなにメロが不安でも 敢えて堂々と歌ってください(誰に言ってるんだ

ちゃら 椎名林檎は
『完全 息優勢』『重心は上のほう・・・喉に近いかも』
ちゃらを歌うときには 『柔らさをイメージ』
椎名林檎を歌うときには 『シャープさをイメージ』

アニソン 所謂可愛らしいものは
『声優勢』『重心は上』『柔らかさは 曲ごとに違います』
堀江ゆいあたりはやや柔らかめ?

ホワイトベリー簡単です(豪語反対
『完全息優勢』『重心は喉』『シャープに』
ホワイトベリーのポイントは やっぱり『息』と『喉』ですかね・・・

ついでにおにつかちひろといえばなつきt・・・(以下自粛
息が結構難しいんですよ^^;飲み込んでしまえば早いんですけどね・・・
50:50くらいなんですよ・・・(つっこまないでー;;
身体で覚えましょう 身体で覚えましょう
飲み込んでしまえば あとは感情任せで歌ってオッケーですよ(誰に言っている・・・



すみません これ関係の記事 楽しいので 続きを予告してみます
(・・・誰も読まないよ・・・
(この記事書くのに1時間近くかけてるあたしは何だ・・・
[2005/10/01 22:48] 音声表現 | トラックバック(-) | CM(0)

こんなこと ないですか? 

落ち込んでいるわけじゃないのです・・・
それでも癖なのですよね;;
カラオケ中に 物を書き始めてしまう・・・
なんというか 沸く のですよ・・・
言葉が湧いたら 鮮度が命 その場で書かなくちゃ 鮮度が落ちる
よって あたし カラオケ中に物書き始めること多数・・・
いあいあ 本当にこれは 嫌われるから やめたほうがいい癖ですよ
駄目って知っているけれど ついやってしまう・・・
協調性とか 皆無に等しいあたしですから・・・
まあ 2人とかで行くと まだ我慢できますが
人数増えたら「あたし一人くらいいいや病」が発症します(駄
手元にある紙や もう使われない(メモ帳と化した)携帯・・・
何でもいいから 書いてしまいます・・・
しかも いやに集中してしまう・・・;;

ああ あたしって駄目だ・・・

そうそう それはおいといて というか前置きとして
カラオケとか 演劇観にいったときとか やたら物が思いつくのは何故だろう
と そういうことです
そういう経験がある人 手ーあげろ!
いないのかなぁ・・・
って言っても あたしは自分以外にそういう人を見たことないですが・・・

カラオケ中 眠る寸前は あたしやばいです
本当にやばいです・・・
書きます 書きます 書きます・・・
でも 相手の方に申し訳ないですね^^;
すみませぬ・・・

「あたし一人くらいいいや病」
数人になり ほぼ全員になってしまったら それでは通用しなくなりますね;;
嬉しいことに そんなあたしが「歌ってるとき」は みんな聴いてくれます
感謝感謝ですよ・・・
あたしも もっとちゃんと 聴く姿勢身につけたいものですね・・・
聴く姿勢があってこそ カラオケが楽しい はずです はずです はずです・・・
ああ あたし駄目っ子・・・
聴いてもらってるのにー 自分は物を書く・・・
駄目駄目ですなぁ・・・

でも なんか話がずれまくりなんですけど・・・
結局言いたいのは・・・

なんで カラオケ中に 物を書きたくなるんだろう?

という疑問です
[2005/04/25 11:39] 音声表現 | トラックバック(-) | CM(0)

『声に惚れる』 

あたし これ経験しましたっ!
いえいえ 恋愛感情とか結構不明なあたしですけど
声聴いた瞬間に この人の傍にいたいーっ!
お傍においてくださいませーっ!
という経験・・・
過去3回ほど

一回目は 高校の 演劇部の先輩(女)
いやー深く柔らかくしっかりしたお声で・・・
なつきさん ベタ惚れ・・・

2回目は 大学の劇団の同期の男の子
あの子も 凄く声良かったです・・・
3回目は 大学の 英語の先生でした・・・
素質のいい人は羨ましいですー・・・
到底かないっこない・・・
もう 質自体が違うんですから!!

あ 実は声に惚れられたこともあります
大学の 友達ーっ!
あたしの一回の英語の朗読で 惚れてくださったらしく
名前と顔と声を 覚えてくださいました!
?( ̄□ ̄;)ナント!!

光栄(´・ェ・`)

そんなあたしは 朗読魔!
何気にあたしは 朗読魔ですよ
しんどい時の特効薬は なんといっても 発声
歌うもよし 朗読もよし
最近は 即興もいろいろやってます・・・
傍から見てると 多分ただの変人

朗読 発掘してくれた人
大学の友達だった気がします
それまでもちょこちょこと 漫画を朗読したり
アナウンス台本読んだり 劇台本読んだりするのは好きでしたが^^;
何かを読んで 聞いてもらう という経験は
大学のお友達が発掘してくださいました

あたしが 「しんどいー」って言ったら
本をほいっと渡して 「これ読んでー」
って
あたしは じっくりと その本を朗読したのですが
不思議なことに 読み終わると 気分が楽になっていました
本当に不思議です・・・

どうして そんな浄化作用があるんでしょうか・・・

わからないので 仮説を立てます

1.声にマイナスイオンが含まれている
2.息からストレス物質が出て行く

・・・

証明できませんorz
[2005/04/25 11:38] 音声表現 | トラックバック(-) | CM(1)

カラオケの点数が 少し上がるかもしれない方法(超無意味 

自己流ですけどね^^;
当てにはしないでくださいねーっ!
どうも 声をテーマにすると 熱い女かもしれないです・・・
大してうまくもないのにごめんなさい でも退散しません(爆

『自信を持て!!』

少々 メロディーに自信がなくても 堂々と歌いましょう
大丈夫です 自信を持てば持つほど うまく聞こえます(本当
オリジナルを知っている人にすら
『ああ こういうメロディーだったっけ』と思わせるほどの 説得力を!
自信を持てば持つほど 声は安定しますしね
また 思い切って歌わないと 声が上がりきらなかったりもするんですよ;;
自らの体験に基づいて それは知っています
口を大きく開けるだけで 音の高低って変わってくるんですよね・・・

『あたしのが本物だ!』

そう言い切ってしまっても 結構!
カラオケなんてそれで結構なんです
乱暴な 自分勝手論法 ですか?
そんなもんさーv


あ そうそう 恥ずかしいとか そういうものを捨て去っている方
(↑あたしは捨て去っています^^;)
足は開いた方がいいです
中学や高校の音楽で習ったことと思いますが 俄然安定しますよ
お嬢様お嬢様じゃ うまくいきません
同じような棒立ちでも 変わってくるんですよ・・・本当です



[:hide:]

やったら結構恥ずかしい でもあたしはやっている・・・
そんなポイントを 整理ーっ!!

左腕で 音の高低を取る

これ結構効きますよ 歌っていて分かります
絶対誰でもわかります・・・!!
全身で音をとるのは 結構いいですよ 初めは恥ずかしいかもしれませんが^^;
あたしがこんなに 恥を捨てて歌えるのは 何故なんでしょうね^^;
演劇経験のせいかなぁ・・・?

高音は むしろ喉で出さない
これは常識なのかな?
重心は むしろ下の方に・・・
まあ 歌っているときの重心は 基本は丹田と言う場所です
えっと・・・おへそより 指を横に4本ばかし並べて 下のところかな・・・
歌っていて 普通に力が入る場所ですけど 分かりませんか?
まあ 丹田は置いておいて・・・とにかく結構下の方に重心を置いた方が うまくいきます
演劇経験から 物を言ってるわけですけどね><
色々間違いはあると思いますがお許しください;;

歌は 基本的に

全身で歌いましょう!!

(あたしの友達には 座っていても 普通にいい声出せちゃう人いるんですけど
あたしはそういうことがなぜできるのか 未だにわかりません・・・;;
あたしは 完全に立って歌う人間です・・・)

[2005/04/25 11:36] 音声表現 | トラックバック(-) | CM(0)

先。 

あれですよ もちろん 人生の可能性などとか
そういう話じゃないです
『声』なのですよ・・・
あのですね 声がもう限界 喉ひりひり痛むー;;って時 どうしていますか?
それでも 時間はあるしー歌いたいしーもったいないー;;ってなったとき・・・
選択肢ーっ

1・声を休ませる

2・歌のジャンルを 変えてみる

3・歌い続ける


あたしにとっては この3つの柱が 大きなものでしたが・・・
主に用いていたのは 『歌のジャンルを変えてみる』でした

『でした』v

今までは そうだったのですよ^^;



でも この間 知ったのですが・・・
激しい歌を歌って のどが痛くなっても 歌い続けると
声自体が それに対応するんですよ
そして うまくいくと 自分の新しい声や 声の変換法を発見することがあります
あたしは このあいだそれで 普通の声と裏声の変換法を
知らず知らずでマスターしていました

あはははは

まさに 『限界の先にある無限大』ですよ
いあーっ!人って深い!!
無限大なんですねーっ?
新しく出た声が 前の声よりスムーズって どうよこれ?
喉痛くなってからのほうが 声でてるって 何・・・?

つぶすつもりで歌うのがいいなんて思わないですけどーっ
つぶれてもいいから うたいてーって足掻いてみても たまにはいいかもしれませんぜ
新しい発見は 常に新鮮であり 自らに大きな自信を齎しますしね

((( ̄( ̄( ̄( ̄ー ̄) ̄) ̄) ̄)))フッ

これからあたしは『限界の先にある無限大』に挑戦しまくる予定です
[2005/04/25 11:24] 音声表現 | トラックバック(-) | CM(0)

カラオケ@遊べっ 


聴きながらばーじょん

・世界にどっぷり 身をゆだねる

いいですよ これ
自己満できなくちゃ カラオケじゃない
せっかくなんだから どっぷりはまりましょうよ・・・

・アドリブ 大いにオッケー

(注・ほかの誰かが 歌ってるときじゃないよ?
 自分が歌ってるときー★)
なんというか・・・
酒は飲んでも飲まれるな?
歌は歌っても流されるな ということかな・・・
自信がないからしぼんでしまったり しなーい( ^▽^)
自らの思うままに 最後までGO!しちゃいましょうよ^0^
どうせ自己満足なんだから 大いにアドリブ入れちゃいましょうv
(でも他の人が歌ってるときには 聴きましょう;_;)

・全身で歌いましょう

口先って つまらなーい!!
どうせなら 主人公になってGO!です
想像上で 周りから全てを消して 世界観を作り上げてしまうことも可です
お嬢さんぶって 可愛く歌っても 周りが喜ぶだけです
全身で歌ってみたら ドラッグみたいなものになると思います・・・
爽快感が 全然違いますから・・・
それでも 可愛らしくわざと歌うのは それなりに楽しいですけどね^^;
あたしなんて 歌ったあと 体熱くてたまらないですよ(弱
その場で脱ぎたいぐらい(脱ぎません


『聴きながらVER』

・頭の中ではもる

誰の迷惑にもなりません 大いに結構!
楽しいですよ?あたしはまともなはもり方知らないのでーっ!
全く違うメロディーを重ねたりして遊びます
これはあたしの中での方法ですが メロディーを包む 絡まる 重ねる等のことをすると
うまくできてきますよ
レッツチャレンジですv

・口の中でこっそりリズムを刻む

手でやってもいいのですが あたしの手 そんなに早く動かないです;;
それよりも 音が出ない程度に 舌で刻む方が簡単ですよ
人によりけりなんですかね・・・

・替え歌を考える

はい あたし変人です!
たまにやります><たまらなく楽しいです><
元歌と ものすごくキャップのある替え歌なら さらに面白いです!




[:hide:]

想像力が活発化してるので・・・

文章を書く

いつもよりすらすら書けたりします(あたしだけ?
(嫌われます) 

[2005/04/25 09:10] 音声表現 | トラックバック(-) | CM(0)

だから 生きるって! 

歌の選び方で ある程度 どんな人でも声は生きます
でも残念ながら 自分の声に自信を持っている人は少ない気がします・・・
どの声も 魅力的なのに もったいないです・・・
本当ですよ?

そうですね あたしおかしいですよ(もう知ってるって?
とっても大きなお世話な癖があります
一緒に行った 相手の声を聞いて
『この人の歌が合う』『これに挑戦したらいいんじゃないか』
そういうフィッティングをむやみやたらと 頭の中で行ってしまうのです
それで リクエスト・・・(汗

だって大体合うんだもん!

みんなだってありませんか?この人にはこれーっ!
あいつのあれは 最高だよなーっ!
そういうのって 大体当たりますよね^^;
と言っても 大学時代の同級生には・・・
え?これも歌ってあれも歌うの?という選曲をしても
どれでもすばらしく歌いこなしてしまう スゴイヒトもいました・・・


そうそう そういうある種すごい人は置いておいて(酷
コンプレックス持ってる人 結構いますけど・・・
『コンプレックスは実は強み』なのですよ
知っていますか?

あたしの友達に 贅沢な悩みを持っている人がいるのですが;;
『声が可愛い』ことがコンプレックスなのです・・・
大学時代 カラオケとかほとんど行きませんでしたね^^;
凄くいい声してるのに・・・もったいない;;

〜なら絶対合うよ 〜なら絶対合うよ と曲名や歌手名並べてみても・・・
どうやら好みじゃないようでした;;
そういうのが 『合う』こと自体が コンプレックスなのでしょう・・・
まあ 他にも 本人が『こいつの歌下手』と思ってる歌手と
似てると言われても 嫌ですよね

(あたしの場合 自分アレンジ多少加えちゃいますから 平気ですけど
というか 『合う』と言われてしまって その歌手の歌い方が気に入らない場合は
その歌手の歌い方をひっくり返した歌い方をわざとしてしまいます
だってさ 気に入らないと 逆らいたくなるじゃん...

でもねぇ・・・もったいないですよ・・・
せっかくいい声持っているのですから 生かさないと!

視野を 広〜く持てば みんなそれぞれあると思います
凄まじく似合う歌が・・・

ないと言い張る人!青森まで来なさい!(無謀
あたしが 声診断します(ぇ
そして フィッティングします ついでにアドバイスもしていいならします
でも へこませるの嫌だから アドバイスはやっぱりやめておきます;;(小心者


みんな知らず知らずでもったいないことしてるんだもん・・・

・゜・(つД`)・゜・ ウワァァァン

声の無駄遣い反対!!(# ゜Д゜) ムッキー


[2005/04/25 09:05] 音声表現 | トラックバック(-) | CM(0)

アナウンス 

これは あたしがあたしの大学の 某音楽系サークルのアナウンスをしていた時代です
アナウンス歴は 数回;;3年ほど??
それでも 喜んでいただけて 声をかけていただけて
とても感謝感謝です

アナウンスは 情感を大切にしていた記憶がございます
アナウンスでの経験は 一部研究室内での 小説の朗読に
非常に生かされていました

あ アナウンスの声と 朗読の声はほぼ同じですが
歌においての 語りの声とは異なるので ご注意願います
語りの声は どちらかというと 『演劇』に近いですね

アナウンス
POINT:情感 聞きやすさ 雰囲気

ある程度の情感は 必要です
固定された ホールのような空間で 暗闇の中 ゆったりとした声
所詮裏方と思ってはいけません 一種 ものすごく大切な役割です
その 演奏会において
一部を除いて 楽器の演奏以外は アナウンスの声だけなのですから・・・
もちろん 主軸は 楽器の演奏なのですけど
楽器の演奏から 次の演奏への繋ぎは とても大切な役割です
次の演奏についての説明で 観客を魅了することができれば
演奏を聴く 観衆の方々の気持ちだって 大きく変わっていきます

『世界観を作り出すためのきっかけ』
という重要な役割を担っているんですよ・・・
足がかりとでも言うのでしょうか・・・

『〜で〜な意味のある歌なんですよ』

『演奏』

ここで ぐあああーーーーっとさせる
させられるか否かの足がかり・・・
アナウンスですよ?
どれだけ期待させられるか どれだけ興味をひきつけられるか・・・
ただ単に読めばいいという問題ではありません

『期待を高めさせる』
『雰囲気を作り出す』
ものすごく大切で 豊かな役割な訳です わかりますかな?
そこで・・・
どきゅんと射抜く演奏技術が加われば最高ですな
しかし残念ながら・・・声質を見抜くチカラは多少なりともありますが・・・
演奏技術や質を見抜くチカラ あたしは欠けているんですよ・・・^^;
雰囲気に入り込ませる ということは 非常に重要です

あ 少し毒はきます 許してください
しがない演技者の戯言ですよー^^;
裏に入った 演奏者 舞台まで聞こえるような音を立ててはいけません
雰囲気が壊れてしまいます;;
大事にして欲しいです 雰囲気を大事に・・・
冷めさせてしまっては いけないのです(持論ですが
観客の気持ちが 冷めてしまうんですよ・・・

台本に合った 雰囲気があり
曲調に合わせた 世界観があります
観客には どうせならいい物を見せたいじゃないですか?
雰囲気 世界観をぶち壊してしまったら 心離れさせてしまうし
本来の目的が 遠のいてしまいます・・・

『雰囲気』『世界観を大切に!』

「あーいいもの見たー!」
そんな気持ちで 帰って欲しくないですか?
「ああ・・・なんかあたたかいもの貰ったなぁ・・・」
そんな気持ち与えられたら幸せだと 思いませんか?

だからあたしは 『台本を読み込み』『自分のものにして』『表現する』
『情感を込めて』『惹きつけられる読み方にこだわって』『舞台を包み込む』
心を込めて アナウンスをします

アナウンス 演劇 朗読 演劇 映画
人を惹きつけられなきゃ 何の意味もございません


ああー情感語るだけで これだけの文章に;;

聞きやすさ ですね
かつぜつ アクセントは基本です 声のトーンも・・・
読む早さもそうです 速すぎたら 聞き流されて終わります
そのくらいなら 多少遅くても 情感を込めましょう
情感がこもっていたら 多少遅くても 聞いて気持ちよくなっていただけるものですよ
飽きさせないのは 速さではなく 世界観です

あ・・・雰囲気はかなり触れたので省略ーっ!



色々続き考えます・・・(・・・そう書いて 終わってたんだねぇ・・・
[2005/04/25 09:01] 音声表現 | トラックバック(-) | CM(0)