FC2ブログ









だいじょうぶだいじょうぶ 


しばらくあげておきます。
最新記事は、この記事のひとつ下にアップされます。






新しいの、作りました。

諸事情により?撮った公園は此処には書かないけれど、
良い公園でした。

この絵本はとても好き。

特にあたしは、いろんなことが、
不安で堪らないから、とても響く。

あたしの声とか、姿とか、そういうのじゃなくて、
絵本そのものが素敵だから、是非見て欲しいよ。
もちろん、本屋さんで読んでみるのもいいと思うけど。

あたしと同じように、
いろんなことが、不安で堪らない誰かに、
伝えたいおはなしです。






スポンサーサイト




[2030/10/22 09:28] 朗読 | トラックバック(-) | CM(0)

ギリギリのラインで 2 


ギリギリのラインで、あたしは、
どうしたら、
自分に対しても、社会に対しても、
極力苦しくない、答えに辿り着けるだろう。

ギリギリのラインで、あたしは、
誰にどんな風に頼れば、踏み留まれるだろう。

その答えを出すことは、
あたしが、いま、
ギリギリのラインにいる誰かに対して、
何ができるのかに、繋がると思うんだよ。



あのひとが踏み越えてしまったライン、
このひとが踏み留まったライン。

あのひとは何故、踏み越えてしまったの。
このひとは何故、踏み留まることができたの。

あたしは、あの時の、
あのひとに、このひとに、
何ができて、そして何ができなかった?

そして、今なら、何ができて、
何ができない?



あたしにもあったの、
自身に対しても、他者に対しても。
踏み越えてしまいそうな時はあったの。

しかも、いつもいつでも、
踏み留まれた訳ではないの。
ただそれが、他者に対する犯罪や、
自分自身の命を脅かすには至らなかった、だけ。



分岐点は、どこにあったの?

いろんなこと、思い出してみようかな。
おやすみなさい。




ギリギリのラインで。 

もしも、あたしが、
誰かや何かに対する憎しみに圧倒されて、
冷静さや社会性や理性や、
そんなものたちを、
手離してしまいそうになったら、

そうでもしないと、
生きていけないような気持ちになって、
自己破壊的、もしくは、
他者に攻撃を向けそうになったら、

実際にそうしてしまう前に、
あたしが、社会で人間として生きるために、
何をすることができるのかしら。

衝動性に食い殺されてしまいそうなのだと、
落ち着きを取り戻す方法がわからないのだと、
この衝動性から助けて欲しいけれど、
助けてもらう方法すら、わからないのだと、

誰に伝えて、あたし自身がどう努力して、
どんな助けを得られたら、
結果として、あたしにとっても、社会にとっても、
極力苦しくない、答えに辿り着けるだろう。



凶悪犯罪を見聞きするたび、
もう、何度も何度も考えているのに、
いまでも、明確な答えは出ないんだ。

あたしがあたしを守ることができるから。 

いろんなことが、あたし、
ちょっと怖くなくなった。
怖くなくなったから、あたし、自由になった。
もともと自由だったけど、より自由になった。
心だけじゃなくて、他のいろいろなことに関して、
自由になった感じがする。

あたしはあたしを守ることができる、
その自信ひとつが、こんなに大切だったなんて。

あたしはあたしを守ることができるから、
人目を気にせず、嫌なことに嫌と言える。
あたしはあたしを守ることができるから、
胸くそ悪い出来事に、NOを突きつけられる。

あたしはあたしを守ることができるから、
みんなの、誰かに対する『好き』より、
あたしの、誰かに対する『嫌い』を、
みんなの、誰かに対する『嫌い』より、
あたしの、誰かに対する『好き』を。
優先することができるよ。

最終的には、自分が自分を守ることができると思えたら、
こんなにたくさん、出来ることが増えるなんて、
自由になれるなんて、あたし知らなかった。

あたしはあたしを守ることができるから、
あたしは、あたしの目と心で、
もっと真っ直ぐ、世界を感じて、
もっと真っ直ぐ、世界と向き合える。

恐がる必要は、もうないんだよ。
あたしはあたしを守ることができるから。

あたしはあたしを守ることができる。
ただそれだけの自信が、とても大切。

あさ。 

たぶん、最近の気候の不安定とか、
湿度とかのせいだと思うんだけど、
喉がなんか痛いなーって思ってたら、
奥の方の、ちくっ、ゴホゴホ、みたいになって、
たぶん気管支炎にかかりました。

たぶんピークは土日だったんだけど。

いまは、うちでもバイト先でも、
しょっちゅううがいするひとになってます。
イソジンでガラガラうがい。
気管支は、すごく奥で届かない感じがするけど、
届けたくて、めっさのけ反ってうがいしてる。
転びそう💦💦



梅雨の真っ最中。
今日もあまり天気は良くないんだけど、
バイト前に、バイト先近くの公園でふらふらしてる。

朝から、めっちゃでっかい毛虫歩いてた。
少し離れた場所からも見える、
よく目立つ毛虫だったので、
気まぐれに写真を撮る。



ブログに載っけて、もういいやって、
早速カメラロールから削除(笑)

そして、公園のグラウンドに、
可愛らしい絵を見つけたよ。
いまは、誰もいないから、
昨日、暗くなる前とかに書いたのかなあ。

子どもの描いた、、、もぐらかな?
こういうキャラクターがいるのかな。
あたしは知らないけど。



さて、今日は、
バイト前に、またうがいしたいし、
早めに建物に戻ります。

早く治れ!!!
[2019/07/18 08:29] 日常 | TB(0) | CM(0)

さむいね 

今は帰りの電車の中。
気管支の乾燥感がひどいです。

風邪は流行ってるみたいだね。
この間、胃腸の動きが悪いので病院行ったら、
そう言われたから、知ってる。

そうもなるよね、このお天気なら。



これから暑くなるんだ、暑くなるんだって、
ずっと構えていたんだけど、
どうやらならないみたいだね。

今日は、八分袖のカーディガン羽織っても、ちょっと寒い。

[2019/07/11 18:45] 日常的な徒然 | TB(0) | CM(0)

振り切れ 

バイト来てるけど、
なんかテンション振り切れてる。

振り切れすぎて、
周り見てないから乱されなくて超楽しい。

嫌われるのが怖くない、周りを窺わない日の方が、
びくびくしてる日より、周りもにこやかだっていうの、
ちょっと皮肉な感じ。



せっかく窺っても、何の意味もないみたい。
窺えば窺うほど、『読めない空気』だけが、
どんどん密度を増して、重く重くなっていく感じしかしない。

読めるものなんて増えないんだ。
読めないってことの確信だけが、強くなる。
本気でそれだけなんじゃないかって思う。

そう考えると、
子どもみたいな気持ちでチョロチョロしてた方が、
まだマシみたいな気がするのです。



そんなふうに、あたしがいま思うこと↑が、
本当なのかなんて、わかんない。

それでも、今日、
久しぶりにいろんなひとに
あめっこ渡したり、ニコニコお話したり、
ほとんどはじめましてのひとと、
硬くならずに関われたのは本当なのだ。

さて、あと少しだから、
頑張る、、、というより、
このままいこう。

このままの感じで、今日はおしまいまでやろう。
[2019/07/11 15:22] 日常的な徒然 | TB(0) | CM(0)

前髪 

さっき勢いで、前髪を切った。
ざっくりざくざく、鋏で切って、
ちょっとだけ整えて、出来上がり。



自分で前髪を切るたびに思い出すのは、
小学生のころ、
初めて前髪を自分で切ったときのこと。

前髪を切るために、指で前髪を挟んで、
指の、下側の方を切るはずが、
上側を切ったから、当然切りすぎになった。

前髪の長さ、大体二センチ。
そのときは、学校行けなくなりそうなくらい、
つらかった。



だいじょうぶなんだよ、前髪2㎝になっちゃっても。
取り返しのつくものは、だいじょうぶ。
前髪は伸びるし、こんな出来事覚えてるのは、
多分世界で、あたしだけ。

思い出して、ちょっと笑って、
いつからだいじょうぶになったんだっけって考える。
あたし、いつから、前髪を切りすぎても、
泣きそうにならなくなったんだっけ。



取り返しのつくこと、つかないこと。
つかないこともいろいろ経験して、
取り返しのつくことでは、笑えるようになった。

前髪を切りすぎても良い、
乳歯なら、欠けても良いの。



取り返しのつくこと、つかないこと。
ちゃんと区別して、相応の気持ちを、
向けられるようになりたいなあ。

おやすみなさい、
またあした。
[2019/07/11 00:26] 日常的な徒然 | TB(0) | CM(0)

割と万能 

にっこり笑う、は、
自分にも他者にも効く、
割と万能な制御法だと思うんだ。

あたしも、
他の誰かがにっこりしてくれると、
安心するしね。

発する側にはならないように。 

憎しみみたいなものには、
巻き込まれないようにしないと、
今度は自分が発する側になっちゃうね。

だから、
ある程度綺麗な場所にいるのは大切だと思う。
乱されない、落ち着いた、
自分を守れる場所にいるのは大切だと思う。

乱されないだけの強さがあるなら、
どんな澱んだ場所にでも居られるけれど、
あたしはどうやら、其処まで強くはないから。

自分自身から、持ちたくもない感情が、
湧き起こってしまうようになっては、
取り返しが付かない。

その前に逃げることは、
自分が自分を好きでいるためにも大切だ、と思う。